愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




2018年の12月迄は、非鉄金属にゴムや樹脂などがついていたものは雑品として取り扱い有償で買取することが出来たのですが2018年12月に中国が突如こういった雑品類・廃プラスチック・ダンボール等を輸入規制するようになりました。




このような産廃でもない非鉄金属でもないグレーな商品がほとんど産廃になっていったという経緯があります。




勿体ないなぁとは思い後ろ髪をひかれる思いはありますが、これを分別しコストをかけられるかと言ったらそれは厳しい現状があり将来的にこういった分別作業も機械化される可能性もあるので日本のメーカー力を期待し新しい市場が出来た時にこういった機械を作ることもあるとするならもう少し我慢が必要かなと思っています。




mde








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




ダイス鋼というモリブデンやクロム等の入っているとても固い材料があります。




一般的には鉄の価格よりも若干高いので、まとめておいていただけると普通の買い取りよりも10円~25円程度高く買い取が出来ることがあります。




もちろん成分は計測して行いますがいわゆる特別金属、私たち鉄業界では【特金】と言われるものなので個別に回収してお支払いをさせていただいております。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




先日取引先での鉄屑回収の為に常置する為の鉄箱を採寸し製作依頼をしました。




そしていざお客様の所へ設置に向かうと なんと サイズが合わない!




伺ったスタッフもビックリで連絡が来ました。




ほんの少しですがはみ出てしまい、そしてその依頼した鉄箱は使用できない。




なぜこんな事に と思いつつ再度作り直し設置することになりました。









愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




蛍光灯の蛍光器具はよく持込みもあるのですが、下の写真のようにキチンと金属だけにして配線やトランスなどを全部取り外して持込みをされるお客様もいます。




こういう工業雑品・家庭雑品は山下商店でも例外ではなく処分する際は全部取り外して、配線・トランス・鉄だけの状態にして出さなくてはいけないのでとてもコストがかかります。




今後の中国の輸入規制により持込みされた物についても受け入れが困難になったりコストがかるものが出てくるなど色々状況も変わるので臨機応変に対応していかなくてはいけないなと思います。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




建築現場にはいろんな材料がありますが余ったH鋼が邪魔になったので持ってきたとの事でまとめてH鋼をもってきていただいたお客様には出来るだけお支払い金額を頑張って支払うように臨機応変に対応をさせていただくこともあります。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




とある倉庫から【被覆線を引き取って欲しい】との依頼があり引取りに伺いました。




色々な被覆線が米袋に入っており1つ1つ中を開け被覆線の内容物を確認しました。




時々こういった引取りの中に線でないものが混入していることもあるのできちんと確認した上で回収をし、重量を計測しお支払いをしています。




被覆線にはいろんな種類があり銀メッキの物や電話線などのように細いものもあり、最近は中国の輸入規制により被覆線相場も影響が出始め少し安めに推移していますが銅相場が上がりつつ有る為 銅は高いけど被覆線は安い といった感じで銅との価格の差がどんどん開いていっているのが困っていてこういった状況が早く安定してほしいなと切実に思います。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




これはグラスウールがついたダクトの持込みです。




いわゆるブリキ板を煙突状にしたものの上に断熱材としてグラスウールが巻き付いています。




鉄屑として処分するにはグラスウールを取り外さないと処分できません。




そうした時山下商店ではハサミやカッターなどを使って天婦羅の衣を剥がすように、取り外していきます。




グラスウール単体ではなく このグラスウールを取り付けるときにはエキスパンダー状の網をぐるっと巻きグラスウールを固定することがあるのでその針金のネットをハサミを切りグラスウールを外していきます。




このグラスウールは顔は皮膚などにつくと、ガラス繊維がつくととてもチクチクと痛痒くなりたまったもんではありません。 




この春時は花粉症もありアトピーなどのアレルギー持ちの人などはとても大変だと思いますが、アルバイトの金森君はアトピー及び花粉症両方あるのですがこのグラスウールを取るという作業はとても難儀していたと言っていました。




そんな感じで日々いろんな作業をしながらスタッフは頑張ってくれています。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




これは鞄製造業のお客様から依頼された鞄のがま口部分の金具の部品廃材を回収を依頼したいという事で伺いました。




鞄がま口の金属部分や革を張ったりするときの鞄の型などいろんな金具が沢山ありました。







鞄と言うのは革を縫い合わせ、がま口などを取り付けて作成するそうです。




鞄のサイズによって型を使用し革を切断しますが、大きさや形なども色々あるそうなのでまず型を作らないと鞄は作れないとの事です。




鞄を作るところをあまり見たことがなかったのでとても新鮮な経験をしたな思いました。


愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




高速道路が渋滞していたので何気なく横を見ると鉄くず会社大手の企業が運送会社を使用して鉄くずを運んでいました。




ここ最近はドライバー不足によって鉄スクラップ回収業も人手・車両不足なのでコストはかかるけれど運送店を使って運搬をしているようです。




しかし、常に仕事が有るわけでもない中小企業は、手を打つことができませんが大手企業は仕事量も多いのでこういった案件は外注に委託する事によって、閑散期はコストを下げたりして運搬すると言った方法もあるのだなと思いました。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




今までスクラップ屋さんが入っていたのですが、1年に1度のことだからとあまり気にしてはいなかったのですが、最近の原油相場など価格を知りたいという事で他のお客様経由で山下商店にご相談が来ました。




行ってみると鋼材とダライ粉が沢山おいてあってそれを1年に1度か半年に一度のペースで行っているとのご相談を受けました。




現在他の業者さんが入っているようなのでそんなすぐには取引をすると言うことではないのですがゆっくりと話をさせていただきました。