事務什器類は「薄物」で、目方も乗らないこともあるし、 かさばるので、 効率よく運搬することが難しい商材になります。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

事務什器類の検収は一体どんなものかと言うと

鉄屑ランクの一番上は「新断」と言います。

 

 

プレス工場から出てくる物、

鉄板などを撃ち抜いた物、

レーザー加工で網のように複数の色々な穴があいた抜きカスの板、

などがそれに当たります。

 

これらは上物の鉄屑として、

鉄屑スクラップ業界で流通しています。

 

次に鉄屑「甲山」と言われるものが、その下のランクになります。

これら鉄屑を作る母材としては、

厚物が「ギロ材A」と言われ、

H鋼や鉄骨など1ⅿ以上数ⅿまでのものは、

「ギロ材」と言われています。

[caption id="attachment_31471" align="alignnone" width="150"] 単管パイプ[/caption]

[caption id="attachment_32658" align="alignnone" width="300"] アングルの棚を壊したもの[/caption]

 

そしてその下が、「ギロ材B」「ギロ材C」となります。

 

B、Cは、事務什器類薄物の割合が100%なのか、

他にB級中・厚物の鉄屑があるかのランクによって、

値段なり、鉄屑の検収が決まっていきます。

[caption id="attachment_29932" align="alignnone" width="223"] カーゴテナー[/caption]

 

また、この薄物の中に不純物などが入ってくると、

さらに検収が下がる場合があります。

 

以上が鉄屑薄物の商材の上物から中物、

下級の位置関係になります。

今回は事務什器類が大変多くあったので、

それらを中心に積みました。

 

事務什器類は「薄物」で、目方も乗らないこともあるし、

かさばるので、

効率よく運搬することが難しい商材になります。

さらに、「薄物」というのは、

鉄屑の相場が強い弱いによって、

変動する可能性のある商材です。

鉄屑の薄物は、鉄屑では『中の下』ぐらいと思っていただくのがいいと思います。