金、株式相場、金属スクラップ価格の高騰

愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下良太郎です。

 

最近、金、株式相場、金属スクラップの価格が上がっています。

円安の影響などもありますが、

急激な製造業の減産が、

メーカーの原料の在庫の減少に拍車をかけています。

スクラップ価格の急上昇は、こんなところにも

影響が出ています。

今までは、発生量も少なくて、使われる量も少ないので

価格も均衡を保てたのですが、今後の動向が気なります。

関心あれば、お問合わせください。

 

あなたに有益な情報を提供できるように

情報にアンテナを立てていきます。よろしくお願いします。



 

 

 

 



 

 

 

 

愛知県、名古屋市での、ステンレススクラップ回収、買取りで注意すること。

愛知県、名古屋市での、ステンレス スクラップで注意すること。

電話の際に、持ち込みを希望するのか

それとも、トラックでの引き取りを希望するのか?

自社が作業を受けるとすれば、別料金が発生しますが、鉄屑を

出すのをどちらが担当するのかを決めて行きます。

ステンレスの種類で、13クローム、304ステンレスは、価格帯が

全く違うので、事前に教えていただくことが大切です。

 





 

 

愛知県名古屋市で取りあえずは、きれいになったのかなぁと感じました。 スーパーの改装工事の現場です、その他不要になったステンレス棚板や金属性レジ台等、鉄製陳列棚等さまざまな物の回収

愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下良太郎です。

スーパーの改装工事の現場です、その他不要になったステンレス棚板や金属性レジ台等、鉄製陳列棚等さまざまな物の回収もしております。

鉄という素材は汎用性が高く、ほんとうにいろいろな場所に使われているので、必然的に私どもの出番も広範囲に及ぶことになります。

 

写真にあるように、作業がここまで進むと、私どものこちらの現場の仕事は終了ということになりますが、この後、さまざまな職人さんたちがここへやってきて、スーパーの全面改装に携わることになります。

ご依頼いただいた作業が無事終了して、ほっと胸をなでおろすとともに、作業をやり終えた嬉しさにしばし浸っております。

 







 

愛知県名古屋市中川区で、雨漏りしてしまった。 自動車部品鉄製部品メッキ工場の床が濡れているぞ。

愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮スクラップ、回収、買取りの  山下商店 山下良太郎です。

ご依頼いただいた会社の工場ですが、建物に防水を施す作業をして、全体的に外壁の色も塗り替えられたそうです。

これで万全だ!と思えたのですが、「雨漏り」の対策はほんとうに難しいものだと、あらためて実感させられました。







 

 

愛知県名古屋市 建材会社の金属屑ですが、回収をすべて終えてみると、かなり広いスペースができました。

金属屑ですが、回収をすべて終えてみると、かなり広いスペースができました。

さまざまな企業の金属屑を回収させていただいておりますが、私どもは、ただ単純に回収サービスを行っているというだけではありません。

回収作業後に、企業様の敷地内にあらたなスペースをうみ出し、仕事の効率化を図っていただければ幸いとの思いもあるのです。

今回ご依頼いただいたお客様からも、「おお!すっきりした!これでまた仕事がやりやすくなったよ」と感謝のことばをいただいたところです。







 

工場の廃棄品の下見です。お客さまのご要望にお応えし、回収をさせていただくことになりました。





10年以上前に廃業されたお客様から、ご連絡をいただきました。

廃業された後も工場の建物はそのままにされていたそうですが、「この度、工場の建物を壊して家を建て替えるので、(回収してほしい物があるから」見に来て欲しい」とのご依頼でした。

 

さっそく現場に伺います。

 

工場内にわずかに残された設備には、さまざまな物がありました。

「いろいろな所にあった金属製品を一か所にまとめておいたので、これを回収してもらいたい」とのお話です。

お客様に集めていただいた金属製品の中には、まだまだ使えそうな機械や設備もあるのですが、「もうしばらくしたら、工場の解体と家の建て替えが始まるから、全部引き取ってもらいたい」とのご要望でした。









 

 

日本の出前と言えば、おかもち。

日本の出前といえば、自転車に乗っている人は、アルミの箱をもっています。

 







日本の出前と言えば、アルミ製のおかもち。

愛知県江南市 大型燃料タンクの解体撤去作業の下見にきています。

燃料タンクの解体撤去作業の下見に来ています。

燃料タンクは、「缶詰」を大きくしたような形をしていますが、缶詰が上蓋も底蓋も、円筒の胴部のどこをとっても一枚の金属板で作られているのに対し、燃料タンクの天井部分は、円の中心から放射状にのびた鉄骨の骨組みがあり補強が施されています。





愛知県、江南市で、燃料タンクの解体撤去中

最後に上蓋を4分割して、1個目のタンクの切断作業が終了です

先ほどお話した燃料タンクの解体撤去ですが、ただいま屋根部分の切断作業をしています。

屋根の部分は、まるでサーカスのテントの上に乗って仕事をしているようにも見えます。