名古屋市


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




京都町屋造りの事務所も沢山見かけることが出来ます。







そうした中にも鍾馗さんが、じっと道路を見据えてお守りされており 歩いてみて回るとそれぞれの鍾馗さんの表情も様々なものを見かけることができます。







 こうした昔からの伝統を守り 昔ながらの町屋造りの街並みを守って京都の観光は発展してきたんだなと思いました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







 今回見学に行った6階建てマンションの中の詳細として2階~6階まではマンションで居住スペースとなっていました。







その中のうちのワーキングスペースにあるコミュニティ掲示板には、その方たちが催しているイベントでカレーを作ってみようとかパンを焼いてみようとかいう料理教室的な事を行うといったようなコミュニティ活動を行っているそうです。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




京都の狭い路地裏を散策していくと隠れ家的にひっそりとした佇まいのBARや小料理屋などの飲食店も多数見かけます。







 京都は路地裏とは言え普通に歩いていてもコーヒー屋さんや雑貨店 お香のお店など多種に渡りいろんな店が反映していて、一筋違う路地を歩くとまた違うお店などもあり散策もとても楽しいです。







 そうした中でたまにふらっと入ったお店で出会う料理などを見つけるととても嬉しくなります。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







人生100年時代と言われる昨今 仕事をリタイアして夫婦や家族と過ごす時間が増えてくることになります。







 すると世の中の人々みんなのライフスタイルも相当変異していくのだろうなと色々考えてしまいました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




最近は少子高齢化の影響もありお墓の守りをする人も減り子供に、墓守を頼むとしても大変だと考える方が多い為実際に早めの墓じまいをする方がふえていると聞きました。







 けれど実際に自分の家のお墓のすぐ近くでこうした墓じまいが、行われているんだなとしんみりしてしまいました。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







ラックジョバーは富山の薬売りではないですが、アチコチで陳列スペースを間借りし販売する方式だそうです。







ですが行く先々の場所で使用する陳列ツールは必要な為こうして増えていくことになるのだそうで、その為使用しなくなった棚が増えすぎた為処分して欲しいとのご依頼がありました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







この会社はアクセサリーの輸入販売会社で一般の店舗へも小売りをしているそうです。







 実際には、自社にも陳列し展示をする為の什器は保管しておかなければならないそうで、こうしたラックジョバーと言うアクセサリーを巡回しつつ販売する時に使用するツールや備品を鉄で作り置いてあるそうです。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




写真にあるような色々な金属がある場合は、それぞれの部品を取り除いたり個所で金属分析を用いて分析をかけていきます。







その際にこうした丸い物、錆びが付いたものなどは、ゴミや不純物をきれいに取り除いた上で分析をかけていくことになります。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




こうしたコバルトの値が高い金属は最近では【レアメタル】と呼ばれ、価格が高くなりつつあります。







 そういう点で見るととても良い素材だなという事になり、高値で取引されます。







この場合のハステロイの価格は㎏あたり大体1800~2000円程での取引がされており金属の中でも高額なものとなります。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







佐賀大学の入口につくとまず目に付いたのは入場券の自販機でした。







【大学に入るのにお金を払って入場券を購入する必要があるのか?】と正直ちょっと驚きましたが、まずは入場券を購入して佐賀大学の構内に立ち入らない事には、モノタロウAI無人店を見ることが出来ないので、ここはひとまず入場券を購入して中に入る事ができました。