鉄スクラップ回収


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




メロンやスイカは作るのは良いのですが収穫時期も一度に行わなくてはならない為とても大変だそうです。







 ドラゴンフルーツの収穫時期に関しては 早いと酸っぱいし熟しすぎても食べられないという事で収穫に関してはしっかり観察をしていかないといけないようです。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







最近スーパーでもドラゴンフルーツをちょくちょく見かけることが増えました。




しかし、このドラゴンフルーツは熱帯地方が産地の為冬に霜が降りたりするとドラゴンフルーツの木は枯れてしまうそうです。







 どうやって栽培しているのかなと思ったら鉢植えにして冬場の場合は屋内に入れ生育するそうです。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




名古屋市中区金山にある事務所什器の回収現場先へ伺う際丁度お昼に差し掛かり何か美味しいものはないかなと思っているとちょうど【お好み焼き屋】さんが【お好み焼きランチ】をやっていました。







 気になったのでお腹を満たしに店内へ入ると先に居た中年カップルのお客さん達がビールを飲みながらお好み焼きで一杯やっていて【いいなぁ。鉄板料理だとこういった楽しみもあるって。しかし平日昼間から飲めるってのがまたいいなぁ】と思いました。







 この金山のお好み屋さんは昔からあるお店え、価格もとてもリーズナブルでおなか一杯食べられるしとてもいいお店だと思いました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







名古屋市名東区にあるパチンコ店にある駐車場の片隅に回収を依頼されたスチールロッカーや会議用の椅子が置いてありました。







更には屋上駐車場の端にも更衣室用ロッカー、お客様の荷物入れにする為のリターナブルコインロッカーがありました。







カウンターなども古くなり、交換するとのことだったのでそのカウンターの回収も依頼されました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




ある程度の量をリフマグで回収した後は、スコップですくい少量のスクラップをさらにトラックに積みます。







 最後はほうきで掃除をしてきれいな状態にして回収完了という作業の流れになっています。







この工場の様にバラで鉄スクラップを置くスペースを確保している場合鉄スクラップのサイズなどもそう細かくして処分しなくていいというメリットもある為、とても便利だという事で未だにこの方法を採用しています。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




作業自体はやはり30分程度で撤去できるようなものでしたので、4人がかりで水槽を工場内から移動し工場にあったクレーンを使用した上でトラックに積み込みをしました。







 広くなった事務所を見てみると、大きな水槽を撤去した後の現場はとても広々とするものだなぁと実感しました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







京都の町屋を利用して色んなお店が進出していることがあります。







今回見つけたのは東京から進出したと言う麻布というレストランがありました。







東京で流行りのお店を京都の町屋で味わう事が出来る。







こうした出会いもとても素敵ですね。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




京都町屋のコアワーキングスペースを見学しました。







 6階建てのマンションの1階奥のフロアなのですがとてもオシャレな造りになっていて外観とは別にとても快適で作業も捗る造りになっていました。







 そのコアワーキングスペースでは、料理教室を開催したり色んな催しがおこなわれているそうです。







古い町屋の外観も維持しつつ木の香りの漂うオシャレなスペースでの作業が出来るところが素晴らしいなと思いました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




それは【鍾馗さん】と言われる瓦人形ですが、江戸末期ごろ、京都三条の薬屋が立派な鬼瓦を葺いたところ、向かいの家の住人が突然原因不明の病に倒れました。







これは薬屋の鬼瓦に跳ね返された悪いものが向かいの家に入ったのが原因と考え、鬼よりも強いとされる【鍾馗さん】の人形を瓦屋に作らせて屋根の上に据えたところ、住人の病はたちまち完治したということで京都の屋根にはこうした光景があちらこちらに見られるようになったそうです。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







 すこし【ウゥ~~~】と唸り苦しそうな顔はしますが、少しすると【ゴクッ】と飲んで花をペロペロッと舐め【飲んだよ】と教えてくれます。










 その後無事呑み込めていると吐き出す事も無い為こうして薬を投薬しています。