カーゴテナーの回収に来ています。

事例内容






カーゴテナーの回収に来ています。

カーゴテナーの回収に来ています。これで200台ぐらいです。

写真(上)のカーゴテナーですが約200台あります。

そもそも、カーゴテナーとは、外周の3面が柵で囲まれ1面が開口になっているキャスター付きの台車のことですが、コンビニやスーパーなどでよく見かけます。

荷物を積み込んだ状態など、使用中のカーゴテナーは四角い形をしていますが、使わない時には折りたたんでL字の形に収納できます。

折りたたんでL字型にしたカーゴテナー同士を次々と200台ほど重ねると、写真(上)ぐらいの量になるわけです。

回収した後の様子ですが、写真(下)のようになります。

⑫ カーゴテナー回収後

カーゴテナー200台分ともなると、こんなに広いスペースが必要になるのですね。

カーゴテナーのキャスターについての話ですが、何かの拍子に動かなくなってしまうと、急にブレーキがかかったような状態になります。

荷物を運んでいる際中に、キャスターの故障で急ブレーキがかかれば、カーゴテナー本体が倒れて周りの商品を傷つけてしまうことになります。

そのため、少しでもキャスターの動きが悪くなると、古いカーゴテナーを一時保管場所に収容して、新しいものと取り替えることになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です