愛知県の漁港で、アルミ船のキャビン部分を回収をしました。

事例内容






アルミ船のキャビンを回収をしました。

キャビンの中は、大工による内装がほどこされていましたので、現地での解体は、無理とあきらめて、そのまま会社に持ち込んで、木をばらし撤去して

アルミニウムの部分だけを残してアルミのみの状態にして、

プラズマで切断しました。

DSC_0126

DSC_0126

DSC_0122

DSC_0122

DSC_0125

DSC_0125

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です