事例内容

Before写真

After写真

アルミ船のキャビンを回収をしました。

キャビンの中は、大工による内装がほどこされていましたので、現地での解体は、無理とあきらめて、そのまま会社に持ち込んで、木をばらし撤去して

アルミニウムの部分だけを残してアルミのみの状態にして、

プラズマで切断しました。

DSC_0126

DSC_0126

DSC_0122

DSC_0122

DSC_0125

DSC_0125

事例内容

Before写真

After写真

三重県いなべ市の土場にあるプレハブ小屋解体の依頼

三重県いなべ市にある会社勤めの方から、

お父様が経営していた鉄工所の工場および土場にある金属屑を回収して欲しいという依頼がありました。

行ってみると、資材置き場兼土場にプレハブ小屋が一軒建っていました。

4人で半一ぐらいで大体終わりました。

 

 

中を開けてみると、基礎の上に一カ所がアンカーボルトで固定してあるのみで、残りの三カ所は基礎のモルタル上にH鋼が置いてあるというものでした。

解体当日は、まず折版の上を取り外し、次に横の波板のブリキを取ったあと、扉を外しました。

骨組みだけにしてから、ガスで四点を切断し、三人でロープを使って吊り上げて横に倒すと、天井の四角がゆっくりと南京玉すだれのように倒れていきました。

 

 

事例内容

Before写真

After写真

愛知県名古屋市鉄くず回収、スクラップ処分、てつくず処理の山下商店 山下良太郎です。

愛知県名古市緑区で、2棟の工場設備16台、事務什器類、天井のダクト類、産業廃棄物の撤去作業をしました。

天井のエアコン、送風機、ダクト類は、高所作業車を使用しましたので、作業が予定よりも早く進みました。

事例内容

Before写真

After写真

愛知県名古屋市鉄くず回収、スクラップ処分、てつくず処理の山下商店 山下良太郎です。

2021年3月の初旬でしたので、機械くず20円で算出しています。

機械屑4300kg×20円=86000円

消費税10%      8600円

計          94600円

搬出作業費      23000円×3=69000円

消費税              6900円

計                75900円

差し引き  94600-75900= 18900円の支払いとなりました。

NC旋盤を搬出作業後に、すぐ横にあった別のNC旋盤を移動作業をしました。

午前中の作業も終わったので、片付けの準備をしていると、

「できればでいいのですが、横のNC旋盤を移動おねがしますと。」

まだ昼まで時間があったので、昼飯前の仕事で移動作業をしました。

上の写真の左側のNC旋盤を右に移動しました。

時間も1時間弱で終了しました、

廃棄したNC旋盤の後

 

新しく隣にあったNC旋盤を移動して、直角かどうかを確認しています。

新しく隣にあったNC旋盤を移動して、直角かどうかを確認しています。

 

事例内容

Before写真

After写真

愛知県名古屋市鉄くず回収、スクラップ処分、てつくず処理の山下商店 山下良太郎です。

愛知県名古屋市中川区で、NC旋盤1台を撤去運搬作業作業しました。

 

2021年3月の初旬でしたので、機械くず20円で算出しています。

機械屑4300kg×20円=86000円

消費税10%      8600円

計          94600円

搬出作業費      23000円×3=69000円

消費税              6900円

計                75900円

差し引き  94600-75900= 18900円の支払いとなりました。