燃料タンクの解体撤去



 

ただいま、燃料タンクの解体撤去作業の下見に来ています。

 

そもそも燃料タンクの構造ですが、タンクの上部には屋根があり、一番底の部分には底板があります。

屋根と底板の間には、まるでずん胴鍋のようにも見える円柱状の外壁部分があります。

 

燃料タンクは、「缶詰」を大きくしたような形をしていますが、缶詰が上蓋も底蓋も、円筒の胴部のどこをとっても一枚の金属板で作られているのに対し、燃料タンクの天井部分は、円の中心から放射状にのびた鉄骨の骨組みがあり補強が施されています。

天井部分以外は、缶詰とよく似た構造と言えるでしょう。

外壁は、鉄板でぐるりととりかこまれ端と端を溶接してありますし、その下に底板があります。

 

この構造があるため、燃料タンクは上部から順番に少しずつ切断することで解体作業を行うことになります。


工場移転のために熱交換器の室外機撤去作業の下見に来ています 



 工場移転のために熱交換器の室外機撤去作業の下見に来ています 

 「この度、新しい工場に移転します。いままで利用してきた、こちらの工場は賃貸で借りているものなので、原状復帰が必要です。仕事の都合で設置したいろいろな設備等は、全部取り外さなければいけないのです」とのことでした。

 

この工場には6馬力のエアコンが3台設置されていますが、今回は、その空調設備(室内機と室外機)の撤去作業の下見に伺いました。

(工場の外に設置された)室外機から伸びた配管は、工場内の室外機につながっています。

室外機と室内機をつなぐ配管を取り付ける際には、工場の壁のスレートに穴を開ける必要があるのですが、エアコンを撤去する時には、その穴を塞がなくてはいけません。

 

今回の来所では、その作業のための下見を行いました。


本人も気にしてるあの事



電話で話しているとそその人がどんな人かわわからないでいて

いざ、あってみるとビックリすることがあります。

とてもきれいな話しをされていて

話し上手っていいですね。

 

まだまだ暑い日が続きます。



まだまだ暑い日が続きます。

夏の疲れなどで

体調など崩されてないでしょうか?

エアコンの効いた部屋と炎天下の外の温度差で身体が悲鳴を上げています。

ところで、エアコンはまめにつけたり消したりしなければいけないと

思っていましたが、つけっぱなしのほうが電気代が安いという話を

 聞いたことがありますか?

どうなんでしょうか?貧乏性の私は、すぐに切ってしまいます。

何事もコツコツ継続することが大切だと



何事もコツコツ継続することが大切だと

年を重ねるごとに感じます。

これからも背伸びせずにコツコツ頑張ります!

こつこつが1年では、大したことないですが、

10年、20年、30年となるとギネスものとなります。

先日久しぶりにかき氷を食べました(^ー^)



 お盆休みが明けました。皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

 先日久しぶりにかき氷を食べました(^^)

 定番のイチゴのシロップが大好きなんですよね~。

頭がキーンとしましたが、暑い夏に食べるとやっぱりおいしいです♪

最近ではかき氷の専門店もあるようで、一度食べに行きたいです。

うどんのチェーン店に行ったのですが、思い出せない人が…。1

先日、仕事の途中で昼食を取りにうどんのチェーン店に行ったのですが、
その帰りにこんなことがありました。

うどんを食べ、駐車場に止めてある車に戻ったところ、
向かいの車から一人の 男性が出てきました。
どこかで見たことがある男性、なのにすぐに名前が出てきません(汗)。

知り合いであることはたしかでしたので、
私は軽く会釈をしました。その男性は、私の他人行儀な感じにキョトンとしています。
私はばつが悪くなって、車のエンジンをかけ、
アクセルを踏み駐車場から出て行きました。

運転をしながら、あの男性は誰だったかなぁとよくよく考えて、
やっと思い出しました。先程の男性は、4年前にお世話になったとある社長でした。
その社長は当時、運悪く工場を廃業されてしまった方でした。

当時は担当者がいたので直接その  社長とお話をする機会は少なく、
そんな経緯もあってなかなか思い出せなかったのですが、
まだ元気でいてくださってなによりでした。

 

たしかに、知り合いであることはたしかでしたが、思いだせないことって。



知り合いであることはたしかでしたので、
私は軽く会釈をしました。その男性は、私の他人行儀な感じにキョトンとしています。
私はばつが悪くなって、車のエンジンをかけ、
アクセルを踏み駐車場から出て行きました。

運転をしながら、あの男性は誰だったかなぁとよくよく考えて、
やっと思い出しました。先程の男性は、4年前にお世話になったとある社長でした。
その社長は当時、運悪く工場を廃業されてしまった方でした。

当時は担当者がいたので直接その  社長とお話をする機会は少なく、
そんな経緯もあってなかなか思い出せなかったのですが、
まだ元気でいてくださってなによりでした。

 

運転をしながら、あの男性は誰だったかなぁとよくよく考えてみると。



運転をしながら、あの男性は誰だったかなぁとよくよく考えて、
やっと思い出しました。先程の男性は、4年前にお世話になったとある社長でした。
その社長は当時、運悪く工場を廃業されてしまった方でした。

当時は担当者がいたので直接その  社長とお話をする機会は少なく、
そんな経緯もあってなかなか思い出せなかったのですが、
まだ元気でいてくださってなによりでした。

ただ、ひとつ気になったことがありました。
当時は肌のハリや、それからバリバリ働く社長としての雰囲気(オーラ)が
あったのですが、それらがなくなり、少しやつれた感じになっていたのです。
まだあれから4年しか経っていないのに・・・。

よくいろんな方から伺うのですが、商売をやめてしまった方や、
もしくは大企業を定年退職された方(とくに男性)が、その後、
やることがないと一気に老け込んで しまうと・・・。

 

生涯現役宣言をされただ、ひとつ気になったことがありました。



ただ、ひとつ気になったことがありました。
当時は肌のハリや、それからバリバリ働く社長としての雰囲気(オーラ)が

あったのですが、それらがなくなり、少しやつれた感じになっていたのです。
まだあれから4年しか経っていないのに・・・。

よくいろんな方から伺うのですが、商売をやめてしまった方や、
もしくは大企業を定年退職された方(とくに男性)が、その後、
やることがないと一気に老け込んで しまうと・・・。

私の師匠である先輩経営者は、2年前に後期高齢者(75歳)の認定を受けながらも、
生涯現役宣言をされ、いまだに仕事に励んでおられ、やはり輝いています。

人がいつまでも輝いていられるかどうかは(仕事をするしないに 関わらず)
世の中に必要とされている存在でいられるかどうかが

鍵だと思います。私自身も諸先輩経営者の皆さんに負けないように
グッと前を向いて歩いて行けたらと思っています。