物ができるまでに、涙ぐるしい努力と汗が多くありますね。溶接治具の回収をしています。

愛知県 名古屋市 鉄屑 スクラップ 回収 山下商店 山下良太郎です。

近所の溶接加工会社の溶接治具の回収に伺っています。

治具を作るまでが大変で、何度も試行錯誤を重ねて、試作品を作り

本型を製作するそうです。

物ができるまでに、涙ぐるしい努力と汗が多くありますね。

海部郡七宝町の額縁製造工場から機械の回収をしました。

愛知県 名古屋市 鉄屑 回収 山下商店 山下良太郎です。海部郡七宝町の額縁製造工場から、額縁木工加工機の回収をしました。この地域は、額縁製造工場が多いことで、有名です。木材から額縁のフレームを作ります。そして、塗装前にうわぐすりを塗り。塗装します。それらに金や銀のテープを張ったりして、高級額縁を作ります。主な用途に葬祭用の遺影の額縁に使われます。

外からは、分からない。内部からの話。

愛知県 名古屋市 鉄屑 回収 山下商店 山下良太郎です。

最近思うことは、世の中が段段と、今まで良かった会社や業界が、

見た目と裏腹で急速に悪くなってきた感じがします。

ある日知り合いが、転職しました。会社は、知っているが、

中身は、知らない。ただ内部から、出てくる話しは、生々しい。

昔の戦国時代の話しで、まさかと思ったが、

自分の妻や側室がスパイだった。

それだけ内部を知る人間の話しは、生々しい事実を知っている。

聞いてて凄かった。

一つ一つ確実に。台車ではこんでトラックに積み込んでいます。

愛知県 名古屋市 鉄屑 スクラップ  回収 山下商店 山下良太郎です。

この前きた業者は、歩道にトラック横着けて、

大きな磁石を歩道にぶち開けた

鉄屑の山を磁石につけてトラックに載せていたけど、

近くに小学校、中学校は、あるから危なくて見ていられなかったよ。

時間かかってもいいから台車に載せて、運び出しています。

 



 

 

気持ちの整理もついたし、大工さんの道具類の整理をしています。

愛知県 名古屋市 鉄屑 スクラップ 回収 買い取り 山下商店 山山下良太郎です。

名古屋市東区の大工さんから、大工道具の回収をしました。

この仕事を40年やってやったと。道具を見ると、

未練もがましくなるから、全て持って行ってください。

終わったあとに、気持ちの整理もついたし、

ありがとうございますと言われてました。

 

 

足踏みプレス機の回収をしました。

愛知県 名古屋市 鉄屑、鉄スクラップ回収 山下商店 山下良太郎です。印刷所から足踏みプレス機の回収をしました。鋳物の機械で、長い間使っていました。

 

 

 

ここ2、3日から忙しくなりました。

愛知県、名古屋市熱田区、中川区、港区で鉄スクラップ買取りするならココ!!
鉄スクラップ・アルミ・ステンレス・銅・真鍮・レアメタルまで520種類の引き取り可能。
創業50余年165,300件の引き取り実績を誇る「鉄スクラップ専門の卸問屋」が
圧倒的な取扱い品目と笑顔あふれる上質な接客であなたの工場・事業所・事務所の皆様を支えます。
ご連絡受領後最短30分で、ベテランスタッフがあなたのもとに伺い

自動車関係の仕事をしている人が、ヨーロッパに出張に行った時に、現地の自動車展示会があったので視察に行きました。
 
沢山の自動車メーカーが出展していました。日本では見かけないメーカーも多くありました。
1台の高級自動車に眼が留まりました。何しろ1台安いので4000万円!高いものは1億円以上の車です。

最高時速は、400km以上です。
 普通に考えたら、その車で何処を走るのか?疑問がわきます。
流石!!桁が違う車を買う人は、考え方も桁外れでした。購買者は、レーシングチームの所有している。
サーキットを所有している。
または私有地にレーシングコースがある人でした。

 もっと驚いたことがありました。その車を設計から製造までの人材が航空機関係の出身者が多数占めていたのです。
400km以上車を走らせるには、従来の車の発想ではなかったのです。

 設計者の一人が、最後に、
「何かに集中すればするほど、それ以外は捨てなければならない。
そうじゃないといいものができない。」

含蓄の多い言葉ですね。
あっ!そういえば、
自分の仕事も見直さないと

愛知県名古屋に台風11号接近。昨日、検査機の回収をしました。

愛知県名古屋市 鉄回収 山下商店 山下良太郎です。

検査機の回収に来ています。

検査機って土台がしっかりと丈夫に作ってあるので

意外に?重いです。爪ジャッキで機械を片側から上げて

スピードローラーをはめて移動しました。

お客さん曰く、精度が甘いので、新しく買い替えるとのこと

ものづくりに厳しく、自分の仕事にも厳しいからこそ、

まだまだ使えると思ってもあっさりと、新しい機械に替えると。