スチール机


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




ネックは耐火金庫2個です。







もう一つは3m位あるキャビネットですが、この木製の3m近いキャビネットはセーバーソーで半分に切断して搬出するという事はわかるのですが、この耐火金庫は500kg位あります。







この金庫はアルミ製の門型クレーンを使用してチェーンブロックを引っ掛けて持ち上げ、その後ゆっくりと横に倒す際に鉄製の移動台車に載せなんとか窓際まで移動するという作業工程を想定しました。











愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




名古屋市中村区で、閉館するビジネスホテルのロッカーの回収作業下見でエレベーターの寸法チェックしています




このエレベーターにスチール什器を搬入し撤去できるかサイズを測ります




名古屋市中村区で、閉館するビジネスホテルのロッカーの回収作業下見でエレベーター寸法チェックしています。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




この中華料理屋のインパクトが強くほとほと関心しました。







退去する際はこの新聞はどうするのだろう。







若い方々のデートやお客様を連れて行く時でもこのお店は使えるのだろうか。。







ただとても安いのでお客様はそれなりに居てにぎわっていました。







色んな心配と興味が沸いたお店でした。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




現場に行くと必要なカウンター、机、社長さん及び所長さんの机、事務員さんの机、電子レンジ、冷蔵庫、コピー機が置いてあるだけでした。







そして屋内をみんなで掃除していつでも終われる準備をしていました。







 こういった設備工事会社で特に住宅などの設備工事は売れ行きが大きく上がったり下がったりするので特に景気に左右されやすい為 少しでも利益を損なわない為に事業を拡大・縮小を繰り返し行うと言う事に感心しました。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




中古のグラインダーの回収も依頼されました。







中古のグラインダーと言うのはモーターがついているので3年~5年程の新しいものではないと売れないという事でこれも見てみると古い為売れないなと思いました。











愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




重油タンクを撤去した後の場所を見てみると、ちょろちょろと重油タンクの置いてあった下に重油の漏れが見つかりました。







重油タンクとはいえ少しずつ漏れている可能性が有ったようです。







普通重油タンクの下は重油が漏れるといけないので砂地になっていたりする場合があるのですがこの設置場所にはモルタルで固定されていました。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




横にした重油タンクを大型トラックに積みこむのですが、円柱形なのでタンクの左右からレバーブロックとワイヤーをかけて転がらないように固定します。







こうした一連の作業を経て運ぶ時に重油タンクが転がり落ちない為の措置をとります。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




横にしてトラックに積みこんだ重油タンクですが、レバーブロックを使用して左右から固定します。







こうした一連の作業をして走行中にタンクが左右に揺れたりガタつかないように固定します。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




山下商店でも引取り商品の問い合わせがあります。







パイプ椅子は山下商店では引取り可能です。







しかしこの座面のビニールやスポンジがついているものとなると、買取りさせていただく際にも買取金額のお支払額が下がります。




お手数ではありますが処分の際は座面や背面のスポンジとビニールを取り外していただくと大変助かります。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




中村区の雑居ビル2階にある旅行会社事務所からの回収予定の金庫です。







金庫って何で出来ているかご存じでしょうか。




パッと見からは鉄の塊と思う方も多いかもしれません。




実は金庫は大体のものが表面を鉄で覆われていてその中に気泡コンクリートと呼ばれる特殊なコンクリートで固められて作られています。




耐火金庫と呼ばれるものはJIS規格での規定があり火災発生から2時間もの間金庫内の温度を紙が焦げる手前の規定温度177度以下に抑えなければならないという決まりがあります。 




その為鉄だけで作られていると中にある大切なお札や証券、書類などが金庫が壊れるより先に焦げたり燃えたりしてしまいます。




その温度を守るために気泡コンクリートが開発され耐火金庫に使用されることとなりました。




その気泡コンクリートにも寿命はあります。 




寿命をよく知って耐火期限が落ちる前に更新することも大切です。