愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




山下商店へお持込み戴く際は、西のJR貨物用線路方面からお越しください。







※上記は西から搬入する際の山下商店入り口からの様子です。 




この道は西から東へ一方通行となっています。







搬入される鉄スクラップはこの建物の左側(車が停まっているあたり)で行います。







お持込みの方はバックで重量計の上にお入り下さい。







重量計の上に乗ったまま一度 計量します。







その後 持ち込まれた鉄を降ろします。







お持込みされた鉄(金属類)を降ろした後再度計量します。







重量に 素材の価格をかけたものを計算します。







お支払いします。







左側へ出てください  ※一方通行の為右へは行けません。







お気をつけてお帰り下さい。


愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




新しい取引先の機械回収の為に下見に伺いました。




始めて伺うお客様なのでどこにスクラップが置いてあるのか、尚且つこれからどういうふうな取引をお願いするのかをヒアリングするために伺いました。




伺った先の会社は、溶接と旋盤を同時に行う事が出来る会社で機械部品などの注文を受けて作っているという事でした。




 状況を拝見しヒアリングをし今後の予定を相談させていただきました。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




うちのお客様の中にハイス(ハイスピードスチールを略してハイス鋼(ハイス)と呼ばれる鋼)のみをNC加工する会社があります。




ハイスと一言で言っても色々な種類があり、ハイスの中に入っているコバルトと言われる成分の量が多いか少ないかによってそのスクラップの価格も変動します。




ハイスに金属分析器を当ててみると普通のハイス51に比べてハイスにはCOと言うのがコバルトなのですがそれが9.84ありました。




実際にこの金属材料は高いらしく加工するにもちょっと難しいと言っていました。




こうして特殊な金属が金属分析器でコバルトの量を調べて実際買い取る際にいくらで買取出来るのかを即座に答えられるようにハンディタイプの金属分析器を持参しその場でスクラップとして出る切粉の値段をお客様にお伝えし取引の打診をしています。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




建設現場に不要なH鋼があるのでそれを持ち込まれました。




持ち込まれたH鋼はサビていましたが元々は新品だったのだろうなと思うほど綺麗な材料でした。




注文をする際に、ちょっと余る程度に注文をして急に足りなくなったという時に工事の工期が遅れると困る為【余った分は廃棄処分】として注文されているようです。




そういった場合に余った建築現場の廃材などの買取りをさせていただいています。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




今回訪れた場所は縫製工場【織物屋さん】の機械が置いてあった場所です。




ここは愛知県稲沢市や一宮市はせんいの街としても有名なのですが、ここにはズボン用の布を織る機械が6台置いてありました。




伺った先の会社自体は30年くらい前に廃業しているのですが、大きいもので1台5t位の重さがある機械もあり、搬出時にとても大変な事と、この織機の周りには織機を使用していた方の子供達が自宅の不要物を次々と持込んで置いてあり機械の一部しか見ることが出来ませんでした。 




最初は真っ暗なので余計に何も見えずとても困りました。




機械の台数と大きさを確認する事が出来たのは良いですが下は土間だし、出入口の間口を見ても限りがあるし【これは難事だなぁ】とびっくりしたのですがそういったものも含めて依頼主と色々打ち合わせをさせていただきました。




依頼主は【鉄がこれだけ沢山あるのだからさぞ沢山お金がもらえるのだろうなぁ。】と楽観視をされていたようですがこれだけのものを撤去するとなると作業に2~3人、日数も数日かかるというコストも考慮してお見積りを積算し提出をさせていただきました。




 いきなり伺い作業をしてお客様にご納得いただけない金額提示等はすることはございません。




 お見積りは無料でお伺いした上で算出し提示致しますのでお気軽にお問合せ下さい。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




ダイス鋼というモリブデンやクロム等の入っているとても固い材料があります。




一般的には鉄の価格よりも若干高いので、まとめておいていただけると普通の買い取りよりも10円~25円程度高く買い取が出来ることがあります。




もちろん成分は計測して行いますがいわゆる特別金属、私たち鉄業界では【特金】と言われるものなので個別に回収してお支払いをさせていただいております。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




山下商店では計量して積載分の重量を測り、その後に降ろしをした後に空車の重量を測りその差額を算出して、鉄くずの買い取りをしています。




その後は事務員さんが手書きの伝票で 品目・重量・キロ当たりの単価をかけたものに消費税を足しお支払いをさせていただいております。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




アルミガラと言われると、あまり耳にすることもなくわかりづらいですが、一般に生地のアルミはアルミ新屑やニュウと言われます。




塗装がついたり若干汚れていたりする物、一部リベット(重ね合わせたアルミを連結するのに用いる金属製の機械部品)なりビスなどがついているものがあり、これを一般的にはアルミガラと呼ばれています。




買取をしたアルミガラはプレスした後に精錬所へ持ち込まれてアルミ精錬をされています。




新材のアルミや新断のアルミに比べると若干歩留まりは悪いのですが、アルミガラはいろんな建設現場でもよく出てくるものなので、日々持込みされたりして買取をさせていただいております。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




よく道路で見かける街路灯ですが、街路灯の中の水銀灯はお客様の所で取っていただいてガラス付きの街路灯の買い取りなどをすることがあります。




もちろんガラス製品は【産業廃棄物】として廃棄処分をすることになります。




街路灯の外側はアルミでできておりクロムメッキなどで外観を綺麗にしていることが多いのですが年数がたつごとに劣化してきます。




現在では、省エネと称し街灯もLED化してきているので使用しなくなった水銀灯を使用した街路灯は少なくなってきていて順次入れ替えをしているようです。




そうした際の真鍮・アルミなども持ち込まれることがあります。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




一般に銅・真鍮・リン青銅・ピカ線など銅成分純度の高い製品は沢山ありますが、水道の蛇口・や仏具などは真鍮がよくつかわれています。




特に住設機器の蛇口などは真鍮がおおく使用されています。




しかし真鍮というのは銅が60%程入っているものが多いので後はいろんな合金を混ぜて作られています。




こういったものをザックリまとめて【込真鍮】と呼んでいます。