愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

アルミホイールの持ち込みがありました

アルミホイールにはいろいろな付着物がついています。

例えばアルミホイールの隅っこに付いている灰色の突起物。

これは「バランスウエイト」と言って、鉛や鉄でできています。

変わったものでは亜鉛のものもありします。

このおもりによって、タイヤが回転する時に小さな振動や揺れを抑えて、ブレがないようにしています。

 

だいたいは、アルミホイールの内側につけられているのですが、時々アルミホイールの溝についているものがあります。

 

このバランスウェイトはハンマーやノミなどで叩くと簡単に取ることができます。

もし気付かれた方で、アルミだけで販売したい場合は、叩いてみてください。

 

アルミホイールの検収には、この「バランスウエイト付き」「バランスウエイトなし」というものがあります。

 

その他には、タイヤに空気を入れる「バルブ付き」「バルブなし」というものがあります。

このバルブというのは、自転車のタイヤのように真鍮でできていて、中にゴムが入っています。

 

さらに付着物としては、真ん中についているプラスチックがあります。

これはメーカー(自動車メーカーとかホイールメーカーなど)のロゴなどがはいっています。

裏側から叩くとカポッと簡単に取れることがあります。

これを取り外せば、いわゆる「ダスト引き」がない状態になります。

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

シルク印刷会社の金属屑およびシルク印刷に使うアルミ枠の回収作業をしました

 

不要になった金属くずとシルク印刷に使うアルミ枠の回収をしました。

このシルク印刷に使うアルミ枠は、フィルムが貼ってあるものと貼ってないもので、20円から25円ぐらいの価格差があります。

 

できればお客様の方でこのフィルムを剥がしてもらうようにお願いをしています。

どうしても取れない場合は、現地でフィルムを剥がす作業をしています。

 

このフィルムを剥がすと剥がさないとでは、

アルミ屑の検収として、「アルミ屑」となるか、「輸出用の機械アルミおよび輸出用のアルミ屑」となるのか、と違ってきます。

それはなぜかと言うと、

フィルムがついたままアルミ屑を炉に入れてしまうと、

アルミを溶かして湯にする段階で、大量の煙が発生します。

そうするとアルミ精錬会社の集塵機をすぐに痛めてしまいますし、ものすごい匂いが発生します。

そのため日本国内で精錬することがなかなか難しくなってきているからです。

 

ある程度取ってプレストして、反射炉など電子レンジのようなものでアルミを熱で溶かすという作業がやれればいいのですが、付着物があると煙や匂いが大量に発生してしまいます。

 

ですから、なるべくアルミ枠のみの状態にしています。

ここの会社も以前からアルミ枠を出しています。

工場内を見渡すと、使わないアルミ枠のフィルムは綺麗に取ってあるようでした。

 

後日このアルミ枠を一個一個外に運んでトラックに積んでいきたいと思いました。

小判のシルク印刷版

大判シルクの生地に転写するそうです

開けると沢山の版板が

サイズ感も大き目です。

大漁旗などの印刷も行います。

ビニールを外すと。。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

普段から金属くずの分別および産業廃棄物の分別をきちんとすることは、学校教育の一環となります。

 

分別して回収させていただく前準備として、

金属別に入れ物を用意し、そこに保管するような教育を実践しています。

金属くずをまぜこぜにしてしまうと、分別が不可能になる場合があります。

混合した金属くずは、磁石でつくものとつかないものとでしか分別ができません。

後は手作業による分別ですが、

これは細い金属くずになればなるほど、

分別が不可能となっています。

 

最近では中国が、家電の産廃や家電品の輸入受け入れ禁止を打ち出しています。

そのため、金属くずの混合したものの輸出が不可能となりました。

 

この混合した金属くずは、日本国内で産廃として処理されることになります。

 

そうなると産業廃棄物がどんどん増えて、

最終処分場がすぐにいっぱいになり、

処理価格が高騰してしまいます。

早い段階から金属くずをきちんと分別して回収し、再利用・再資源化することが望まれます。

今の段階では、これらが最も緊急的な課題となっています。

名古屋市の工業専門学校に金属くずの回収に伺います

 

毎年、春休み・夏休み・年末年始休みの年に3回、金属くずの回収に伺っています。

 

あらかじめ打ち合わせをして、

回収日などを決め、

見積もりを提出して、

回収作業にあたっています。

今回はアルミの切粉、鉄くず、鉄切粉、アルミ切粉などの回収に伺います。

 

コロナウイルスの影響で、去年は学校が長期間お休みになりましたが、

今年は緊急事態宣言が発令されても学校はリモートで授業などを行っています。

学校側も普段とは違う対応を迫られている状況です。

 

