不要な自転車の持ち込み

もう自転車がいらなくなったので、

自転車を手で押して持ち込まれた方がいました。

この方はとても真面目な人で、

なんとゴムタイヤを自分で外して、

金属だけの状態にして、

持ち込まれてきました。

やはりこのゴムタイヤは金属ではないので、

最近はこれらを外さないとスクラップとして処理するのは難しいことになってきています。

こうやってきちんと金属のみ分別されるお客様は、

珍しいのではないでしょうか。

 

 

 

一斗缶の持ち込みの場合、お持ち込みを戴く事が多くお客様自身も持ち込みで来られる方が多いです。

例え少量でも、ある程度の量が有ってもお持ち込みいただければお客様自身にも余計なコストをかける事なく処分出来る為、お電話がでお問合せが有っても直接山下商店へお持ち込みいただくことを強くお勧めしております。

穴はあけてお持込み下さい。

穴の開いてないスプレー缶

一斗缶が大量に持ち込まれました。

例え少量でも、ある程度の量が有ってもお持ち込みいただければお客様自身にも余計なコストをかける事なく処分出来る為、お電話がでお問合せが有っても直接山下商店へお持ち込みいただくことを強くお勧めしております。

大量のアルミ缶

アームロール1車分のアルミ缶

ブリキ薄物「ギロ材C」 の持ち込み

壁などに貼ってあったブリキ板を剥がして、

2t車で1車まるまる持ってきていました。

こういったブリキなどのものは、

なるべく石膏ボードや木などを取り除いていただけるといいと思います。

接着剤がついていて、

木の皮ごと取られてしまうことがありますが、

そういった場合は木の部分だけをスケール引きして、

買い取りをさせて頂いています。

その分は、ご了承いただけると良いかと思います。

 

アルミ印刷版の持ち込み

近所で封筒を作っている印刷屋さんなので、

2、3ヶ月に1回、アルミ印刷板を持ってきます。

 

目方をきちんと測って持ち込みされているので、

キロ当たりの単価で買わせて頂いています。

アルミは最近値上がりが激しくなっています。

このまま高値を維持してくれたらいいなと思っています。

 

 

軽トラックによる建設現場の不要金属の持ち込み

 

山下商店では近くにある工事現場で作業をしている方の持ち込みが度々あります。

アルミなどの非鉄金属は、フレコンに入れて計量しやすくしてくれるお客様もいます。

そのため、貸し出し用のフレコン袋なども用意しています。

 

それに非鉄金属(例えば雑線、アルミサッシなど)を別によけて、計量しやすくするとともに、荷降ろしのスピードアップにも勤めています。

 

兼業農家がテレワークにより農業資材を整理したので、軽トラックでそれらの持ち込みがありました

巷ではテレワークを推奨しています。

自宅でテレワークをしているのですが、時間を持て余してしまうことがあるそうです。

 

兼業農家のこの方は、

ボーっとしていてももったいないとのことで、農機具の小屋を整理して、昔の米びつや使わなくなったスコップ、鎌、そしてビニールハウスに使うパイプなどを短く切って持ち込みされました。

このように体を動かして農作業小屋をきれいにするというのは、コロナでふさぎこんでテレワークをしているよりもずっと気分がいいと言われました。

 

缶やブリキ類は、現地の引取りになる場合は実費をいただいております。

少量の缶、ブリキ類は持ち込み

少量の缶、ブリキ類は持ち込み

そうじゃないと缶やブリキ類といった製品は、重量的にとても計量の物が多い為トラックで伺うとしても運搬費が発生してしまう為です。

ドラム缶

一斗缶が大量に持ち込まれました。

一斗缶持込み

 

時々、山下商店へ直接一斗缶のお持ち込みがあります。

一斗缶の持ち込み

一斗缶の中の残渣(残液)

 

 

 

 

 

 

飲食店などで使用する食用油の一斗缶。

一斗缶持込み

 

 

 

 

 

 

有名ラーメン店やチェーン店などが少しずつ、カラになった一斗缶をお持ち込みされることが多いです。

一斗缶の中の残渣(残液)

山下商店入り口看板

 

軽トラによる棚板持ち込み

軽トラを買ってみたら、「軽トラを貸してほしい」とレンタルを希望される個人企業や事業者さんがちょこちょこいらっしゃいます。

荷台にちょこっと載るぐらいの金属屑の方もいれば、二回に分けて載せるような方もいます。

4トン車などは、乗り慣れてないと難しいですが、軽トラならハイエースなどと変わらない感じで運転できると思います。

また、軽トラとは言え、カーナビもETCもついているので、十分に利便性の高い装備になっています。

昨今、軽トラが品薄状態です。

きちんと整備をして、無料レンタルに近い形で貸し出しを行っているので、とても便利なサービスではないかと自負をしております。

事務什器類の持ち込み

 

最近はコロナ禍の影響でテレワークが中心となってきた感じがします。

 

オフィスビルも

2フロア借りていたところを1フロアにしたり、

3フロア借りていたところを2フロアにしたり、

事務所が2箇所あったところを1箇所にしたり、

など、どんどんと事務スペースを縮小する傾向があります。

 

テレワークが進むと、事務所にあった机、ロッカー、キャビネットなどが不要になってくるわけです。

 

そういった流れの中で、事務什器類の持ち込みが度々あります。

やはり4トン車で1車くらいになると、降ろすにも手分けをしないといけません。

 

さて、この事務什器類には、一部分に金属以外のプラスチックなどが付いています。

荷降ろしする際には、そのプラスチック類を取り除いたりしています。

鉄だけにして「鉄くず」として販売をしております。