照明器具は、トランス、抵抗器、配線類を外して鉄の部分のみにしていただければ、鉄屑として、引き取り可能です。



鉄のみの照明器具の鉄部分

鉄工所に色んな機械が置いてあります。

廃業などに伴い回収の依頼があります。

プレス機 / ボール盤 / 旋盤 / 研削盤 / ボール盤 / 中ぐり盤 / 歯切り盤 / 放電加工機 / シャーリング / 裁断機 / コンプレッサー / エアドライヤー / 溶接機 / マシニングセンタ / ターニングセンタ / NCフライス盤 / 製造ライン / ハンダ槽 / 印刷機 / 包装機 / 金属探知機 / 集塵機 / 圧延機 / キュービクル / フォークリフト / その他工作機械 / 厨房機器

樹脂関係では、射出成型機、

木工機械では、

圧縮固定器、縁貼機、ボーリング、仕上げカンナ盤、NC工作機、四カンナ盤、溝突盤、建具組み立て機、ラジアルソー、プレス機、パネルソー、集塵機

等の引き取りの実績があります。



 

我が国は資源の乏しい国である上、世界的な資源の枯渇が進行しているといった背景などから、大量生産・大量消費・大量廃棄
型の社会システムから脱却が求められており、資源の有効な利用の確保を図るために、「資源の有効な利用の促進に関する法律」
(資源有効利用促進法)を1991年に制定しました。資源有効利用促進法は、3Rの取組が必要となる業種や製品、10業種・69品
目を政令で指定し、各指定項目に対し自主的に取り組むべき具体的な内容を省令で定め、製品の製造段階における3R対策、設計
段階における3Rの配慮、分別回収のための識別表示、事業者による自主回収・リサイクルシステムの構築などを規定しています。

スチール缶マークの様式(形状、寸法)(平成3年~)
※平成三年大蔵省・農林水産省・通商産業省令第一号「鋼製またはアルミニウム製の缶であって、飲料が充てんされたものの表示の標準となるべき
事項を定める省令」にて定めている

アルミ缶バラ



アルミ缶ソフトプレス



 

 

 

 

 

 

アルミ缶マークの様式(形状、寸法)(平成3年~)
※平成三年大蔵省・農林水産省・通商産業省令第一号「鋼製またはアルミニウム製の缶であって、飲料が充てんされたものの表示の標準となるべき
事項を定める省令」にて定めている

ちなみに再生資源物とは・・・
リサイクルが可能な資源物のことで、古
古紙類 古繊維類金属類 びん・カレット(びんを破
砕した粉状のもの)
紙類・古繊維類・金属類・びん、カレット
をいいます。現行の廃掃法(廃棄物の清掃
及び処理に関する法律)の中では、専ら物
(専ら再生の用に供する物)といって、廃
棄物ではなく、許認可が無くても誰でも回
収が出来ることになってます。

 

鉄屑、金属製品、ステンレスくず、アルミスクラップ、銅、真鍮のリサイクルが必要なのはなぜでしょうか?

リサイクルの必要性は現在も多く取沙汰されています。
昔に比べてエコバックやマイ箸、マイボトルと言った言葉を聞く機会が増えたのではないでしょうか。
それは、それだけ日常的にリサイクルへの関心が高まりつつあります。

日本は、国土が狭く、資源も貧しい国です。 レアメタルなどの貴重資源は、リサイクルすることで、資源がなくとも、有効に使っていくことができます。また、廃棄物を適正に処理(リサイクル)することが、有害物質などの流出を抑え、環境やわたしたち人体への悪影響を少なくすることにもなります。

大人だけの問題ではなく、子供たちもリサイクルについて考えているようです。

小学4年生3クラス99名を対象に授業を行いました。
リサイクルに関心の高い子が多く、たくさんの意見が飛び交う、活発な授業となりました。特に、最後の「なぜリサイクルする必要があるの?」という質問に対しては、「残り少ない資源を守るため」や「知球の温暖化を防ぐため」等、大人もびっくりするような意見を出してくれました。
子どもたちはリサイクルの必要性を十分わかっているようです。

ご自宅、会社、工場、事業所など、鉄屑、金属製品、ステンレスくず、アルミスクラップ、銅、真鍮などを処分するとき、粗大ごみとして出すことを思い浮かべる方がほとんどだと思います。粗大ごみは自治体で回収を行うもので、費用負担も軽く、簡単な処分方法として選ばれることが多いものです。しかし、近年は物のリサイクルを推進する動きが活発になり、廃棄、処分せずに再利用、リサイクルすることが求められます。
鉄屑、金属製品、ステンレスくず、アルミスクラップ、銅、真鍮のリサイクルが必要なのはなぜ?」「不用品のリサイクル方法が知りたい」など、リサイクルにかんする疑問は自然と生じることでしょう。リサイクルは一人ひとりが取り組むことが大切で、環境保護や地球温暖化抑制にも貢献できるのです。



