愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




この大型のピンクラッチ実際の重量は7t位有ったのですが上部がとても重く重心が取りづらい為、上についている円盤状のものと下についている脚は全て取りはずし作業を行いました。







上の丸い部分はすべて取ることになってしまいました。




しかしこれを移動中にその作業を行うと頭の丸い部分が重いためバランスを崩し、危険な為搬出する時は少々注意が必要だなと思います。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




しかし、出してみると実はこのピンクラッチの大型のプレスは真ん中に大きな突起物があり出すとなると四隅にスピードローラを取り付けて搬出するという作業になりました。







真ん中の突起物がひっかかってしまうのでジャッキでこれをどんどん上げていくのですが、これがとても苦労しました。 鉄板を敷きなおしたりして本来なら13時頃にはレッカーで積み搬出が終わっているはずだったのですが、積み込めた頃には17時ぎりぎりでした。







レッカーの運転手さんには、お願いをして1時間残業を申請させてもらいホッと胸をなでおろしたとても苦い経験となった現場でした。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




これは大型のピンクラッチプレス機の様なものなのですが、実はこのプレス機は耐震工事に使用される丸い鉄板に穴をあける為のものです。







耐震工事に関しての仕事も最初は儲かっていたのですが、だんだん色んな会社が参入するようになり値段もさがりその下がった値段での仕事はついには出来なくなってしまったという事でした。







仕事が来なくなるとこの大型の機械が邪魔になってしまうので『機械の搬出をしてほしい』という事で作業に向かいました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




ところが本体のみだととてもバランスが悪く ワニの口の様になっていました。




パンチング材料搬出




その先端部分は軽く根本は重くなっているため重さのバランスが悪くどうやって搬出するかを綿密に打ち合わせしました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




周りの台やパンチング板の材料を片付けてやっと機械本体と全体の形が見えるようになりました。







さて、これをどうやってバラしていくかという事を考えると丁度真ん中の機械がミシンの様にガタガタと動くのですが左右の台は前後に動くだけの構造となっていました。







左右の台を取り外すと台全体が取り外せる事が解り、真ん中の機械だけ残り分解できるという事が分かりました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




中村の3番と言われる機械でとても重いものです。







会社から5tのフォークリフトを持っていき、これを少し持ち上げた下にバタ角を挟み一気に奥まで押し込むとこの2t半もあるセーバー機械がらくらくと持ち上がりました。







能力の高い道具を使用すると作業性もUPするなと感じました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




小さな三馬力ぐらいのレシプロコンプレッサーがあったのですがこれは鉄板の上を掃除する際などに使用していた機械で処分対象という事なので回収させていただきました。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




パンチングプレス機の機械をばらそうとしたとき1個1個の部品の写真を撮り これはどうやって動く部品なのか。







この部品はどうやってバラそうか と考えながら撮影しています。







パンチングプレス機は台が前後に動くのでワイヤーで止めた後ガッチャの様にキチキチキチと1個ずつ駒が回り鉄板が移動すると言うシステムだという事がわかったので、まずは1つ台を取りその後、下の台を取れば機械単体になるという事に気づき作業を行いました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




熱田区にある昔耐震工事によって鉄板に穴をあける時に使っていた機械ですが、この耐震工事マーケットがどんどん大きくなるにつれて値段がどんどん下がってしまい競合相手が増えすぎてこの会社の社長は【これ一本ではいけない】といろんな仕事を模索していました。




そしてついには耐震工事による鉄板に穴をあけると言う仕事は無くなってしまいました。




この機械が不要になったので撤去・回収してほしいとのご依頼があり現場に臨みました。




実際に撤去するとかなり広い場所が出来ました。







ピンクラッチ絞り機の回収の時に思ったのは、ジャッキアップしてコロをかませて移動するのは良いのですが、真ん中の芯の部分が15cm程出っ張っているのでそれを跨ぐようにジャッキアップをしてスピードローラーにかませ棒をして擦らないようにする作業となった為、本来ならば昼頃には機械を取り出せるはずだったのですが、機械が搬出できたのは なんと17時頃でした。







搬出に使用するレッカーは昼から待機していたのですが、17時に1時間残業してまで付き合ってもらう事ができ、無事搬出することが出来てホッと一安心しました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




パンチングプレス機の機械と鉄くずが置いてある写真ですが、しかしこうして機械と鉄くずをとってしまうとこんなに広々とした空間が出来ています。







これでこの工場を貸すという事はあまり考えていませんが、この状態のまま売るということで販売先を探しているという事でした。