鉄買取価格


愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




エアコンの回収を依頼されることがあります。







そうした際、フロンガスの問題や エアコン撤去の際の取り外し作業にかかる費用などは別途工賃が掛かる為そうした見積りを出したうえでご検討いただくようにしています







ただエアコンに関しては、他の回収物を撤去・回収した上で一番最後に作業するようにしています。


愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




実際ひきとっても使用しないと単に置き場の無駄遣いという事もあります。







 現在家電は、輸出規制により引取りを出来るものであっても有料である事もあります。







家電品に関しては引取りが出来ない場合もある為、持ち込みや回収の際は一度お電話にてお問合せいただけると幸いです。


愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




工場の片付けの際に【ASAHI】と書いた冷蔵庫がおいてありました。







そこで、「これはどうしたのですが?」と聞くと「近所の居酒屋で不要になった冷蔵庫があるといわれたから貰ってきて冷蔵庫を使用していた」という事でした。







 ASAHIと言うロゴの存在感が凄かったですが、引き取ったはいいものの使う事が無かったという事でした。


愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




 暑さの所為でアレルギーが酷くなるからと言って、散歩に行かない と言うストレスフルになりかねない状況はヨーダにとってもとても悪影響しかない為その選択は出来ない。







 手間はかかるけれど可愛い家族なので、散歩の後は体のクールダウンと清潔を心掛けこの夏を乗り越えられるといいなぁと思っています。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




2か月程前に軟膏やら飲み薬やアレルギーの注射を接種していましたがまた、気温が厚くなるにつれアレルギーが酷くなったヨーダ。







 あれこれ手を尽くしても季節の変化、夏の暑さは室内でもない限りどうしようもありません。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




このカスタムカーを見たのですが、綺麗なデコレーションが施してあり、見とれてしまいました。







 こんな車でオフロードや、海岸沿いなどを走ったらとても気持ちがいいだろうなぁと思いました。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




 今年販売された1500ccのDAIHATSUロッキーです。







精悍なボディにミニバン仕様になっている為最近人気があるようです。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




山下商店は、時々、建築現場からこうした持ち込みもあります。







建設関係、工場など実際はお仕事で金属スクラップが出る方のお持ち込みや依頼が多くあるのですが、個人の方の持ち込みは大歓迎です。







金属だけど処分に困ったなぁと言う状況がある方は、お持ち込みいただくことをお勧めします。


愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




山下商店ではダンプによる金属屑の持ち込みがあります。







今回は、大型ダンプ1車にアルミサッシを積載してダンプアップした上でのお持ち込みがありました。







 これも実際持ち込まれて片付けるとなると、1本1本を手作業で片付ける事もある為、スタッフ総出での作業となる事もあります。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




オーディオ機器の回収依頼を受けた方の現場へ下見をしに行った時の事でした。







依頼主の息子さんに案内され、2階、3階と登っていき、3階のフロアへ足を踏み入れるとそこはとても広く所せましと高級オーディオが置かれていて思わず【凄いなぁ・・・】と声に出てしまいました。










 家族に邪魔をされず一人で作業をこなす、音へのこだわりをとても感じ【音のプロ】とはここまで極めて作業するものなんだなぁと思いました。