鉄くず値段


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




そんな大阪の代表的なソウルフードである紅ショウガ天婦羅ですが、今回は油でカリカリに揚げられたスナック菓子として作られたものが販売されていました。







 ヘソプロダクションが【歴史ある関西の食連想させるソウルフードを使ったお菓子を】という事で、大阪梅田駅構内で販売する事になったようです。







 大阪構内のさらなる活性化を目指し2020年大阪梅田駅にて販売されることになりました。







今後も定番のお土産として売り上げが上がっていくといいなと思います。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




価格の安定というところで、先が見えにくいのが鉄です。







先日、共英製鋼さんの所長の話を聞く機会があったのですが、こんなことを教えてくださいました。







今、世界では20億トンの鉄が作られているのですが、そのうちの10億トンは中国が作っているようです。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




レッカーを使用しての作業はそう簡単に行えるものではない為、搬出はちょっと微妙な所ですが ひょっとすると建物の屋根を一度取り外しそこからの撤去になるかもしれないという事も考えなくてはいけないなと思いました。







 このブロアーポンプは重量が2t半ある為、どのみちレッカーでの撤去作業となる事は覚悟をして作業に当たりたいと思いました。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




しかし大型の町屋造りになるととても高額の為、例え町屋造りの家でも人気があるとはいえそうやすやすと販売に至る訳も無く、勿体ない事に更地にされることもあるそうです。







 そうした土地には民泊バブルの為、民泊用ホテル建設となったりしています。







大阪万博を控えていることもあり京都の民泊施設も距離的には十分射程圏内だと思うのでそうした意味でもこれからは京都観光からの大阪観光の為の民泊需要が増える為京都全体の町屋がある街並みもこうして徐々に変わっていくのかなぁと感じています。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




 食事睡眠運動なのですが、食事は特に十年後の身体を作る為にとても大切だと思っています。







 僕はコンビニのお弁当やらデパートのお惣菜などがあまり好きではない為こうして時に自分で自炊をして夕食を摂ることがあります。







 ダメならばきちんとした保存食として作った料理を食べるように心がけています。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




車は置かせていただくことが出来る為、もし搬出の際お昼に差し掛かってしまったらお昼を食べる場所も確保が必要になります。







 今回の搬出先の近くには【蒲郡桔梗屋】といううどん店があった為、この店舗も一応作業とは関係ないですが、写真に収めました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




京都の町屋が立ち並ぶ路地 上がる、下るなどありますが、そうした景観を崩さない様に様々な工夫が施されています。







 パッと見の外観は低い町屋造りの2階建てのような低層階構造の建物が多く見られ、その奥に高層階のビルやマンションなどが立ち並んで居る事が多々あります。







 こうして手前には町屋造りの建築物、その奥に高層階のビルなどを建てないと京都本来の景観が損なわれてしまうという事で京都の町全体がこうした造りを意識して建てられているそうです。





京都町屋造りの研修に参加した時に休憩を兼ねて京都の寺院で過ごす時間がありました。







町屋が立ち並ぶ街並みは当然道幅もとても狭くてごちゃごちゃしています、しかしこのお寺の周辺だけは何故か道もゆったりとして時間がとまったようないい雰囲気をあじわいました。







 京都はお寺がとてもたくさんある市街地ですが、こうした街並みの中に人々が集いゆったりとした時間をすごしているのかなと思いました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




意気揚々と自宅付近での園芸作業に勤しむ外山社長ですが、苗を仕入れる際にも遠くへ遠征されることも有るそうです。







苗を見に行く先も、静岡県や長野県といった県外へも遠征されるそうですが【最近はあまりいい苗木がみつからないんだ】とぼやいていました。







 そして農家の方や苗木を販売している方に話しかけては苗木の育て方や注意点コツなどを色々聞いて知識を広めつつ日々の作業に生かしているそうです。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




春先になり温かくなってくると外に出して育てるそうです。







 実際のドラゴンフルーツは、サボテンの様な月下美人の様な外観でトゲトゲしたものに花が咲き花びらが散るとその花弁が実になり大きく育つと収穫するという流れの様です。







 ドラゴンフルーツを栽培している方はそうそうお目にかかれないので興味深い話を沢山伺う事が出来ました。