愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

アルミホイールの持ち込みがありました

アルミホイールにはいろいろな付着物がついています。



例えばアルミホイールの隅っこに付いている灰色の突起物。

これは「バランスウエイト」と言って、鉛や鉄でできています。



変わったものでは亜鉛のものもありします。

このおもりによって、タイヤが回転する時に小さな振動や揺れを抑えて、ブレがないようにしています。

 

だいたいは、アルミホイールの内側につけられているのですが、時々アルミホイールの溝についているものがあります。

 

このバランスウェイトはハンマーやノミなどで叩くと簡単に取ることができます。

もし気付かれた方で、アルミだけで販売したい場合は、叩いてみてください。

 

アルミホイールの検収には、この「バランスウエイト付き」「バランスウエイトなし」というものがあります。

 

その他には、タイヤに空気を入れる「バルブ付き」「バルブなし」というものがあります。

このバルブというのは、自転車のタイヤのように真鍮でできていて、中にゴムが入っています。

 

さらに付着物としては、真ん中についているプラスチックがあります。

これはメーカー(自動車メーカーとかホイールメーカーなど)のロゴなどがはいっています。

裏側から叩くとカポッと簡単に取れることがあります。

これを取り外せば、いわゆる「ダスト引き」がない状態になります。





 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

事務所の机類でも一部分のプラスチックを取り除いて金属のみにしています

机、ロッカー、キャビネットなどで部分的にプラスチックがついているところがあります。

そういった部分はドライバーやニッパー、バールなどを使って、

プラスチック類を外し、

なるべく金属部分だけにするように努めています。

金属部分だけにすることは難しく、少しずつ解体していかないといけません。



 

大量に事務什器が入った時は、手分けをして金属以外のプラスチック、ゴムなどを取り除いています。

最近は「鉄くず」が高くなったので、ドラム缶が、入手しにくい状況になり、

山下商店では中古ドラム缶などを仕入れています

 

お客さんの所で鉄くずやダライ粉の入れ物として、

ドラム缶を使っています。

買い取りしたドラム缶や中古のドラム缶を手当てして、

お客様の鉄くず入れやダライ粉入れなどに使用しています。

買う時には一度に20本から30本ぐらい買うのですが、

最近は鉄くずの価格が高くなったので、

中古のドラム缶が品薄になってきています。

また、価格も上昇しています。



 

 

鉄スクラップの価格が上がるのは喜ばしいのですが、

中古ドラム缶・再生ドラム缶が軒並み品薄になっているので、なるべく手当をして使えるようにしたいなと思っています。



 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

あるものと産廃になってしまうもの運命の分かれ道は、どうするのか?



プリンターなどは、今は「産廃類」となってしまいますが、

ハンガーラックなどは、「金属屑」となり、

パソコンのコードや電線などは、「雑線」として処理をしていきます。

ガスレンジ、金属類のダクト、ストーブなどは、「金属屑」として処理ができます。

これらの区分けは、

・鉄の部分が多いか少ないか

・鉄以外のプラスチック、ゴム、樹脂などが多いか少ないか

によって決まってきます。



ただし、例えばプリンターでも、プラスチック部分を全部外して金属屑にすれば「雑品類の下級商品」として売れる場合もあります。

 

実際にはスクラップ屋さんに聞いて頂けるといいと思います。

 

その時々で、鉄くず相場の強い弱いがあります。

その商品が「鉄くず」として生きる道があるのか、

それとも「産廃」として処分する道しか残されていないのか、

別れ道があるのです。

そのあたりを聞いてもらえれば、お答えできると思います。



 

