愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




ただ参加しない社員に関しては【ミーティング手当】は支給されません。 







 実際密に社員とのコミュニケーションを取り、仕事の悩みや愚痴 あとは仕事の方法についての意見などの情報交換なども行う場としてとても大事な時間であると考えています。







 もちろん彼らの話を聞いて会社として彼らの改善提案意見が通せる部分はそのように伝えるし、どうしてもできない場合は一緒に方法を考えるなど社員と会社との関係性を密にとっています。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




毎月一人ずつ社員とサシ飲みで 本音トークを交え交流を図っています。







本来だと一人ずつの面談という事なのですがたまたまこの日は、吉田さんと春日さん二人の日程は金曜日が都合良いという事で、3人でのミーティングとなりました。







 ただ普通のミーティングとも飲み会とも違いこのミーティングは参加してミーティング手当の申請をしてもらえると我が社特有の【ミーティング手当】の支給があるという事、





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




これらのバイオ燃料は資源の少ない後進国で使用されていることも有ります。







資源調達に置いてのコスト削減を目的とするという意味ではこのバイオ燃料は安く調達できるという意味でとても便利だと思います。







 しかし環境に影響が出やすいという面では、今後も色々な課題が出てくるので慎重に取り扱わなければならないと思います。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




注目されているバイオ燃料ですが、火力が多い分二酸化炭素の排出量もとても多くなります。







 その為当然二酸化炭素の排出権を買わなくてはならず、公害・環境面に置いて色々な所に影響が出るというデメリットもあります。







 しかし廃棄物を極端に減らす事が出来るという意味では、廃棄物が沢山出る企業に置いてはとてもメリットは大きく、廃棄物を利用することが出来る利点もあります。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




これを実際にバイオ燃料として製紙工場やタイヤ工場、セメント工場などで燃料として利用する事もできます。







ここまでくればもう立派な燃料事業としての価値が生まれ周知される事になると思います。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




 木材チップの大小等色んなものがありますがこれにプラスチック燃料などを混ぜたものに製紙会社から出た紙と合わせて作るバイオマス燃料を作ります。







 火力が強い物や弱いものは混合物を調整する事で出来ますし、廃棄物を利用しているので廃棄コストもかからないというような色んなメリットが発生します。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




この木材を今度は銅線・プラスチック・ペットボトル等のプラスチック燃料を入れたものそして製紙会社から出た紙と合わせてバイオマス原料を作ろうという案が出ています。







 これをどんどんどんどんと再循環の世界として行っていくと、燃料も再循環となる為今後の世の中に必要なのではないかなと思いました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




その後ロータリーハンマーでどんどん叩き強打し破砕をして材木を細かく刻み加工しやすくハンマーで細かく砕きチップ化する処理を行っています。







 その後はスクリーンという所に入れて木材の大きさや不純物等を取り除き更にそのチップを選別と言う作業をしています。







そして今度は、そのチップの中に含まれるゴミや金属なども細かく取り除きそのチップを燃料として使っていました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




山下商店もお客様によっては木材の箱やパレットの処理を依頼されることがあります。







その際はその木材処理施設を利用してそれらの木箱やパレットの処理をさせていただいており、その際は当然費用も発生します。







そうした木材の処理を行う際は、マイティクラッシャーという機械を使用してあらかじめ大きなサイズに破砕します。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




2020年2月に山下商店では、什器の入れ替え作業を予定しています。







 その際Aロックを入れてその時にロータリーフォーク 詳しくは木バサミが360度回転するものを入れる予定です。







その時にロータリーフォークやリフマグネットをAロックと言う10分~15分くらいで簡単にアタッチメントを取り外しが出来る機能が付いたものも併せて導入を検討しています。







 尚且つAロックの機能と大きさもしっかりと見させていただきました。