鉄回収


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




京都の地名として 上る と下る と言う言葉が付く地名があります。







実際の【上る】と【下る】の違いをご存知でしょうか。  







よく使われているのは【上る】【下る】【西入】【東入】という言葉ですが、【上る】というのは【北へ向かう】と言う意味合い【下る】と言うのは【南へ向かう】という事で【西入】はそのまま【西へ向かう】【東入】は【東へ向かう】といった感じで使う事が多いようです。







実際の地名からどの方面に向かうのかを【上る、下る、西入、東入】と表現する事によってその地区へ行きやすい説明が出来るという事だそうです。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




そうしたコミュニティ活動の連絡ツールとして掲示板が置かれていました。







その掲示板には各人それぞれの主催者や参加者の方々が【次回はスリランカカレーを作ります】と言う告知をしていたり、自由にイラストを描いたりして催しを色々楽しんでいるようでした。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







 今回見学に行った6階建てマンションの中の詳細として2階~6階まではマンションで居住スペースとなっていました。







その中のうちのワーキングスペースにあるコミュニティ掲示板には、その方たちが催しているイベントでカレーを作ってみようとかパンを焼いてみようとかいう料理教室的な事を行うといったようなコミュニティ活動を行っているそうです。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




京都町屋のコアワーキングスペースを見学しました。







 6階建てのマンションの1階奥のフロアなのですがとてもオシャレな造りになっていて外観とは別にとても快適で作業も捗る造りになっていました。







 そのコアワーキングスペースでは、料理教室を開催したり色んな催しがおこなわれているそうです。







古い町屋の外観も維持しつつ木の香りの漂うオシャレなスペースでの作業が出来るところが素晴らしいなと思いました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




京都の街並みを歩いているとずっと細い路地に行きつくことが多くあります。







その路地をどんどん歩いて行くと、その狭い路地の先で子供たちが遊んでいる光景に出くわす事もあり、実際その地域に住む方々にはその路地が【共有スペース】といった扱いで親しまれているようです。







 そうした共有スペースを利用してイベントを行って居たりバザーがやっていたりしてそうしたスペースの有効活用をしつつ交流を図っているんだなと思いました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




実際この鍾馗さんはとても強く鬼退治でも鬼をばっさばっさ薙ぎ倒す力を備え持っているとの事です。







しかしながら、向かいの家の鍾馗さんと揉めない様にするために正面を向いていない鍾馗さんもいるそうです。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




このワーキングスペースの特徴は【3Dプリンター完備】ということだそうです。







実際にデータを取り込みプリントして立体的な物もこの設備を利用するだけで使えます。







3Dプリンターと言う普段自分達では買う事がそうそうないであろう物をこうしたワーキングスペースを利用する際に、体験し触れることが出来るというのはとても刺激的で今後の仕事に行かせることなども増えてとてもいいなと思いました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




京都町屋のコアワーキングスペースの原型を撮影させてもらいました。







古い京町屋をコアワーキングスペースとして再利用する為リノベーションをしていくのですが、







クリエイティブな空間という事で外国の方々も、ちょっとした際にこちらへ立ち寄り利用される方が多いと聞きちょっと驚きました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







リノベーションの様子もとても格調高く素晴らしい出来栄えで中には写真のような立派なふすま(これは全て手描きの絵だそうです)もありとても個性的かつ素敵なものが多くありました。







 そうしたリノベーション物件でもライトはLEDであったりして、町屋造りの中でも新しい物を取り入れる一方、置いてある調度品は高級感のあふれるこだわりの逸品だったりととても素晴らしい物ばかりでした。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




大阪・京都と色んな地域での見学ツアーだったのですが、見学の後は大懇親会となりました。







その主催者であるシー・エフ・ネッツグループの創業者である倉橋社長のあいさつがありました。







その後研修会と懇親会が京都のホテルにて開催されましたがこれだけの色んな宿泊施設などを見た後だったのに、見劣りしないとても素敵なホテルでの大懇親会となりました。