そんなところで、学校の休みに合わせ、金属くずの回収に伺いました。

 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

熱交換器などには、銅ラジというのがあります。

銅管の周りにアルミのフィラメントがついているもので、

よくエアコンの中に入っています。

 

業務用の大型版のアルミラジ、銅ラジの持ち込み買い取りもさせて頂いています。

最近は銅の値段が上がっているので、

銅ラジも相場が上がっています。

 

現在は、高値圏なので、もし銅ラジがあれば、

ぜひ山下商店にお持ち込みいただければと思っています。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

アルミ印刷版の持ち込み

 

近所で封筒を作っている印刷屋さんなので、

2、3ヶ月に1回、アルミ印刷板を持ってきます。

 

 

目方をきちんと測って持ち込みされているので、

キロ当たりの単価で買わせて頂いています。

 

アルミは最近値上がりが激しくなっています。

 

このまま高値を維持してくれたらいいなと思っています。

その他にも、色んな持ち込みがります。

愛知県、名古屋市、鉄屑、スクラップ、てつくず、回収の山下商店、山下です。

一般家庭からの持ち込みも歓迎です。

一般家庭からの持ち込みも歓迎です。

 

 

 

 

 

 

自家用車しかない方のためには、無料で軽トラック貸出をしております。

事前に電話いただければ予約も可能です。

現場で自分で運転してもらいます。

本人、仲間と協力して大型のロッカーなど不要な鉄くず、金属屑を積み込込んでいきます。

山下商店に乗ってきてもらえれば、荷下ろしはスタッフが行います。あとはそのままお帰りいただけます。

 

 

現在、海外向けの雑品類(冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ等)が、買取出来ません。

海外への輸出できなくなってきている状況なのでご迷惑をおかけしています。

 


鉄くず回収時によくある質問です。

鉄屑買取りに関する注意事項

鉄くずのサビに関しての注意事項

1. 磁石に付く金属は、鉄屑の扱いとなります。

 

名古屋市中川区の農家から 鉄くず持ち込み

100円ショップで販売している磁石で、磁性があるかお試しください。

磁性がないとリフマグで荷下ろしできません。

2.鉄に付いているサビ、塗装、埃がかぶっている鉄などは問題ありません。

硫酸でボロボロの鉄くず

 

 

 

 

 

 

 

塗装が付着しても回収可能です。

道具の片付け

埃のついた鉄製品の道具回収

 

 

3.塗料や薬剤の入っている一斗缶などは中身がカラの状態でお願いします。

残差物、付着物があると、引き取りできない場合もあります。

一斗缶は中身をからの状態で

ペール缶は中身をからの状態で

 

プレスして結束してあるものも大丈夫です

 

一斗缶は中身をからの状態で

廃塗料は、自然発火する場合があるので、塗料カスがついている場合は引き取りできません。

 

 

 

 

 

 

 

 

4.家電品に関しましては産業廃棄物の扱いとなる為・買取・引き取り・処分等できません。

 持ち込まれた際は有償となりますのでお気をつけください。

照明器具は、トランス、抵抗器、配線類を外して鉄の部分のみにしていただければ、鉄屑として、引き取り可能です。

電子レンジ

 

コピー機、複合機、プリンター

冷蔵庫

おしぼり、タオルウォーマー

小型冷蔵庫

大型プリンター

スプレー缶中身の入っている物は、引き取り不可です。

 

エアゾールは、パチンコ玉ぐらいの穴を開けてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

エアコン室外機

 

 

 

 

 

 

エアコン室内機

 

 

 

 

 

 

※給湯器は除く

エアコンは、管理表がないと持ち込みができません。

エアコン 室外機

5. 金庫は買取りできません。

6. 総重量が100㎏以下のものに関しては無料回収となる場合があります。

7. お引取希望のご連絡をよくいただきます。

その際 家庭用品の金属くずなど、総重量300kg未満の場合は、運搬費として名古屋市内 10000円(別途消費税)かかります。

名古屋市近郊ですと15000円(消費税別途)からになります。軽トラック無償貸出しも行っていますので、車両がないとお嘆きの方は、是非とも利用ください。

これから、整体治療院の不要な金属類。スチールロッカー、照明器具、古いレジスターなどの積み込みします。

整体治療院の男性スタッフ二人で、不要な金属類の積み込み作業をしています。

(有)山下商店まで軽トラックを運転していただければ、それで作業は、終了です。

荷下ろしは、会社のスタッフが行います。

■その他、気になることがございましたら何なりとお問合せ下さい。

山下商店社員

山下商店持込み上からの画像

山下商店構内作業中

山下商店持込み上からの画像

ダライ粉

タイヤホイール

不要になった中古 廃棄機械 を 搬出 も含め引取り、高価買取いたします。

 

油圧ベンダー 解体撤去

 

 

 

 

 

 

ガス切断作業

 

 

 

 

 

 

