バタ角


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




名古屋市名東区にあるリフォーム会社へ伺いました。







こちらの企業もリフォーム業から出るスクラップ品の処分に困ってらっしゃるとの事でした。







こちらの事務所へ伺うと 事務用什器・ロッカー・ガスレンジ・フードなど色々ありました。







これくらいの物量なら回収は可能であるという事で打ち合わせの上お見積りを提出いたしました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




重油タンクを固定しクレーンで持ち上げるとスムーズに重油タンクが吊り上がってくるのでその重油タンクの横に予め設置しておいた敷き鉄板(1.5m×3mの鉄板)の上に乗せます。







この敷き鉄板の下にはスピードローラーを設置してあり、その鉄板を台車として利用する為、そこへ件の重油タンクを積み移動します。







重油タンクを台車に乗せてゆっくりとフォークリフトで広い場所まで引っ張り出します。







そして広い場所に出てきたら重油タンクをまず本体をまっすぐ立てて縦型にし、クレーンでゆっくりと横に寝かせる様に置きます。







重油タンクを横に寝かせたらバタ角を使用し転がらないように固定します。







その後、ワイヤーをかけなおしトラックをゆっくり移動し重油タンクを積み込みます。







タンクをトラックに積んだ後、ガッチャというチェーンの付いた器具で固定してトラックから転がり落ちないようにして回収をします。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




パンチング材料の引取りですがこれは材料用の木枠の上にいろんな種類の鉄板が置いてあったのですが、実はこれを1個1個現場で鉄板だけ取ってきて間の木枠は別の所に置いてという作業を繰り返して行っていたのですが、この作業だと1時間程で20枚程しか作業が進みませんでした。







【これでは大変だ】という事で、それまで1枚ずつ運んでいた鉄板を5枚ずつのブロックに分け鉄板を、そのままトラックに積み込みそれを7~8段程積み 上には先ほどと同じくバタ角を挟みレバーブロックで固定しました。




そしてこれを会社に持ち帰ってすべての鉄板を通称リフマグ(正式名称はリフティングマグネットといいます)を使って降ろしその間にある木枠は全て手作業で荷下ろしをしました。







そういった作業を繰り返し4t車1台で大体30分程の時間を要しました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




パンチング屋さんの作業台の引き取りをしました。




ここは簡単に言うと木材で作った台の上にごつい鉄板を置いて使用していたのでそのままこの台を天井クレーンで出して処分しました。







途中色々な道具が落ちてきてはいけないので細かい道具は、トラックで下ろしました。




移動中鉄板がズレるといけないのでガッチャで縛り固定しました。




しかしガッチャで固定していても鉄同士が滑ってしまうと危険なのでその間にバタ角を置き滑らない様に固定し移動が出来るようにしました。