鉄スクラップ

鉄リサイクルの山下商店 HOME>鉄の豆知識>003 どうして東京スカイツリーは、東京タワーよりも高く建てられたのか?

鉄の豆知識

どうして東京スカイツリーは、東京タワーよりも高く建てられたのか?

近くで見ると鉄パイプが縦横無尽に組まれています。

建設中のスカイツリー。押上駅周辺。手前の川は隅田川。東京下町の浅草、亀有からすぐ近くです。東京都墨田区押上駅にある東京スカイツリーは、
2008年から建設が始まり、
平成23年3月19日で世界1の高さの634mに到達しました。

東京スカイツリーに使われている鉄は、
新日鉄の「BT-HT400C,500C」という名前です。

この鉄は、強くて軽く、今までの鉄よりも一歩先行く新鋼材です。

東京タワー(高さ333メートル)に使われた鋼材と比べると
2倍の強度を実現しています。

この新鋼材を高層建築材
(最大直径23メートル厚さ×10センチメートル)を利用して、
世界1の高さの東京スカイツリーを支えています。

鉄の豆知識一覧に戻る

名古屋市熱田区,中川区,港区限定

鉄リサイクルの有限会社山下商店

〒456-0076 愛知県名古屋市熱田区切戸町3-58

TEL 052-682-5952 FAX 052-682-5964

Copyright (C) 2011 YAMASHITA CORPORATION. All rights reserved.