ステンレス回収


愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




革細工作の会社で、ベルトや金具も製作していてその金具などの金属加工する際、模様を付ける時にサンドブラストの機械を使用しているそうです。







その為そのサンドブラスト機械の回収を依頼されました。







この機械も丁度地下一階に設置されていたので【この機械はどうやって搬入したのですか?】と伺いました。







 すると【貨物用のエレベーターがあるのでそれを使用して搬入したんです】という事を教えていただきました。







 このサンドブラストの機械も回収するという事で打合せを行わせていただきました。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




伺った先は山下商店からほど近い近所にあるという事もあり快く引取らせていただくことになりました。







 一般個人宅でも鉄屑が出る事が時々あります。




そうした場合は一度伺いお見積りを算出させていただきそれをご納得いただいた上で作業をさせていただいています。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




 せっかく念願の車を手に入れたそうなのですが夏は暑く冬は寒いとの事で家族からは【絶対に乗らない】という事でした。







 こうした車に乗るにしても【絶対的な覚悟と根性】が必用なんだなぁとつくづく感心しました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




 回収条件・場所・スクラップ置き場などの場所をあらかじめ打合せで決めておくと当日作業の際もスムーズに行う事が出来ます。







しかし 当日回収先の周りの店舗も営業していることが当然ある為、注意が必要なのでこれからもこうした事で色んな工夫や準備をしながら取り組んでいきたいと思います。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




伺った先の名古屋市南区にあったCDやDVDレンタルの店舗が今回の現場です。







最近では、音楽もオンラインでダウンロードして、スマートフォンやパソコンなどに保存し聞いたり映像もこれまた然りな状況になりこうしたCDやDVDなどのレンタル業と言った業種の営業がナカナカ難しくなりつつあります。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




社員一人一人がみんなの前では言いづらい事などをゆっくり二人会いで聞く事により、それぞれの思いを話しやすくなってコミュニケーションも密に取る事が出来て、関係性もうまくいき、退職をしていく社員さんも減っていきました。







 事故や怪我が多く問題などもある方は除いて、まじめにきちんと働いている方には長く働いて欲しいし、尚且つ求人募集に関しての掲載料やら、経費を考えると一年間でも100万~のお金が経費として掛かってしまう事もあります。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




骨組みだけにした後、インパクトを使用し取り外してバラバラにするという作業工程をご説明いたしました。







ネジの大きさもボルトの間のスパンなどの幅なども測り、その後その間隔などが分かりやすいように、写真も幾つか撮影し後々山下商店のスタッフに説明し作業の段取りがしやすい様に準備しなくてはなりません。







色々下見をした上で、細かな部分も撮影した写真を見ながら伺うスタッフ一同で、作業手順や段取り確認を行いました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




布プロッターの作業台撤去の件ですが、おおよその長さが10m位ありました。







大体の大きさは長さ10mで巾2m位と言ったところでしょうか、2m×2mの台をつなぎ合わせて作られているようなとても大きなものです。







 まずはその10m程の大きな台をそれぞれネジを取り外し分離する作業を行います。







その後は分離した上の板の取り外し作業を行います。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







実際には羊羹は元々餡を練り棹に流して固めたものという事で、羊羹に関しては【1本・2本】と呼ばず【1棹・2棹】と言う単位での数え方になったというのが【棹】と数える由来の様です。







 和菓子を買い求める際に店主に聞いたこの単位、一つ一つを見流してしまえばそれまでですが、ふとそこに疑問がわき質問をすると更に深いことを知ることが出来て楽しいものだなと思いました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




その巨大なクリスマスツリーの周りではメリーゴーランドが回っていたり、北欧のノスタルジックな雰囲気に包まれる をテーマに様々なデコレーションが施されていました。







 そのクリスマスツリーの近くには高さ3m程は有ろうかというサイズのビッグサンタがでたりインスタスポットとして色々な人がスマートフォンのカメラを向け撮影をしていました。







12月の毎週末は飲料サンプルの配布や様々なイベントも行われて更にクリスマスを盛り上げていました。