愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




 これからは助手席で作業をする際はノートパソコンやスマートフォンで作業をしようと思いますが、スマホを触ったりアップルウォッチでメールチェックをしたりという事もなかなか難しくなってくるのかなと感じています。







 ましてやハンズフリーで、通話をしたとしても、それもながら運転になってしまう為違反となってしまうので意識して気を付けよう思います。







ナビを設定するにしてもちゃんと停止して設定をしないと即処罰されるし、ナビ画面を2秒以上みただけでも【ながら運転とみなされる】というニュースもありました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




我が社の一番新人である工藤さんの運転で現場への道案内を兼ねてかなり久しぶりにトラックの助手席に乗りました。







 久しぶりに乗るトラック助手席の光景は座り心地も視界も広く、色んな景色が新鮮に目に映りました。







 そうしているうちに現場に到着しましたが、助手席に座っている間にパソコン作業をしたりスマホでメールチェックをしたり色々仕事が捗りました。







 運転中は運転に集中しなくてはならない為ながらスマホなんて言う事はもってのほかで2019年12月からのながら運転の罰則や罰金なども厳罰化されました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




京都町屋造りの事務所も沢山見かけることが出来ます。







そうした中にも鍾馗さんが、じっと道路を見据えてお守りされており 歩いてみて回るとそれぞれの鍾馗さんの表情も様々なものを見かけることができます。







 こうした昔からの伝統を守り 昔ながらの町屋造りの街並みを守って京都の観光は発展してきたんだなと思いました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




 京都には数々のお寺や寺院があります。







丁度研修に行っている時大きなお寺が沢山あったので、その中の1つで休憩を取りました。







京都には色んな宗教の様々なお寺がある為、お参りをしちょっとお茶をいただきホッとして心を休める場所も沢山あるんだなと思いました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




ここは一泊10万は下らない価格と言われている京都にある町屋造りの高級旅館です。







 こうして色々と見学をさせてもらうと色んな所に大人の京都を堪能できる繊細な造りになっていて建物の中にはちょっとした中庭に水の流れもあったりしてその景観もとても素敵でした。







部屋を見ると立派な屏風に豪華な絵が描かれている所にはベッドが置かれている寝室スペースでした。




 お風呂場には浴室乾燥機もついて長期宿泊も可能な造りで至れり尽くせりな造りでした。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







昔中学校だった建物を改装し、市民大学院として使用し一般的に開放して大人になってからの勉強が出来るようなカリキュラムを組んでいるという催しが行われていました。







 古い建物をこうして色々な変化をもたらし街づくりの発展に貢献しているようです。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







京都の町屋を利用して色んなお店が進出していることがあります。







今回見つけたのは東京から進出したと言う麻布というレストランがありました。







東京で流行りのお店を京都の町屋で味わう事が出来る。







こうした出会いもとても素敵ですね。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




京都の地名として 上る と下る と言う言葉が付く地名があります。







実際の【上る】と【下る】の違いをご存知でしょうか。  







よく使われているのは【上る】【下る】【西入】【東入】という言葉ですが、【上る】というのは【北へ向かう】と言う意味合い【下る】と言うのは【南へ向かう】という事で【西入】はそのまま【西へ向かう】【東入】は【東へ向かう】といった感じで使う事が多いようです。







実際の地名からどの方面に向かうのかを【上る、下る、西入、東入】と表現する事によってその地区へ行きやすい説明が出来るという事だそうです。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







 京都市内を散策しているときにいくつか見かけた看板ですが、京都の特徴的な町屋造りの建物も結構【売り物件】として看板が掲げられているものをみました。







 古い趣のあるつくりではありますが、やはり維持をするにも住むとするにも色々維持費や課題もある為結局こうした売り物件は中国の方々によく売られることが多くリノベーションをして民泊になったりしていることも有るようだと聞きました。







 とても雰囲気の良い造りなのでもったいないなぁと思いました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




そうしたコミュニティ活動の連絡ツールとして掲示板が置かれていました。







その掲示板には各人それぞれの主催者や参加者の方々が【次回はスリランカカレーを作ります】と言う告知をしていたり、自由にイラストを描いたりして催しを色々楽しんでいるようでした。