鉄買取 鉄スクラップ

愛知県名古屋市
金属製品・金属くず回収・買い取り

山下商店
まずはお電話を 今すぐ専用ダイヤル 0120-919-968
Call: 0120-919-968

鉄買取 鉄スクラップ

ごあいさつ
引取可能品
施工事例
お客様の声
会社概要
スタッフ紹介

2022年 (令和4年) 11月7日 月曜日 愛知県、名古屋市 真鍮スクラップ、砲金 持ち込み最新相場、買取り価格、値段 市況(単価:円/kg)

2022年 (令和4年) 11月7日 月曜日 愛知県、名古屋市 真鍮スクラップ、砲金 持ち込み最新相場、買取り価格、値段 市況(単価:円/kg)

引取り、多量の場合は相談してください。

 

込真鍮 1kg当たり680円/kg

鋳物真鍮、バルブ、水道用品などのメッキ付き真鍮の混ざりもの。
真鍮製の仏具、仏壇用品、置物なども混真鍮です。

込真鍮とは、建材などに使用される蛇口やドアノブ、電子部品などの設置面などに使用されており、
黄色であることから「黄銅」とも呼ばれます。

 

真鍮 1kg当たり700円/kg

真鍮とは、銅と亜鉛を混ぜ合わせた合金のことを指し、別名:黄銅(こうどう、おうどう)とも呼ばれます。

 

 

 

真鍮ダライ粉 1kg当たり   円/kg

 

真鍮ねじ 1kg当たり 700円/kg

 

 

 

真鍮バルブ (ヘッドがない状態の物) 1kg当たり  700円/kg

砲金屑 1kg当たり  900円/kg

砲金とは、銅合金の一種で、銅Cu と錫Sn の合金。 一般に銅90%、錫10%程度の組成である。粘り強さに優れた性質で靱性に富む性質があることから大砲の砲身の材料であった。鋳造が容易で、耐磨耗性や耐腐食性にも優れる。 大砲に用いられた出自からガンメタルと呼ばれ、昔は大砲の砲身に使われていた金属のようです。そこから名前の由来があったようです。ここから、日本語として砲金という言葉が使われるようになったと言われています。

 

砲金メーター 1kg当たり  880円/kg

真鍮ラジェーター 1kg当たり   450円/kg

 

真鍮ラジェーター

 

鋳物真鍮、バルブ、水道用品などのメッキ付き真鍮の混ざりもの。
真鍮製の仏具、仏壇用品、置物なども混真鍮です。

込真鍮とは、建材などに使用される蛇口やドアノブ、電子部品などの設置面などに使用されており、
黄色であることから「黄銅」とも呼ばれます。

装飾や青緑防止のために亜鉛のメッキがされている場合もあり、
これも込真鍮となります。
おおまかに不純物を極力取り除いた様々な真鍮であるため、”込”真鍮と呼ばれています。

真鍮は真中と漢字を省略している場合もありますが、これも同様の真鍮であり、込真鍮です。

真鍮 1kg当たり  700円/kg

真鍮とは、銅と亜鉛を混ぜ合わせた合金のことを指し、別名:黄銅(こうどう、おうどう)とも呼ばれます。

鋳物真鍮、バルブ、水道用品などのメッキ付き真鍮の混ざりもの。
真鍮製の仏具、仏壇用品、置物なども混真鍮です。

込真鍮とは、建材などに使用される蛇口やドアノブ、電子部品などの設置面などに使用されており、
黄色であることから「黄銅」とも呼ばれます。

装飾や青緑防止のために亜鉛のメッキがされている場合もあり、
これも込真鍮となります。
おおまかに不純物を極力取り除いた様々な真鍮であるため、”込”真鍮と呼ばれています。

真鍮は真中と漢字を省略している場合もありますが、これも同様の真鍮であり、込真鍮です。

身近なところでは、五円硬貨やブラスバンドの金管楽器などでもおなじみの素材。他にも真鍮は、建築物や家具の装飾に使われていたり、腐食がしにくく伝熱性もあることから、工業用のパイプや配管などにも広く使われています。

特徴として、熱によっていろいろな形に加工がしやすい金属であるため、デザイン性の高いインテリア用品や装飾品、文房具に使われています。

もともと金属は、中に含まれるものの割合や、与える熱加減によって色が変わります。

真鍮の歴史をひも解きますと、その歴史は思いのほか古く、二千年以上前のローマ帝国時代にはすでに使われていたという説もあるほど。ちなみに真鍮は銅と亜鉛をかけ合わせて作られる合金です。その配合や熱し方を調整することによってきれいな金色になります。

一般的にはここ数百年の間で精製技術が安定し、広く使われるようになったといわれています。もちろん現在は機械による製造・加工技術が発達していますので、遠いローマ時代の人々からは想像もつかないほど効率的に、各分野で大量生産されています。

ちなみに真鍮の融解温度は約 800~900 度と、金属の中ではそこまで高くはないのですが、それでもあの小さな炉の中は 1,000 度ぐらいにはなっているとのこと。

その中でも大きな割合を占める亜鉛は、含有量が少ないと赤味が強く、軟らかく、亜鉛の含有量の多いと金色に近く硬いという特徴があります。

※亜鉛の含有量によって名前も変わり、丹銅(亜鉛5~20%未満)・七三黄銅(亜鉛30%)・六四黄銅(亜鉛40%)と呼ばれます。

真鍮は、この亜鉛の含有量が20%以上のものを指しており、やや赤みがあり、強度やしなやかさのバランスが取れた金属となっています

身近なところでは、五円硬貨やブラスバンドの金管楽器などでもおなじみの素材。他にもブラス(真鍮)は、建築物や家具の装飾に使われていたり、腐食がしにくく伝熱性もあることから、工業用のパイプや配管などにも広く使われています。

