愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、切粉、ダライ粉、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

僕はばりばりの昭和人間ですからいわゆる軍隊形式でやれ!っていうのもありなんですが。

しかし今はもう平成時代の人がとても多いのでどっちかというとゆとり世代の人も もいるので、そういった意味では軍隊形式が不利になってきているので、調和を取りながらコミュニケーションをとって軍隊形式ではなく、ゆるーくやってねやってねと言いながら。

でもやらんと実際には会社の売り上げも利益も上がらないので、そうすればもちろん社員に渡す給料とか手当、ボーナスなんかも増えたり減ったりするので、できれば増やしたいという事ならこうしたいろんな指導をして、ミーティングの手当を払いながらこのように話をしております。

 



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

お客さんとあまり、正面から

向き合ってしまうと、

その悪い気を吸い込みますから。その人はもう来ないし、

多分その人は、他でサービを受けてもあら探しするくせがぬけないでしょうね。



 



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 切粉、ダライ粉、ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

また、自分のトレーニングになるだけでなく、犬の散歩も同時にできますし、また、その頭がスッキリした状態で(音楽よりは)講演のテープなどを聞きながらジョギングをしていますので、夜の疲れた頭でするときよりも、断然学びもはかどります。

それからもうひとつ、夜の食事に炭水化物を抜くことについてですが、こちらは、運動をせずにそれをしただけで8キロも痩せた人がいたことと、あと、養豚業をされている方から、「朝昼晩、穀物(=炭水化物)をやるから豚は太るんだよ」という話を聞いて納得して、夜の食事から炭水化物を抜くようにしました。ちなみに、お酒は飲んでいます。

そして、その2つを続けていった結果が、-7キロだったのです。よくダイエットは途中で挫折してしまいがちですが、体重が減る以外の(体力がつく、学べるなど)たくさんのメリットも実感できているから継続できているのだと思います。体の調子もとってもいいので、これからも続けていこうと思います。



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 切粉、ダライ粉、ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

「茗荷採り」をしてきました。

朝8時に園原ICに到着し、8時半から収穫開始!これが結構な重労働なんです。

 中腰にかがんで黙々と作業をするんですが、敷きワラの間から“ビョッ”と出ている茗荷を根元から“ポキッ”と折って、一つひとつもいでいくんです。途中でつまみ食いしてみたら、これがもうオイシイッ!こと。

 私たちが収穫した場所は、標高およそ800m――ほどよく土が乾燥しているおかげで、みずみずしく、やわらかい茗荷が出来るんだそうです。収穫したら、山の湧水でジャブジャブと洗って、土と草を分離したら、できあがり。

家に帰って、「茗荷の酢漬け」にしていただきました。つまみぐい以上においしかったです。鮮度のいいうちに食べないと、スーパーで売っているものとの違いがわからないので、さっそくご近所の皆さんのところにおすそ分けに。

後日感想をうかがってみたら、大好評の嵐でした。

(株)ハラエンジニアリング・原社長、誘っていただきありがとうございました。そして来年もよろしくお願いいたします。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 切粉、ダライ粉、ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

現代アートには3つの楽しみ方があります。

1つ目は、自由な解釈ができる事。いまさらモネやピカソの作品の解釈は変更されないでしょうが、現代アートは作者と鑑賞者が同じ時間を共有して、面白いのか、かっこいいのか、自分の頭で考え、分析し判断して答えを出さなければなりません。

つまり、アートは「問いかけ」であって「答え」ではないのです。答え(評価)は自分自身で出さなければならないのです。そのため日本では、海外のアンディ・ウォーホールやラッセン等のすでに評価されたアーティストに人気が集中します。

2つ目は、究極の一点モノである事。売れっ子になれば、スタッフとの分担作業にならざるを得ないのですが、初期の作品はまさに手作り。1点1点作者が最初から最後まで手を掛けて作っています。

3つ目は自分や他人を結びつけるコミュニケーション力があると言う事。まだあまり知らない相手でも、自分が大好きな音楽を聞いていたりすると、とたんに親近感がわいてきます。その人の好のみが、おのずから分かるからです。


愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、切粉、ダライ粉、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

 

本人も今の投資活動は、今後、再現性が難しいと考えていて

何か商売でも、と考えているようでした。

でも、そうそう間単に商売自体儲かるものでもなくて。

懇親会の席上で、

投資?それ投機じゃね?

皆さんに、散々いじられていました。

まじかで見た「億り人」意外に普通の人なので安心しました。

逆にキレキレなのか、と思いきや超普通人なのでした。

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、切粉、ダライ粉、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

この日は大型トラック運転手ドライバーの吉田さんとミーティングをしました。

ミーティングといってもいろいろ資料を持ってってそれに目を通して、いろいろ話をしてそのあとに食事をするスタイルをとっています。

ただ話をするだけではただの飲み会になってしまうので、会社としては一応社内規定にのっとってミーティング手当を支給していますので、ミーティング手当を知っていましたということでミーティング手当届というのをちゃんと書かせて出して僕のスケジュールにあわせながらそれをやっております。

毎回毎回こうやって社員と2時間ぐらい話をするとコミュニケーション不足ってことは避けられるし、僕がこれからどうやっていこうあれをこうしようどうしよう、毎回毎回話しながら、社員にこれから3年後5年後どうしたい?じゃあ今からこれをどうする?と。

