ステンレス回収事例


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




その水槽を回収するには水槽設備とポンプを含む設備なども分解しなくてはならず、あらかじめポンプ部分の解体と水槽と水槽が載っている台を取り外していかなければなりません。







この作業を行うとなると人間が4人は必要になります。







まずは3人が水槽を持ち上げ台を取り除きそれと同時にポンプと配線もはずさなくてはならないという事が判明しました。







 作業自体は30分も有れば撤去は可能かなと思いましたが、人数は少なく見積もってもどうしても4人は必要となるので、作業当日は朝8時に集合し現場に向かいました。