トラック付属 小型移動式クレーンによる玉掛け、積み込み作業

 

 

 

 

 

 

 

油圧ベンダー解体撤去 作業完了

工場、倉庫の金属くずの回収実績多数

 

 

 

 

 

 

ダンプによる、鉄筋屑の持ち込み

 

 

 

 

 

 

鉄鋼蓄積量とは、日本国内で使用され、現在何らかの形で国内に残っているものを鉄換算した量のことです。つまり、ビルディング・橋梁・鉄道などをはじめとして、自動車・自転車・家電製品、家庭内にあるカミソリの刃に至るまですべての鉄を指します。これらは都市鉱山とも呼ばれています。

我々の業界は、市中から発生する鉄スクラップの流通を担っています。
市中から発生する鉄スクラップの2019年度の取扱量は25,669千トンにも達しており、これは何と1年間に東京タワー(4,000トン)6,417基分の量に匹敵します。1年365日休まずに処理しても1日当たり約17.6基分を取扱った計算になります。
我々、国内の業界で取り扱われた鉄スクラップの約80%以上が電気炉で甦り、残りは転炉での製鋼用や鋳物用として消費されたり、海外へ輸出されたりしています。社会に還元されているわけです。また、鉄鋼蓄積量とスクラップ取扱量との関係では、年間蓄積量の約2~3%が、鉄スクラップとして発生していると見ることがでます。そして、この蓄積量は2018年度には約13億9千万トンに増大しております。

鉄スクラップは、ビル、橋梁などの建築物解体時に出る鉄骨や、船舶、廃棄自動

車、廃棄家電製品さらには空缶、スチール家具、廃棄スチール製品などの鉄製品

を廃棄処理するときに発生します。また、新しい自動車や家電製品などの鉄を使

用した工業製品を製造する工場からも発生します。

 

スクラップ加工を専門に行う

鉄スクラップ業者がこれらを回収した後に、不純物を取り除き、加工処理を施して適当なサイ

ズに切断し、プレス圧縮することで初めて資源として使用できる「鉄スクラッ

プ」になります。

分類すると炭素鋼スクラップの

炭素鋼スクラップは、ヘビー、プレス、新断、シュレッダー、プレスA,プレスB、バラA、バラB、鋼ダライA、鋼ダライB、鋼ダライプレスがあり、銑スクラップは、故銑と銑ダライ粉があります。

 

1.ヘビーは、ギロチンシャー、、ガス溶断、重機などで、サイジングしたもので

厚み、寸法、単重により、HS、H1 ,H2 、H3、H4に分類される。

2.プレスは、主として鋼板加工製品を母材にしてプレス機により圧縮成形した直

方体状のもので、母材により以下に区分する。プレスA、B、Cに区分される。

3.シュレッダーは、主として鋼板加工製品を母材にしてシュレッダー機により

破砕したあと磁気選別機で選別された鉄スクラップで、母材により、

A、 主として、使用済み自動車を破砕したもの

B、 上記以外の混合品

4.新断は、鋼板加工製品を製造する際に発生する切りくず及び打ち抜きくずで、形状、酸化の程度により以下に区分する。

シュレッダーは、新断をシュレッダーしょりしたもの。

プレスAは、 3辺の総和1800以下 、最大辺800以下 表面処理していない薄鋼板で酸化していないもの

プレスBは、3辺の総和1800以下 、最大辺800以下 多少酸化している薄鋼板又

は鋼材材質に悪影響を及ぼさな

い表面処理鋼板

バラAは、 幅又は高さ500以下 x 長さ1200以下  表面処理していない薄鋼板

で酸化していないもの

バラBは、 幅又は高さ500以下 x 長さ1200以下 多少酸化している薄鋼板又は

鋼材材質に悪影響を及ぼさな

い表面処理鋼板

5.鋼ダライは、ネジ、機械部品などを製作する際に発生する切削くず及び切り粉

で、形状、酸化の程度により以下に区分する。

鋼ダライAは、普通鋼切削くずで酸化の少ないもの、チップ状のもの

鋼ダライBは、普通鋼切削くずで多少酸化しているもの、パーマ状のもの

プレスは、 3辺の総和1800以下 、最大辺800以下 普通鋼切削くずで酸化の少

ないものをプレスしたもの

銑スクラップは、故銑と銑ダライ粉があり、

故銑は、A,Bに分類され、

故銑Aは、1辺1200以下 単重 1000kg以下で機械銑、道具銑等の上銑、モーター

ブロッ ク完全解体

故銑Bは、1辺1200以下 単重 1000kg以下で 並銑、モーターブロック未解体(油ぬきもの)

