最近は真鍮や銅などが入った鉄切粉は産廃として取り扱うことになってきているので注意が必要です

 

この写真、一見すると細かい鉄の切粉のように見えますが・・・、

実はこの細かい切粉の中に真鍮のダライ粉が混ざっています。

こういったものを鉄切粉の中に開けてしまうと、

トラック一杯分が産廃として扱われる可能性があります。

納品時に製鋼メーカーから、返品されることもあります。

 

昔は売れていた商材が、今は売れなくなってしまい、

産廃の扱いになってしまったとのことです。

 

こういった真鍮や銅など非鉄金属が混じったダライ粉は、

ドラム缶などに入れてもらっています。

 

山下商店でドラム缶からフレコンに詰め替えて、

4t車一車くらい溜まったら、産廃として処理を行っています。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

鉄切粉置き場を解体撤去して、新しい切粉置き場の提案をしました

 

だいたい自動車6~8台分の駐車場を借りていました。

これを全部返して、隣のアスファルトに2~3台分の駐車場を借ります。

工場の前にドラム缶が並べてある場所を整理して、

その上に蓋付きの鉄箱を置くことにしました。

 

山下商店が普段使っている鉄箱を貸し出しを行います。

そうすることにより、地面が、油で真っ黒になることはなくなり、

環境的にも見た目的にも、随分と良くなると思います。

 

鉄切粉置き場の美観を保つことができます。

また、駐車場が返却できて、年間を通せば大幅なコストダウンが可能となります。

一石二鳥ではないかと思いました。

 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

鉄切粉置き場の解体撤去および切粉回収作業をして、

借りている駐車場の返却の準備を進めていきました。

当日は、まず鉄の切粉をヒアブのクラブで取っていきました。

鉄板の上をほうきで掃いて切粉をさらえ、綺麗に掃除をしました。

次に鉄板一枚一枚をガスで切断しました。

平板を一枚ずつ積み込み、鉄板の切粉置き場の解体撤去作業を終了しました。

長年切粉置き場として使っていたので、一部油で真っ黒く滲んでいます。

でも、少し上の土を取って砂利などを引けば、

また駐車場として使えるようになると思います。

鉄切粉置き場および鉄切粉回収作業をして

鉄切粉置き場の解体撤去および切粉回収作業をして、

借りている駐車場の返却の準備を進めていきました。

当日は、まず鉄の切粉をヒアブのクラブで取っていきました。

鉄板の上をほうきで掃いて切粉をさらえ、綺麗に掃除をしました。

次に鉄板一枚一枚をガスで切断しました。

 

平板を一枚ずつ積み込み、鉄板の切粉置き場の解体撤去作業を終了しました。

長年切粉置き場として使っていたので、一部油で真っ黒く滲んでいます。

でも、少し上の土を取って砂利などを引けば、

また駐車場として使えるようになると思います。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

名古屋市港区にある自動車部品製造会社の鉄切粉および切粉置き場の解体撤去作業の依頼を受けました

 

この自動車部品製造会社さんは、以前取引のあったスクラップ屋さんに鉄板で作った鉄切粉置き場の解体をお願いしたところ、「その作業はできない」と言われ困ってしまったそうです。

借り地において、厚い鉄板で覆われた鉄切粉置き場

 

そこで、山下商店にできるかどうかの問い合わせがありました。

 

現地へ伺ってみると、シハチぐらいの鉄板で、鉄板を貼った底の上に溶接した鉄板で三方を囲んだスクラップ置き場が作ってありました。

まず鉄の切粉をヒアブなどで取り除き、

鉄板だけの状態にしてからガス切断などを行えば、容易に解体撤去できます。

 

お客さんに連絡をして、お見積りを出し、後日作業に伺うことになりました。

この置き場は、借地だそうです。

 

昔と比べて従業員の数も減り、これだけ広い切粉置き場はもう必要ないということでした。

だいたいこれで1トンぐらいの切粉があるんですが、

これを溜めるのに今だと半年ぐらいかかっているそうです。

この何分の一かの量を鉄箱に入れておけば、

回収作業は楽だし、こんなに広い駐車場を借りる必要がなくなります。

年間を通せば、大幅なコストダウンになるとのことです。

この切粉置き場の解体撤去作業を行うということでした。