グラスウールの撤去は、大変な作業


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




ダクト管にグラスウール素材を巻いてある素材の持ち込みがありました。







このグラスウールはカッターできちんと丁寧にゆっくりと包帯を取り外すようにダクトから取り外さないと、グラスウールの埃や繊維がそこら中に飛散して手や顔などについてしまいます。







 そうするとアチコチとても痒くなったり大変な事になります。







その為こうしてゆっくり丁寧に作業を行わなくてはいけません。







 丁寧な作業をすると後に飛散したグラスウールがアチコチに飛び散ることも無く手や顔などにも付く事が無いのでとても慎重に行う事にしています。