 

 



 



 

 

 


込銅は、中国より日本の価格の方が高いですが、込銅

コロナ・ライセンス許可遅れの影響で5月まで中国の銅工場は

ほとんど輸入が出来てませんでした。

鉄同様に、かなり強い需要がある為

先月は中国側の価格が日本の価格を超えていたそうです。

中国銅工場の在庫が補充され、以前のような需要がなくなり、

価格が通常レベルに戻って来たそうです。

近頃の異常な相場高騰は投資マネーが多く入っており、

急激に上がったり、下がったりするので、

今の状況から、下がってもおかしくないと思っています。




現場スタッフ



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本来ならば、11月は、スクラップ回収業にとって

一番忙しい時期なのですが、

まだまだ本調子も出てなくて

年末にかけて来年に、製造業に活況が出てくるといいなぁ。

鉄工所の社長も、腕が鈍るから何時でも仕事ができるように

旋盤、フライス、マシニング加工機などメンテナンスを怠らないようにしているといっています。


回転台



作業台



 

 

 

 

ステンレスの持ち込み時、買い取り時の注意

ステンレス再資源化のために、ステンレス屑を買取っています。 鉄に10%以上のクロム鋼を含ませた合金をステンレスといいます。 ステンレスくずは「不錆(さびない)」の意味です。 ステンレスは含有するクロムが空気中で酸素と結合、不動態(ふどうたい)膜を形成して、錆びにくいため、錆びては困る用途の製品(流し台、浴槽、厨房製品、自転車の泥よけ、厳寒地仕様の自動車のマフラー)等に使われています。

クロム(99.9%)

様々なステンレススクラップ

ステンレス浴槽

ステンレスの種類

ステンレスは合金ですが、その組成や割合により、細かく分類されています。
JIS規格ではSUS(Steel Use Stainless)の後に組成により様々な番号が付与されています。
オーステナイト系ステンレス鋼
SUS301 ニッケルの含有率が6-8%、クロム(Cr)の含有率が16-18%。磁石に弱く付く。

SUS304 ニッケルの含有率が8-10.5%、クロム(Cr)の含有率が18-20%。磁性なし。18-8ステンレスとも。

SUS316 ニッケルの含有率が10-14%、クロム(Cr)の含有率が16-18%。磁性なし。18-10ステンレスとも。

SUS309 ニッケルの含有率が12-15%、クロム(Cr)の含有率が22-24%。磁性なし。22-12ステンレスとも。

SUS310 ニッケルの含有率が19-22%、クロム(Cr)の含有率が24-26%。磁性なし。25-20ステンレスとも。耐熱鋼。

09

マルテンサイト系/フェライト系
SUS430、SUS410等 ニッケルの含有がなく、クロム(Cr)の含有率が16-18%。磁石に付く。18クロム、18ステンレスとも。弊社では鉄と同値。
(実際には末尾にL等のアルファベットが付くものもあり、もっと細かい)
一般的に、ニッケルの歩留まり高いものが、金属スクラップとしての価値が高くなります。

ニッケル

ニッケルの含有率は、何かしらの表記がない限り、見た目では分かりません。

ステンレスの磁性

オーステナイト系ステンレス鋼は、基本的に磁性(磁石に付くか付かないか)はありません。
しかし、一部曲げるなどの加工を加えると軽く磁性を帯びる場合もあります。

18-8 STAINLESS (18-8 ステンレス)

表記に18-8 STAINLESSとあるものは、クロムが18%、ニッケルが8%という意味で、SUS304を表します。

18-8 STAINLESS

18-8 STAINLESS の分析結果

SUS304は磁石に付きません。

18-10 STAINLESS (18-10 ステンレス)

表記に18-10 STAINLESSとあるものは、クロムが18%、ニッケルが10%という意味で、SUS316を表します。

18-10 STAINLESS

18-10 STAINLESS の分析結果

SUS316は磁石に付きません。

18 STAINLESS (18 ステンレス)

表記に18 STAINLESSとあるものは、クロムが18%という意味で、SUS430を表します。
表記が単に「STAINLESS」や「STAINLESS STEEL」としかないものもあります。
この場合は分析しなければ詳細は分かりませんが、磁石に付くようであれば、SUS430やSUS410といった「SUS400系」でしょう。
「SUS400系」にはニッケルが含まれていない(あってもごく微量)ため、スクラップの価値としては相当低くなります。

