#環境展


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




僕が今回聞きに行った一番の目玉は、小型ナゲット機の詳細を知りたかったからです。







今後やりたい業種としては【小型ナゲット機を導入して銅線の買取を強化したい】と言う思いからでした。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




モーターリゼーション先進国のヨーロッパに学び、 大型シュレッダー・粉砕機等が、日本製メーカーも多数出品されていました。




本来ならば自国で発生した産業廃棄物は、自分の国で処理すべきなのですが、 ヨーロッパの国はちゃんと自国でリサイクルシステムを作っていました。




自国での処理をしないで、 高度成長を続けてきた国に高値で転売できるので、 リサイクル業界のニューウェーブとして 雑品専門の輸出業者も次々と出店していました。




時代の流れには逆らえないので、 日本も自国でのリサイクルシステムを完結する、巡回型リサイクルシステムの幕開けとなる時期となりました。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




東京ビッグサイトの環境展に行ってきました。




2018年、中国の雑品の輸入規制により、鉄リサイクル業界も 大きな影響を受けました。




それまでは、家庭雑品(電子レンジ・エアコン・PC等)、工業系雑品(トランス・工業用エアコン・モーター・産業機械の配電盤等) が、そのまま中国に輸出されていました。




ところが、去年の年末に輸入禁止となり行き場を失った家電雑品や工業系雑品が多量に売れ残ってしまい 港に大量に在庫の山となってしまいました。




日本は工業が盛んなので、環境展ではこれらの機械、 機器をどのようにしたら早く、低コストで非鉄金属と鉄類に 分別できるのか?が今後の課題となります。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




ある日のこと、お客さんから、東京の展示会に行くので1日付き合ってくれないかとお願いされました。




約束の日に東京ビッグサイトで開催されている展示会に行くと会場には所狭しと工業製品が、並んでいました。




その中にある一つの部品メーカーの商品が並べられていました。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




山下商店のお客さんで 父と息子の2代にわたり色んな新商品の開発をしていて下請け企業の脱却を図っている会社がありました。




今まで開発してきたものは、ハンバーグの鉄板焼き機からゴルフのマーカー、iPhoneの便利グッズなど。。。新たな商品を開発する度に、試作品を持ってきてそこにいる人たちに意見を聞いていました。