自動車修理工場の作業工具の引き取り作業

ここの部分はトラックが入れない部分なので

持ち込んだフォークリフトにどんどんと積み込んで

作業工具などの回収を行いました。

奥の方にあった数台の作業棚なども、フォークリフトで運んでいきました。

こうして数時間で、すべての作業を終えることができました。

多分この後すぐに足場を張って、建物の解体作業が始まるのだと思います。

こういったタイトな日程できちんと作業を終えることができて

良かったと思います。

 

自動車修理工場のスチールロッカー引き取り作業

修理工場の作業員用更衣室のロッカーなどの回収を行いました。

全て手作業での回収作業になりました。

回収後には綺麗な空間が現れて、掃除もしっかりできたので

良かったかなと思います。

 

自動車修理工場1階事務所の鉄製品引き取り作業

1階の別の場所にある事務什器類の回収作業も行いました。

作業後の部屋は、空間が広がり、彩光も良くなり

電気がついてなくても明るくて綺麗になったと感じました。

 

自動車修理工場1階の事務机引き取り作業

1階事務所の別の部屋にある事務机の回収作業も行いました。

回収作業前と作業後を比べると、

やはり一気に広いスペースが広がったことが分かります。

これだけの規模の自動車修理工場になると

机だけでも100台以上、キャビネットも同数あります。

そういった場合には、なるべく短時間で効率よく作業しないと

建築解体作業の日程もタイトになっているので

車を効率よく動かして、作業を進めていかないといけません。

 

自動車修理工場2階の事務机の引き取り作業

2階には、まだ事務机が数台置いてありました。

エレベーターがないので、それらも階段で手降ろしの作業となります。

それらができるかどうかということも併せて、見積もりを行いました。

また、残っている事務用品や書類はどうするかというと、

キャビネットや机の中も、一旦全部綺麗に片付けてもらえるということでした。

 

自動車修理工場2階の事務机、作業工具の引き取り作業

自動車修理会社の1階2階、また整備工場内の機械工具などの回収依頼を受けました。

伺ってみると、一部の机やロッカーなどが残っていましたが

すでにどんどんと外に出している状態でした。

作業時間が限られているので、できればすぐに来て欲しいということでした。

夕方になれば何とか一台回収に行けるということで

回収の打ち合わせを行いました。

もうワンフロア下がった3階には、使わない3人用のロッカーが3本置いてありました。

これはどこにも行く場所がなかったのか、そのまま置いてあり、

上にはいろんな物が載っていて、ちょうど作業台のようになっていました。

この3本の更衣室用ロッカーと、その他のロッカーを2,3本出して片付いたおかげで、狭い実験室なのですが、広いスペースを作ることができました。

 

ただし、階段を3人がかりで一個ずつロッカーを降ろして行きました。

 

びっしりと積み上げられた事務用品の中に、大型のシュレッダーが一個ありました。

シュレッダーと言ってもアルバムの台紙も破砕できるぐらいの力があるもので、事務机4個分ぐらいの大きさです。

重量もかなりのもので、回収出来るかどうかの判断をして欲しいということでした。

「フォークリフトがあるので、十分に回収でききますよ」

と言うと、担当者はホッとしていました。

法人なので、見積もりを出して、その結果でまた回収の依頼をするかを判断するということでした。

下見を済ませて、見積もりを出して、先方のお返事を待つことにしました。