名古屋市南区で、ビデオ店の商品棚の撤去解体しました。

事例内容



Before写真   After写真
 


愛知県、名古屋市熱田区、中川区、港区、瑞穂区、南区で
鉄くず、てつ屑、真鍮・アルミ・ステンレス回収、買取りするならココ!!
鉄スクラップ・アルミ・ステンレス・銅線屑・真鍮・レアメタルまで520種類の取り扱い。
創業60余年15,300件の取引実績を誇る「鉄スクラップ専門の卸問屋」が
圧倒的な取扱い品目とプロによる回収で、あなたの工場・事業所・事務所の金属屑から産廃までを丸ごと回収して皆様を支えます。
ご連絡受領後最短30分で、ベテランスタッフがあなたのもとに伺います。

笑顔小

名古屋市南区で、ビデオ店の商品棚の撤去解体しました。

DSC_1198

DSC_1198

DSC_1203

DSC_1203

 

 

 

燃料タンクの解体撤去しました。

事例内容



Before写真   After写真
 


DSC_0641

DSC_0641

DSC_0711

DSC_0711

DSC_0723

DSC_0723

DSC_0733

DSC_0733

大型油圧プレス機の移動も戦車があるから、楽にできる。

事例内容



Before写真   After写真
 


愛知県、名古屋市熱田区、中川区、港区、瑞穂区、南区で
鉄くず、てつ屑、真鍮・アルミ・ステンレス回収、買取りするならココ!!
鉄スクラップ・アルミ・ステンレス・銅線屑・真鍮・レアメタルまで520種類の取り扱い。
創業60余年15,300件の取引実績を誇る「鉄スクラップ専門の卸問屋」が
圧倒的な取扱い品目とプロによる回収で、あなたの工場・事業所・事務所の金属屑から産廃までを丸ごと回収して皆様を支えます。
ご連絡受領後最短30分で、ベテランスタッフがあなたのもとに伺います。

笑顔小

大型油圧プレス機の移動も油圧ジャッキとスピードローラーがあるから、

すんないと楽にできました。

DSC_1439

DSC_1439

 

 

愛知県一宮市の工場で、大型油圧プレス機の回収に来ています。

事例内容



Before写真   After写真
 


愛知県、名古屋市熱田区、中川区、港区、瑞穂区、南区で
鉄くず、てつ屑、真鍮・アルミ・ステンレス回収、買取りするならココ!!
鉄スクラップ・アルミ・ステンレス・銅線屑・真鍮・レアメタルまで520種類の取り扱い。
創業60余年15,300件の取引実績を誇る「鉄スクラップ専門の卸問屋」が
圧倒的な取扱い品目とプロによる回収で、あなたの工場・事業所・事務所の金属屑から産廃までを丸ごと回収して皆様を支えます。
ご連絡受領後最短30分で、ベテランスタッフがあなたのもとに伺います。

 

笑顔小

愛知県一宮市の工場で、大型油圧プレス機の回収をしました。

5月以降の鉄屑価格が急落して、スクラップの回収経費をいかに下げるか

社内でできることは、なるべくやっていかに安く効率的にできるかがカギとなります。

DSC_1269

DSC_1269

DSC_1289

DSC_1289

カーゴテナーの回収に来ています。

事例内容



Before写真   After写真
 


カーゴテナーの回収に来ています。

カーゴテナーの回収に来ています。これで200台ぐらいです。

写真(上)のカーゴテナーですが約200台あります。

そもそも、カーゴテナーとは、外周の3面が柵で囲まれ1面が開口になっているキャスター付きの台車のことですが、コンビニやスーパーなどでよく見かけます。

荷物を積み込んだ状態など、使用中のカーゴテナーは四角い形をしていますが、使わない時には折りたたんでL字の形に収納できます。

折りたたんでL字型にしたカーゴテナー同士を次々と200台ほど重ねると、写真(上)ぐらいの量になるわけです。

回収した後の様子ですが、写真(下)のようになります。

⑫ カーゴテナー回収後

カーゴテナー200台分ともなると、こんなに広いスペースが必要になるのですね。

カーゴテナーのキャスターについての話ですが、何かの拍子に動かなくなってしまうと、急にブレーキがかかったような状態になります。

荷物を運んでいる際中に、キャスターの故障で急ブレーキがかかれば、カーゴテナー本体が倒れて周りの商品を傷つけてしまうことになります。

そのため、少しでもキャスターの動きが悪くなると、古いカーゴテナーを一時保管場所に収容して、新しいものと取り替えることになるのです。

印刷工場のプレス機、その他備品の回収をしました。

事例内容



Before写真   After写真
 


DSC_0914

DSC_0914

DSC_0924

DSC_0924

印刷会社の35tのプレスと、その他の機械を回収いたしました。

印刷会社の方から伺ったお話では、プレス本体とプレスへの板材(材料)の送り装置など、プレス機周辺のさまざまな機械を一切合切、すべて処分されるとのことでした。

「今後、印刷のお仕事はされないのですか?」とお尋ねすると、

「いや、仕事はそのまま続けますよ。ただ、自社で(プレス作業用の)設備を持ったままだと、たくさんある金型をメンテナンスする必要などがあって、コストがかかるものでね」

「カレンダーに使う金具等、その他の必要な物は、外から買った方が安く作れる場合が多いんですよ。自分のところで設備を保有して部品を製造するよりも、必要な金具は完成品を買った方が安いと会社の方が判断したものでね。このたび、設備道具を残らず処分することになりました」

回収機械は、ちょうどトラック一台分に納まりました