合板価格の急落。それっていつたい?

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。

4月、5月、6月と全然無かったコンパネ板

もしくは合板ベニヤ板が最近

ホームセンターで1000円ちょっとで

買えるようになりました。

一時は本当に無くて苦労しました。

熱田区、中川区、港区などどこを回っても

震災の影響で、一時売り切れ続出になり、

あっても売約済みで抑えられていたり

自分も物が無いときに大変苦労しました。

逆に今では、だぶっいているとも

普段から取り扱いのあるところ以外も

扱いだして価格が急落しているとか。

震災の復興需要を狙っているみたいです。

いろいろなビジネスチャンスがありますが、

これってどうかな?

とらぬ狸の皮算用にならなけらば。

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。

港区の切削加工会社のうれしい悲鳴。

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。


港区の切削加工のS社は、

去年5月から、バリ忙しくなり

機械を新調して、

まだ足りないから、今見積もり中と

「山下さん。来てちょー。」と

電話口で声のトーンでわかります。

こんな人もいるんだ。

以心伝心。とてもうれしく、励みにもなります。

みなさんにも伝わる事を。

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。

あの石碑をさがして 6

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。

似顔絵立ち

石碑がありホットしました。

二年前。以前来た時は、ここに小さな浜小屋が

ありましたが、

無くなっていました。

津波の時に二人の方が作業をしていて亡くなりました。

すっかりあたりの様子は、

一変していました。

浜全体が爆弾で破壊された感じです。

もちろんそんな経験もないのですが、

すっかり変わっていました。

たしか沖に堤防が左右にあったはず。

向かって右側はまったく無く、

左側は、真ん中の一部が破損して無い。

その堤防の真ん中が、

浜に打ち上げられていました。

それが、これです。

自然の力の強大さと恐ろしさを実感。


沖の堤防が破損した一部です。

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。

宮古漁港にて。

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。

似顔絵立ち

二年前の宮古漁協前の

明治、昭和の大津波の高さを表示するプレートを見に行きました。

これもありました。

今回の大津波は前の2回の津波よりも

大きいはずです。

どのぐらいの大きさかわかりません。

しかし、周りの状況が被害の大きさを物語っています。

以前は港の魚市場だったところです。

鉄骨だけが、かろうじて残っています。

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。

 

続きを読む

あの石碑をさがして 「此処より家を建てるな」 5

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。

2日目の朝早朝に、

以前お邪魔した津波の石碑を見に行くことに。

3.11の津波のテレビの映像を見て

もうあの石碑は無いだろうと

自分は思っていました。

ところが、有りました!!

先回の時には、周りが草だらけで、


たぶん誰にも見向きもされずに

ひっそりと建っていました。

今回は周りの草はきれいに刈り取られていました。

この村では、最少の被害で済んだそうです。

やはり、この言い伝えを守った人々は、

感謝の意味を込めて

この石碑のありがたさを実感。

改めて先人の言い伝えの凄さを感じました。


名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。

 

あの石碑をさがして 4

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。

似顔絵立ち

岩手県は、縦長になっている大きな県で、大きさとしては、

四国と変わらないぐらいある広さだと

同行の宮本さん(石巻市在住)が言っていました。

その広い県の真ん中に山が連なっています。

山登りの好きな人は岩手にはいい山があるのを知っています。

山が多い分トンネルも多いわけで。

いくつかのトンネルを超えると

驚愕の光景が…

かなり片付いていました

皆さん本当の復興は来年からといいます。

やはりがれきの山はけた違いに大きく、いくつもありました。

名古屋鉄リサイクルの山下商店 山下良太郎です。