そのあたりを聞いてもらえれば、お答えできると思います。

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

ラジアルボール盤1台を撤去・回収するために、まずは下見に出かけました。

実際に撤去・回収作業に入る前に、入念に事前準備をするということがとても大切です。

当日必要になる道具を把握したり、お客さまにお願いする必要のあることを折衝したりします。

常にしっかりと準備をしておいてから実際の作業にあたることが必要不可欠です。

機械の寸法、重量、等を調べて、搬出通路の確認

積み込み場所の確認などを行いました。





愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

愛知県名古屋市西区でお客さまから、ラジアルボール盤の撤去をしてもらいたい旨のご依頼をいただきました。

ご依頼主様は、新築の工場に順次機械を設置する作業をされていたそうですが、以下の写真にあるラジアルボール盤がどうしても不要になってしまったとのことです。

このラジアルボール盤の撤去作業しました。

DSC_0398





愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

脚の部分が鉄製の丸椅子が大量にあったので木の部分を取って「金属屑」として処理をしました



 

丸椅子に木の部分がありました。

これを現地で充電ドライバーを使って外し、「金属屑」として処理をしました。

外した木の部分は、まとめてフレコンなどに入れて、「産廃」として処理をしました。



 

名古屋市瑞穂区の賃貸ビル1階の事務什器回収作業をしています。



 

当日は4人で手分けして、4トン車に事務什器類を積み込んでいきました。

台車などを用意し、テキパキと搬出作業を行いました。



事務什器、机、ロッカー、キャビネット、パテーションなどをどんどん出していくと、みるみる綺麗になっていきました。

一部残った産廃類は、金属スクラップ用のトラックを出して積み込んでいきました。

こうしてビルの1階部分は綺麗に片付いてきました。

 

最後にきちんと清掃作業を行い、広いスペースの確保ができたと思います。







 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

名古屋市瑞穂区にあるビルのオーナーから事務什器類の搬出と回収処分の依頼を受けました

 

名古屋市瑞穂区の国道1号線沿い6階建てビルの1階部分の入居者が決まったので、そこに保管してある事務什器類および産廃類の搬出処分を行ってほしいという依頼を受けました。



 

伺ってみると、所狭しと事務什器、机、ロッカー、棚などが置いてあり、それらの回収処分が今回の依頼です。

国道1号線は交通量が多いので、そこで積み込み作業をするのは難しいです。

一本裏に入った横の道に、4トン車をなんとか置けるスペースがあったので、横ドアを切ってビルの駐車場側に出せば、それらを搬出すればできるのかなと思いました。

現在はこういったギロ材でも、だいたい20円から30円ぐらいの価格が付いています。

ですから、4トン車で2~3杯あれば、2021年7月で、

数万円(2~3万円)ぐらいはお支払いできます。

 

そういった旨のお見積もりをビルの持ち主にお伝えしたところ、

「お金がかかると思っていたら お金がもらえる」と、

とても喜んでくださいました。

以前ならば、お金を払わないと処分ができないのかと思っていたら、逆に多少はお金がもらえるということで、喜んでいただいております。





 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

桶狭間のバネおよびネジ製造会社の金属屑および産廃の回収作業をしました

 

当日は、トラック2台とフォークリフトを持参して回収作業にあたりました。

まずは外にある機械を回収して、

その周りのビニールや敷鉄板などの回収を行いました。



 

次に倉庫内の荷物をどんどんと出していきました。

 

床に置いてあるゴミなどの細かい産廃類は、用意しておいたフレコン袋の中に入れ、

大きな産廃類はどんどんとトラックに積み込んでいきました。

 

そうすると少しずつ片付いていったので、

これぐらいのレベルなら返却も容易になるのなと思いました。

 

おおかた片付け、掃除も行い、ゴミなどが落ちてないように確認をして、現場作業を終えました



 



先方のネジおよびバネ製造会社社長の携帯に連絡をして、

作業終了を伝え、現地の確認をしていただき、オッケーをもらいました。

これで作業完了となりました。

 

合計で、金属くずが大型増トン車で2/3ぐらい、産廃類が4トン車に1車ぐらいになりました。



 

やはりこういった広い場所を少しずつ作業すると、

朝から始めて3時ぐらいまでかかりました。

 

4人の人員で手分けして作業を終えることができました。