そんなブ真鍮の大きな特徴といえば、人の手に触れたり表面が酸化していくことで風合いも増していきます。

表面になんの塗装も施していない無垢(むく)なままのブラス製品は、はじめはきれいな金色に輝いていますが、だんだん時を重ねていくにつれてくすみはじめ、やがては緑青(ろくしょう)が見られるほどに表情が変化していきます。これが、アンティークのような重厚な雰囲気へと育っていきます。

緑青とは銅が酸化することによってさびが発生し、表面が青緑色になる現象のこと。さびといっても害はなく、内部の腐食を防いだり、抗菌力が備わるなどの利点が緑青にはあります。

ブラスも銅と亜鉛の合成金属ですので、時間がたてば、やがては緑青が発生することになります。
もちろん、重曹や専用の緑青落としなどを使えばかんたんに落とすことができますし、装飾品、カトラリーなどはこまめに拭いて水気をとっておくことで、きれいな金色を保つことができます。

 

工場や作業所等で発生することの多い非鉄金属のスクラップを回収・買取することで多数のお客様から高い評価をいただいております。幅広く取り扱っておりますので、スクラップの処分でお困りの方は、まずはご相談いただくことをおすすめいたします。
鉄スクラップを主に取り扱っておりますが、銅系のスクラップや被覆線といったものも買取実績が豊富ですので、総合的にお任せいただけます。非鉄軽金属のスクラップや廃品を処分したいけれど、どの業者が良いのか分からないとお困りの方は、ぜひ回収・買取実績が豊富な山下商店株式会社へご連絡ください。

 

非鉄金属は貴重な再生資源となるものですので、それらの回収・買取を行うということはリサイクルを推進し、循環型社会の実現に対して大きく貢献できているということになります。山下商店株式会社では、現場スタッフ・バックオフィススタッフを問わず、社員が一丸となって地球環境の保全に尽くしております。

お客様のご要望に対してスピーディーかつフレキシブルに対応することで、これまでに幅広いお客様からご好評をいただいております。大規模な工場や作業場では日々大量のスクラップや廃材が発生することが多く、それらの回収・買取を行う業者はすぐに対応をしなければなりません。
名古屋エリアでの実績が豊富な山下商店株式会社では、ご連絡をいただいてからの対応がとてもスピーディーかつ正確ですので、お客様をお待たせすることなくしっかりとスクラップを査定し、回収・買取をいたします。実際にご依頼いただいてからの流れはにて分かり問い合わせページからご連絡ください。対応が迅速な業者に任せたいとお考えの方はぜひ一度ご覧ください。

 

 

 

 


上記以外の砲金、真鍮スクラップは、10kg以上での持ち込み価格です。

名古屋駅から車で15分くらいです。

搬入先は会社概要に地図がありますのでご確認ください。

少量の場合は買い取り価格が若干下がります。
引き取り希望の方はご連絡下さい。

最後まで、目を通していただきありがとうございます。

以上持ち込み価格です。

持ち込みの場合は、御一報下さい。分からない点があれば、お電話下さい。

下記砲金、真鍮製スクラップ買取致します。

灰皿・真鍮水道用品、ガスメーター・仏具・食器・スクリュー

給排水管、水道蛇口やバルブ、ナット、仏具、カギ、模型、金管楽器・シンバル

燃料コック・灰皿・灯油バーナー・縦型ストレーナー・キーホルダー・ペーパーホルダー・シンチュウバルブ・真鍮茶釜・三又ホースソケット・エアーホースツインソケット・ねじ込接手・洗浄管連結異径蛇口・継手チーズ・ナット・ボルト・コア継手知対応真鍮製ブッシング・ポリパイプ継手・真鍮製ブッシュ・ミニボールバルブ・

真鍮製異径継手・真鍮製金具配管パイプ シェラトンスィート・真鍮製両ナットフレキチーズ・SPジョイント・減圧弁・ドレネード継手・ネジ込グローブバルブ・浴槽用水栓金具・シングルレバー混合水栓・キッチン蛇口・真鍮製鋳造配管・低床用フロァーコンセント・燃料フィルター・真鍮製装飾金具・ワニ口クリップ・

ドレンプラグ・4口切り替えバルブ・ガスキャップ・真鍮多口圧縮ヘッド・クリップ金具・ストリートエルボ・真鍮チューブ・切り替え弁・丸棒・フラットバー・シリンダー・マルチ分岐弁・三方口バルブ・真鍮製灯油バーナーギアビボックス・ハイカプラ・ボールネジ・プーリー・ベッセルコンセント・シャワーヘッド・エンドキャップ

ニードルバルブハンドル付き・両口ジョインチ・酸素メーター・アセチレンメーター・花立・スワン型蛇口・香炉・仏器・ろうそく立て・おりん・花器・ドラムシンバル・コントロールバルブ・ワンタッチカプラー・マグネットエアーダスター

真鍮とは、銅と亜鉛を混ぜ合わせた合金のことを指し、別名:黄銅(こうどう、おうどう)とも呼ばれます。

特徴として、熱によっていろいろな形に加工がしやすい金属であるため、デザイン性の高いインテリア用品や装飾品、文房具に使われています。

もともと金属は、中に含まれるものの割合や、与える熱加減によって色が変わります。

その中でも大きな割合を占める亜鉛は、含有量が少ないと赤味が強く、軟らかく、亜鉛の含有量の多いと金色に近く硬いという特徴があります。

真鍮は、この亜鉛の含有量が20%以上のものを指しており、やや赤みがあり、強度やしなやかさのバランスが取れた金属となっています。