銅線買取


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




これは、ある時山本屋総本店の味噌煮込みうどんを食べた後の土鍋の様子です。







 山本屋は味噌煮込みで超有名店でもあるのですが食べた後見てみると、ひび割れがありました。







 とても驚きましたが、このひび割れにこれまでの出汁がしみ込んでおり尚且つ針金で外を固定している為割れているようで割れていない状態となっているようです。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




メリットとしては、自転車での配達も多い為免許が要らない、近くにいる空いてる人が配達することが出来る金銭の授受が不要と言う点。







 実際アメリカでは月収30万を超える猛者も居るそうでこういった革新的な業務形態を創造するという事はどんどん広がると働き方のスタイルも変化しいいのかなと思いました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




実際にはお店から依頼された配達員が、配達した後直接【Uber Eats】から直接お給料が支払われるというシステムらしいです。







 配達を依頼して配達終了までは依頼した後アプリで位置情報を逐一確認できる為 たまに危険な走り方をしている配達員の方もみえます。







 早さと安心を同時に提供できる仕組みこそ、Uber Eats(ウーバーイーツ)が注目を集める理由というコンセプトだそうです。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




毎月一人ずつ社員とサシ飲みで 本音トークを交え交流を図っています。







本来だと一人ずつの面談という事なのですがたまたまこの日は、吉田さんと春日さん二人の日程は金曜日が都合良いという事で、3人でのミーティングとなりました。







 ただ普通のミーティングとも飲み会とも違いこのミーティングは参加してミーティング手当の申請をしてもらえると我が社特有の【ミーティング手当】の支給があるという事、





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




例えばですが、廃タイヤからでた燃料を燃やして鰻養殖の際に温水を作る時生かせるとかいうような事や、セメント工場の一番燃料として使われる重油やバイオエタノールに代わる燃料としてしようするか否かという事や公害問題的には大丈夫なのか否かの検討も重要だと思います。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




バイオ燃料は廃プラスチックと木質廃棄物の混合物ですが、製紙会社から出る紙の汚泥なんかも該当する化膿性も出てくる事になると思います。







そうなると今まではゴミとして廃棄していたものが燃料となるというような事もあるかもしれません。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




これらのバイオ燃料は資源の少ない後進国で使用されていることも有ります。







資源調達に置いてのコスト削減を目的とするという意味ではこのバイオ燃料は安く調達できるという意味でとても便利だと思います。







 しかし環境に影響が出やすいという面では、今後も色々な課題が出てくるので慎重に取り扱わなければならないと思います。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




注目されているバイオ燃料ですが、火力が多い分二酸化炭素の排出量もとても多くなります。







 その為当然二酸化炭素の排出権を買わなくてはならず、公害・環境面に置いて色々な所に影響が出るというデメリットもあります。







 しかし廃棄物を極端に減らす事が出来るという意味では、廃棄物が沢山出る企業に置いてはとてもメリットは大きく、廃棄物を利用することが出来る利点もあります。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




 木材チップの大小等色んなものがありますがこれにプラスチック燃料などを混ぜたものに製紙会社から出た紙と合わせて作るバイオマス燃料を作ります。







 火力が強い物や弱いものは混合物を調整する事で出来ますし、廃棄物を利用しているので廃棄コストもかからないというような色んなメリットが発生します。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




この木材を今度は銅線・プラスチック・ペットボトル等のプラスチック燃料を入れたものそして製紙会社から出た紙と合わせてバイオマス原料を作ろうという案が出ています。







 これをどんどんどんどんと再循環の世界として行っていくと、燃料も再循環となる為今後の世の中に必要なのではないかなと思いました。