コンビニのトイレも多言語対応時代になりました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




先日の事です。




お客様の所へ見積もり依頼を受け伺う途中にふと所用でコンビニに寄りました。







その際ついでにとトイレに入ったのですがそこでトイレのPOPを見ると そのお店のPOPには 日本語版 英語版 中国語版(繁体字・簡体字)韓国語版(ハングル字)となんと5種類もの説明文が書かれていました。







最近ではコンビニのスタッフさんも中国の方だけでなく色んな国の方が働いている方も多いのでこうした対応は大事だなと思いました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です