1 / 612345...最後 »

愛知県名古屋市 2018年(平成30年)11月8日 現在、相場、買取り価格、値段(単価 円/kg) 最新 アルミニウム、アルミ屑、アルミスクラップ持ち込み、現在の相場、買い取り価格、値段(単価 円/kg)  

愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下良太郎です。

愛知県名古屋市 2018年(平成30年)11月8日  現在、相場、買取り価格、値段(単価 円/kg) 最新 アルミニウム、アルミ屑、アルミスクラップ持ち込み、現在の相場、買い取り価格、値段(単価 円/kg)

アルミニウム、アルミ屑、アルミクスラップ持ち込み、買い取り 価格表

ちょっと価格を聞きたい方も大歓迎!!

最新 アルミ屑、アルミクラップ持ち込み価格
品名 価格
新切アルミ 140円/kg



 

アルミ電線   1級      140円/kg



 

印刷版  PS版 140円
合金アルミ新切         100円/kg

 

Aサッシ(ビス、付着物なし)155円/kg



Bサッシ 110円/kg



 

サッシビス付   1110円/kg

アルミ機械コロ   110円/kg


アルミホイール 140円/kg



アルミコロ  120円/kg


アルミ缶     80円/kg

  

ニュウトウ、丹入、ザス、マグネシウム、52s、63s、5202、5052、6000系、2047,7000系

PS版,印刷版などお問い合わせください。

スクラップのサイズ最大1辺1m以内
ステンレス屑にその他の付着物、金属を除いた物
上記以外のアルミ屑は、100kg以上持ち込み価格です。

名古屋駅から車で15分くらいです。
会社概要に地図あります。
ご確認ください。

少量の場合は買い取り価格が若干下がります。
引き取り希望の方はご連絡下さい。

最後まで、目を通していただきありがとうございます。

以上持ち込み価格です。

※持ち込みの場合は、御一報下さい。

分からない点があれば、
お電話下さい。

下記アルミスクラップ買取します。

アルミスクラップ、アルミニウム屑
アルミサッシ・63S・ビス付・解体アルミ
はしご・脚立・フェンス・カーポート
アルミホイール・ワンピース
込みガラ・機械コロ・エンジン・ミッション
新コロ・機械鋳物・エンジンアルミ
アルミ合金・アルミ板・52S・1S・2S
アルミ印刷版・PS版・写真版・オフセット
新屑・新断・新切れ
アルミラジエーター
アルミダライ粉・アルミ切粉・アルミ金具
ナベ・フライパン・やかん・食器
アルミ缶プレス・プルタブ
アルミ雑品・アルミ製エンジン・カートリッジ

 

 山下商店トラック03 

愛知県名古屋市熱田区で、大きな重機でする作業

愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下良太郎です。

山下商店でしている作業風景です。



こうして日々大きな重機を使用して安全に気を付け作業をしています。

 

愛知県名古屋市熱田区 山下商店にて、アルミフェンスの持ち込み案件

愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下良太郎です。

朝、アルミフェンスの持ち込みがありました。



所謂左官屋さんからの持ち込みだったのですが、現場にて取り外したフェンスを処分して欲しいと言う事で、弊社を思い出していただき持ち込まれたようです。

鉄くず回収時に…。よくある質問 引き取り可能な金属類

愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下良太郎です。

現在、中国向けの雑品類が輸出できなくなってきている状況なのでご迷惑をおかけしています。




鉄くず回収時によくある質問です。

鉄屑買取りに関する注意事項

鉄くずのサビに関しての注意事項
1. 磁石に付く金属は、鉄屑の扱いとなります。
2. サビや塗装は問題ありま%

日本の出前と言えば、おかもち。

日本の出前といえば、自転車に乗っている人は、アルミの箱をもっています。

 







日本の出前と言えば、アルミ製のおかもち。

愛知県名古屋市西区で、ラジアルボール盤1台を撤去・回収しました。

 

ラジアルボール盤1台を撤去・回収するために、まずは下見に出かけました。

実際に撤去・回収作業に入る前に、入念に事前準備をするということがとても大切です。

当日必要になる道具を把握したり、お客さまにお願いする必要のあることを折衝したりします。

常にしっかりと準備をしておいてから実際の作業にあたることが必要不可欠です。





愛知県名古屋市西区で、活字鉛の回収をしています。



 

活字鉛を使って文字組みをし、活版印刷をしている人も、いまではほとんど見受けられなくなりました。

必要な文字(活字)が一つ一つ準備されなければならないため、用意された文字数が多ければ多いほど、

依頼される仕事の量も増えるし、働く人の数も増えるということがあったそうです。

 

所有する活字数により、その会社の規模が推測できたというわけです。

この度回収依頼をして下さった印刷工場は、当時6人ほどの規模で印刷を行っていたと伺いました。

多人数でお仕事をされていただけあって、実際に活字鉛を拝見しても、かなりの量の活字だと思いました。





 

今まで成り立っていた仕事が、突然なくなってしまうのです。



活字鉛は、活版印刷の際に使われていたものです。

文字一つ一つが判子のように(「活字」という)なっているのですが、

それらの文字を組んで文章にして、印刷作業が行われていました。

 

技術は、ある日新しく導入されます。

今まで成り立っていた仕事が、突然なくなってしまうのです。

活字鉛を使って文字組みをし、活版印刷をしている人も、いまではほとんど見受けられなくなりました。

必要な文字(活字)が一つ一つ準備されなければならないため、用意された文字数が多ければ多いほど、





 

依頼される仕事の量も増えるし、働く人の数も増えるということがあったそうです。