愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




搬出作業にあたり、 移動距離が短くなるという事とスピードローラーを使用して時に抜けてしまう可能性があるという事がわかりました。







それらを考慮し、ピンをさしてローラーを入れて引っ張って搬出するという方法を選択しました








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




この旋盤は二尺半の程のサイズがあるものなのですが、よく見てみるとアンカーベースの先が少し外に割れていました。







その為ピンを挿すだけでも動くには動くのですが、移動中に挿したピンが抜けてしまう可能性があるので これを一体として両方とも乗せてしまって移動するという方法はどうかと検討をしてみました。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




これを回収するにあたり大型トラックで伺うのですが色々な道具も必要だという事とこの現場の立ち退きが10月頃になるという事で、その日程に合わせ回収を行う予定です。







 この大型の輪転機製作コストもかなり高いので、これをオークションやインターネットで販売してみたそうなのですが、やはりこれほどのサイズのものとなると個人での利用も難しい為か全く売れなかったそうです。







 そこでスクラップ品として買い取ってもらおうと思いご連絡をいただいたとの事でした。







ブルーシートがかかっているものをあけてみるとその見事な大きさに驚きました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




名古屋市天白区にある機械製作会社で今は全く使っていないミニ卓上旋盤・フライス盤・ボール盤の回収をして欲しいとの依頼がありました。







しかしこの会社はもうすぐ廃業する為この機械類と事務機器・キャビネット・棚・事務机などの事務所什器の引き取りも依頼されました。




ミニ卓上ボール盤 ボール盤 フライスなど




まずはその機械類を回収し丁度入口付近のキャビネットそして着替えに使用していたクローク及び棚なども回収片付けを行う事にしました。




機械製作会社の機械たち


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




2t程もある紙裁断機の回収に伺いました。







とても重たいものなので人力では到底無理です。







ジャッキアップして持ち上げたうえにローラーを入れコロ曳き作業をして搬出をします。







人力でも搬出出来る事は出来るのですが、バールなどを使う為、床に傷がつくといけないのでリーチ型のカウンターリフトでゆっくりと引っ張って外に出しました。







エレベーターに載せるときはまた一苦労で、エレベーターに入るサイズに機械をバラさないといけません。







結局はこの紙を乗せる台もばらし機械本体と定盤の台を分解し搬出作業を行いました。




夕方まで時間はかかってしまいましたがなんとか搬出することが出来て良かったです。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




今回伺った先の企業様には貨物用エレベーターが設置されていました。







回収予定の紙裁断機は貨物用エレベーターで3階まで上がったところに置いてありました。







寸法を測ってみると機械が大きくギアなどのパーツを外して搬入したのだとおもいます。




搬出時は実際には、台とギアを取り外しました。







とても骨の折れる作業で昼過ぎまでかかりましたが貴重な経験にもなり良かったと思いました。


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




中古のグラインダーの回収も依頼されました。







中古のグラインダーと言うのはモーターがついているので3年~5年程の新しいものではないと売れないという事でこれも見てみると古い為売れないなと思いました。











愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







中古機械や中古電動工具のお店をみると、だいたい3年前の物、古くてせいぜい五年前のものしか販売していません。







3年で大体定価の2割~3割位で、5年以上の物はほぼスクラップと変わらないくらいのとり扱い価格となってしまうようです。







溶接機も消耗品なので5年位経過すると不良の原因とか不具合が出る事も増えるのでなかなか売れるようにはならないと思います。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




もしくはパソコンでデータを入力すれば図面通りにケガくと言う作業を行わなくても綺麗にケガいた状態に出来るようになってしまい鋳物定盤を使わなくても作業が出来る様になってしまいました。







踏みつけ台や作業台は使うのですが定盤はほぼ使用しないし昔の定盤はこの4×8の定盤と言うのは100万円程の価格でした。







更には定盤に研磨をかけて精度を出すと結構な値段になった時代もありましたが最近はそういった事もしなくなり、鋳物定盤自体の使い道もほぼなくなってしまったので中古品としても10万で売れるかどうかもわからないという状況になってしまったようです。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




【鋳物定盤をかってくれないか】 と依頼を受けました。







現物は四八の定盤なのでサイズは1200×2400 重量はおおよそ1t200~1t300位ではないかという事でした。




最近はケガキスプレーや青ニススプレーなどを塗布し針のようなものを使用してケガくと言う作業をやっている方を見る事がなくなってきました。







昔色んな工場へ伺っていた頃は5本~10本スクラップの中に青ニススプレーがスクラップとして混入していたのですが、最近ではこの青ニススプレーのスプレー缶を見る事すらなくなりました。




ケガかなくなってしまって機械でもマシニングセンターでデータを入力すれば切削が始まってしまう。