愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




今回持ち込まれたアルミ製の解体サッシを写真で見ると白っぽいのですが今年の梅雨は長雨でなかなか雨がやまなかったのでどこかの土場で保管されていたであろう解体サッシの持込みがありました。







暫く屋外で雨にさらされていたりしていたのか、土も結構ついていて 解体Bサッシとして取り扱わせていただきました。











愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




山下商店では建設現場の金属くずの持込みがよくあります。




こうしてダンプアップして荷物を出してくれるので荷下ろしがとてもスムーズにいきます。




現場が終わるまでの間 何度か持込みをされるのでとてもありがたいです。




月に何度も持込みがあるのでこうして計量しキロ当たりの単価をかけてお支払いをしています。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




先日の持込み事例です。




建築廃材のお持込みをいただきました。







お客さまがトラックにて搬入されました。







計量器の上にトラックを移動します。







お持込みされた鉄箱にチェーンを引っ掛け







吊り上げて荷下ろしをします。




箱に入っていないものはクレーンについている巨大な磁石で下ろします。







全て荷下ろしをして再度計量します。







その後重量分と部材の㌔価格から金額を算出しお支払いをします。




山下商店ではこんな感じで日々お持込みの受け入れを行っています。




お持込みの受け入れに関してはトラックでなく、一般の自家用車でお持込みされる方も沢山いますので遠慮なくお越しください。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




建設現場に不要なH鋼があるのでそれを持ち込まれました。




持ち込まれたH鋼はサビていましたが元々は新品だったのだろうなと思うほど綺麗な材料でした。




注文をする際に、ちょっと余る程度に注文をして急に足りなくなったという時に工事の工期が遅れると困る為【余った分は廃棄処分】として注文されているようです。




そういった場合に余った建築現場の廃材などの買取りをさせていただいています。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




山下商店では計量して積載分の重量を測り、その後に降ろしをした後に空車の重量を測りその差額を算出して、鉄くずの買い取りをしています。




その後は事務員さんが手書きの伝票で 品目・重量・キロ当たりの単価をかけたものに消費税を足しお支払いをさせていただいております。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




建築現場にはいろんな材料がありますが余ったH鋼が邪魔になったので持ってきたとの事でまとめてH鋼をもってきていただいたお客様には出来るだけお支払い金額を頑張って支払うように臨機応変に対応をさせていただくこともあります。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




山下商店では、毎日固定の取引先に回収に伺っています。




しかし、日々お持込みのお客さんもあります。




建設会社さんがスポットでお持込みされる建築廃材







家庭から出るスチールベッドやスチールラック等の鉄くず 




事務所を整理し処分したいという会社さんから持込みされる ロッカーや机、引き出しなどの事務備品







最近では、介護用品を新しくしたので古いものを処分しますと車いすの鉄くずや介護用ベッドから出る鉄くずなども持ち込まれています。




いろんなものが持込みされています。 




重量によってはお支払いできるものもあれば、無料処分のみとなる事もありますが最近は「インターネットを見てきました」と言っていただける声もありやはりそういった情報の取得もアナログからデジタルへ推移しているんだなぁと感じます。


愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




今回微妙な作業で次々と金型を降ろしていったのですが、それでもウイング車をこの状態での作業なので、奥の木箱にはどうしてもリフトの爪が届きません。




そこで秘密兵器(と言うほどの大袈裟なものではありませんが。)ワイヤーロープの出番です。




ワイヤーロープを機枠に巻き そのロープの先をリフトに引っ掛け少しずつバックしながら手前に引きずり出す。木箱の向きを微調整してもらいながらなんとか重たい7つの箱を取り出す事が出来ました。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




今回中国から届いた金型を受け取りその後処分をすると言う依頼が来ました。 その際うちの入り口横にウイング車を横付けしたのですが。。。




なんとウイングを全開しようにも道路が塞がれてしまうこととなり【う~ん。。。どうしよう】となったのですがそこは 山下商店No、2 山下勝巳さんの出番。




ウイング車をぎりぎりまで入り口に近づけた状態で横付けし更にはそのウイングの開き具合も絶妙な角度で開けそこへリフトの詰めを差し込み引き出す。。。




慣れって凄いです。