ただただ会社が儲かってるからぶらさがって、俺も金が欲しいっていうとそれではなんか本人の努力とか伸びしろもみえなくなってしまうので、こうやってミーティングをしながら資料も用意して3年後どうしていたい?とかちゃんときちっと訊きながらいろんなその人の意見を訊いてそれをチェックシートに書いていただき、そうやって毎回毎回、1回1回話して・・・

お金欲しい、ただ欲しいといってもそこには努力と忍耐、もしくはやるべきことがあると思います。



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、切粉、ダライ粉、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

だんだんそのとき気づいたのは10時ごろで今日この工事は中止になるかなと思ったんですが実はこの担当者はわざわざこのために京都からきているんで今日なんとかならんかと僕も少し焦りましてすぐレッカーの運転手と相談してもうどうしよう低床のトレーラー見つからんかなと思ってすぐ会社に電話してもらったら1時間半後になんとなんと名古屋にいると言われたらしくてまあその低床のトレーラーがだいたい12時半ぐらいにきたんですがまあぎりぎりですよね。それを通して岐阜のある所まで運んでもらってやってもらいました。まあ何とか仕事は終わったのでほっとしました。

まあまあちゃんときちんと下調べをしなかった私が悪かったんですが。

なんとかまあ一段落したので良かったです。



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、切粉、ダライ粉、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

2年前山下良太郎通信5号の取材の時に岩手県宮古市の田老魚港に訪れました。きれいなリアス式海岸の続く遠浅の海岸です。

失敗学で有名な東大名誉教授の畑村洋太郎さんの本にある石碑を探していました。小さな入り江の浜小屋の主人に聞いてやっと石碑にたどり着きました。それは小さなキャンプ場の駐車場の前に建っていました。

「あっ!こんなところに。本当にひっそりと普段は誰も見ることはないのかな」と思うほどに。石碑は木の陰に隠れてこちらを伺うかのように。石碑を見たときに「人生いいときほど昔の苦労した時の事を忘れてしまう。」これまでに2度の大津波があったので、大きな石碑があると思っていました。

小泉純一郎元首相の有名な言葉に「人生には3つの坂がある。1つは上り坂、2つ目は下り坂、最後の坂は、まさか。」

確率的に何十年に一度は来るといわれている三陸沖の津波。田老漁港のすぐ横にある宮古交番に伺い防災マップをいただき、防災無線、監視モニターを備えた防災システムなど、そして二重のそなえをしている長い防潮堤を見つめました。

その当時は完璧な備えだと思っていました。しかし備えは備えであり、明らかに想定だったのです。



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



 

 

 

 

 



 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、切粉、ダライ粉、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

東北地方を襲った地震と津波の被害は甚大でした。茨城県水戸市もおおきな被害をこうむりました。

震災直後、会社と家の中はグチャグチャで中にはスグには入れませんでしたが、自宅の庭にある事務所として使っているトレーラーーハウスは無事だったので、しばらく生活することに。

キャンプ用品のランタンを照明にして、バーナーでお湯を沸かして家族、社員と近所の人たちと一緒にカップヌードルで夕食にしました。夜は、寝袋で寝ることとなりました。しばらくは家と会社の中のグチャグチャを整理する毎日が続きました。

これからどうしたらいいのか?この先本当に仕事を続けていくことが出来るのだろうか?素敵なお庭を作る仕事はあるのか?不安な日々を過ごしました。

しばらく整理を続けるうちに田村社長はある事に気づきました。

「無い物を嘆くよりも、有る物を見つける方が勇気がわく。」

会社も家もある。家族も従業員も全員無事。仕事のトラックも重機もある。失った物は少ない。会社を再起動するのに時間はかかりませんでした。

「今まで仕事を頂いたお客はどうしているだろう?」ふと彼は心配になりました。

地震の影響で各家の屋根の瓦はくずれ落ち、垣根は倒壊していました。道路は所々陥没または隆起して車で通行できません。田村社長と渡辺君は、軽四トラックに自転車を積み行けるところまでは車で移動して後は自転車で移動する日々でした。

それぞれ回って見るとお客さんは皆無事でした。こんな時に来てくれる人はあなたたちだけだ、大手のハウスメーカーはずっと留守番電話しか繋がらない。各担当者の携帯も繋がらない。家族だけでは、とても心細くて取り残されている気がして、「まさに地獄に仏だよ。」それぞれのお客にとても感謝されました。

それぞれの現場を調べて見ると垣根が半壊・倒壊でした。大きなヒビが入り倒れる寸前の物までありました。決して仕事でいった訳では無いのですが・・・。

「隣に倒れて寄り掛かっているから、危険だから撤去して欲しい。あなたにしか頼めない。」とそれから数十日間電源がないのでハンマー、スコップ、一輪車での垣根のブロック塀の撤去作業の連続でした。

数日前まで仕事の心配をしていたのが嘘のように多くの仕事を頂き、また多くの人に感謝されました。その後も撤去した垣根の新築工事も受注できました。この会社は数ヶ月先までの仕事を確保するまでになったのです。「ピンチはチャンス」だったのです。

陽に焼けた顔の田村社長の震災の被害をものともしない。頼もしくこの土地と共に生きる商売のあり方を学びました。