銑ダライ粉は、A,Bに分類され、

銑ダライ粉Aは、鋳物切削くずで酸化の少ないもの

銑ダライ粉Aは、多少酸化した鋳物切削くず

に分類されています。


アルミには、さまざまな種類がありますが、種類に応じてアルミの番号が違います。

大まかな番号として、2000番台、3000番台、4000番台、5000番台、6000番台、7000番台などがありますが、部品加工をする際に、それぞれ向き不向きがあり、用途に応じて使い分けるようになっています。

5000番台に属するこの5052のアルミ板材は、素材の「厚み」と「大きさ」に多くのバリエーションがあるため、様々な機械部品に使われています。これらがアルミスクラップでは、一般的に流通しています。

日本の機械(完成品)の質が高いのは、そもそも、その機械を形作っている素材のクオリティがひじょうに高いことがあげられるようですね。

アルミホィール

 

 

 

 

 

 

アルミパイプ

アルミ寸胴鍋

 

愛知県名古屋市鉄くず回収、スクラップ処分、てつくず処理の山下商店 山下勝弘です。

我が国は資源の乏しい国である上、世界的な資源の枯渇が進行しているといった背景などから、大量生産・大量消費・大量廃棄
型の社会システムから脱却が求められており、資源の有効な利用の確保を図るために、「資源の有効な利用の促進に関する法律」
(資源有効利用促進法)を1991年に制定しました。資源有効利用促進法は、3Rの取組が必要となる業種や製品、10業種・69品
目を政令で指定し、各指定項目に対し自主的に取り組むべき具体的な内容を省令で定め、製品の製造段階における3R対策、設計
段階における3Rの配慮、分別回収のための識別表示、事業者による自主回収・リサイクルシステムの構築などを規定しています。

スチール缶マークの様式(形状、寸法)(平成3年~)
※平成三年大蔵省・農林水産省・通商産業省令第一号「鋼製またはアルミニウム製の缶であって、飲料が充てんされたものの表示の標準となるべき
事項を定める省令」にて定めている

アルミ缶バラ

アルミ缶ソフトプレス

 

 

 

 

 

 

アルミ缶マークの様式(形状、寸法)(平成3年~)
※平成三年大蔵省・農林水産省・通商産業省令第一号「鋼製またはアルミニウム製の缶であって、飲料が充てんされたものの表示の標準となるべき
事項を定める省令」にて定めている

ちなみに再生資源物とは・・・
リサイクルが可能な資源物のことで、古
古紙類 古繊維類金属類 びん・カレット(びんを破
砕した粉状のもの)
紙類・古繊維類・金属類・びん、カレット
をいいます。現行の廃掃法(廃棄物の清掃
及び処理に関する法律)の中では、専ら物
(専ら再生の用に供する物)といって、廃
棄物ではなく、許認可が無くても誰でも回
収が出来ることになってます。

 

鉄屑、金属製品、ステンレスくず、アルミスクラップ、銅、真鍮のリサイクルが必要なのはなぜでしょうか?

リサイクルの必要性は現在も多く取沙汰されています。
昔に比べてエコバックやマイ箸、マイボトルと言った言葉を聞く機会が増えたのではないでしょうか。
それは、それだけ日常的にリサイクルへの関心が高まりつつあります。

日本は、国土が狭く、資源も貧しい国です。 レアメタルなどの貴重資源は、リサイクルすることで、資源がなくとも、有効に使っていくことができます。また、廃棄物を適正に処理(リサイクル)することが、有害物質などの流出を抑え、環境やわたしたち人体への悪影響を少なくすることにもなります。

大人だけの問題ではなく、子供たちもリサイクルについて考えているようです。

小学4年生3クラス99名を対象に授業を行いました。
リサイクルに関心の高い子が多く、たくさんの意見が飛び交う、活発な授業となりました。特に、最後の「なぜリサイクルする必要があるの?」という質問に対しては、「残り少ない資源を守るため」や「知球の温暖化を防ぐため」等、大人もびっくりするような意見を出してくれました。
子どもたちはリサイクルの必要性を十分わかっているようです。

ご自宅、会社、工場、事業所など、鉄屑、金属製品、ステンレスくず、アルミスクラップ、銅、真鍮などを処分するとき、粗大ごみとして出すことを思い浮かべる方がほとんどだと思います。粗大ごみは自治体で回収を行うもので、費用負担も軽く、簡単な処分方法として選ばれることが多いものです。しかし、近年は物のリサイクルを推進する動きが活発になり、廃棄、処分せずに再利用、リサイクルすることが求められます。
鉄屑、金属製品、ステンレスくず、アルミスクラップ、銅、真鍮のリサイクルが必要なのはなぜ?」「不用品のリサイクル方法が知りたい」など、リサイクルにかんする疑問は自然と生じることでしょう。リサイクルは一人ひとりが取り組むことが大切で、環境保護や地球温暖化抑制にも貢献できるのです。