SUS430やSUS410は磁石に付きます。

ニッケルの含有が多い金属

ニッケルの含有が大きいもの、例えば、純ニッケル、ニッケルを多く含む耐熱鋼、ハイパニック、イリウム、インコネル、インコロイ、コバルト、モネル、マルチメット、ミューメタル、ハステロイ、36ニッケル等は特殊金属として買取ります。

ステンレスの判別方法

ステンレスの種類は、何かしらの表記がない限り、見た目では判別できません。 しかし、簡単な見分け方としては、磁石を使うことで判別できます。
ステンレスに磁石を当ててみて、付くものは駄目(SUS400系でNiがない)、付かないものは良い(SUS304、SUS316等でNiが含まれている)となります。 なお、弱く付くのがありますが、それはSUS301(SUS304よりNiの割合が少ない)かと思われます。
常に磁石を携行しておくとよいですが、オススメは棒の先に磁石の付いた「ピックアップツール」です。先端にネオジューム磁石がついているので、強力な磁力です。 本来は棚の裏に落とした鍵等を拾う用途で使うものであり、その用途から磁力が強力ですので、微妙な反応を見る用途には不向きですが、伸びるから便利です。簡易的にはホワイトボードに使う磁石でも大丈夫です。

ピックアップツール

ピックアップツール



 

 

 

 

 

 

先端に磁石が付いている

伸びるので、地面にあるステンレスも楽に調べられる

「ピックアップツール」は100円均一ショップにも売られています。

ステンレススクラップの一例

ステンレスは様々な所に使われており、様々な形状のものが入荷してきます。

調理道具の計量カップやザル等

流し台

浴槽ややかん、カゴ類

ボルト、ナット、ワッシャー類

遊戯用のステンレスコインヤメダル

他の材質のメダルと混ざらないように注意

なお、ステンレスであっても、ステンレスの冷蔵庫や厨房の冷凍庫は、買い取りできません。(無料でも扱えません)。

ステンレスメダルについて

ステンレスメダル



 

 

 

 

 

 

ゲームセンター等で使用されるメダル(コイン)にはステンレスのものがありますが、真鍮にメッキされたものがあります。 その場合は、削って色を見ましょう。

真鍮コイン(メダル)

表面を削ると真鍮の色(黄色)が出てくる

メダル(コイン)は全てがステンレスであるとは限らず、真鍮や洋白のものもあります。 これらが混ざってしまうと、分けるのは不可能になってしまいますので、混ざらないようにご注意ください。
表面の刻印が同じだからといって、同じ材質であるとは限りません。 表面の刻印が同じでも、材質の異なるメダルを多数見てきました。
混ざってしまうと、何が入っているのか分からず、金属としての評価ができなくなり、1枚1枚手作業で分ける訳にもいきませんので、ステンレスとしては取り扱えず、ものによっては荷受けできませんのでご注意ください。

バイメダルに注意!

内外が異なる金属でできているバイメダルには注意してください。

バイメダルは、内外に別の金属が組み合わされている

バイメダルは分離不可能(手間がかかりすぎる)であり、有限会社 山下商店では買い取ることができません。

ステンレススクラップの長さと付物(ダスト)について

長さが1.0m以上のものはカット代が必要となるため、買い取り金額を減額させていただきます。また、水筒(ポット)、鍋、やかんの類は付物(鉄、プラスチック等)のため減額または、、スケール引きさせていただきます。よって、これらがある場合は、必ず分けてお持込みください。

水筒(ポット)、鍋、やかんの類





 

 

 

 

 

また、浴槽には断熱材が付いておりますが、これは除去してからお持込みください。 金属製のヘラのようなもので除去することが可能です。

断熱材が付いている浴槽



 

 

 

 

 

 

 

 

 

浴槽など断熱材が付着しいていると、買取できません。

 

 

名古屋市中村区の事務所備品撤去作業には、

財布、携帯電話、マスクが必要です。



 

今日は、名古屋市中村区の事務用品の事務什器類の回収です。

新端の事務所を廃止して、名古屋駅の事務所にいれるから、

不要な事務什器の回収を依頼を受けました。



綺麗な事務所なので、ブルーシト、養生テープ、クッションシートなどを使い

養生作業も念入りにしました。







あとは、掃除をして

担当者に確認してもらいます。

 



山下商店 スタッフ一同



カーゴテナーの回収に来ています。

写真(上)のカーゴテナーですが約200台あります。

そもそも、カーゴテナーとは、外周の3面が柵で囲まれ1面が開口になっているキャスター付きの台車のことですが、コンビニやスーパーなどでよく見かけます。

荷物を積み込んだ状態など、使用中のカーゴテナーは四角い形をしていますが、使わない時には折りたたんでL字の形に収納できます。

折りたたんでL字型にしたカーゴテナー同士を次々と200台ほど重ねると、写真(上)ぐらいの量になるわけです。

トラック 山下商店