2022年7月以降、国内向けステンレス屑は、kgあたり、明日より一律20円以上下げとなています。今週追加で一律20円下げ、今月後半からさらに10~20円(未定)の下げと連絡が来ています。

引き続き国内ステンレス・特殊鋼メーカーや輸出業者は荷止め・制限となっております。

通常のスクラップ価格は100円前半となりそうです

ステンレススクラップ価格が

トン当たり4000円下がりました。

ニッケル価格の下落を受けて価格を改定しました。クロム系冷延薄板は価格を据え置いています。

山下商店トラック03

像と小像

yamashita

 

 

 

電話による問い合わせで、

よく錆びていても大丈夫ですかと聞かれます。

鉄くず回収をする際 いくら錆びていても買い取りますと言ったところでお客様方の気になるところは「どの程度の錆びまでなら鉄くずとして買い取ってもらえるのか」という事だと思います。

かなり錆びていても、原型がわかる程度ならば、大丈夫です。

買い取り可能な鉄くず

錆びた鉄くず

錆びていても鉄くず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(さび、銹、鏽)とは、金属の表面の不安定な金属原子が環境中の酸素や水分などと酸化還元反応(腐食)を起こして生成される腐食物(酸化物や水酸化物や炭酸塩など)。

先日お客様にも「錆びの程度」としてどの程度なら買い取り可能かというご質問をいただきました。

待機中の作業スタッフ

スタッフみんなで荷下ろし

 

名古屋市中村区名駅で、ビルの6階にある事務用類の意金属くずの回収の搬出経路の確認などを行いました。

荷役作業とは、物流の過程で発生するモノの積み込み・荷降ろし・出入庫などに関わるタスクのことです。たとえば次の作業が挙げられます。

荷役(にやく、“にえき”ともいう)とは船荷を上げ下ろしすることが語源ですが、陸上で貨物の輸送機器への積み込みや荷下ろし、または倉庫やヤード等への入庫・出庫を総称した作業のことを荷役作業といいます。 貨物を出し入れする輸送機器はトラック、貨物、船舶、航空機などがあります。

船荷の積み込み・積み降ろし・積付け

トラックや航空機への貨物積み込み・積み降ろし・積付け

倉庫・コンテナヤードでの入出庫・棚卸し作業

ピッキング作業(伝票や指示書に基づいてモノを取り出す作業)

出荷先や品種別での荷物仕分け

その他荷物やパレットの移動・運搬・積付けなど

 

 

事務什器の回収

名古屋駅 事務什器の回収

事務什器

 

 

 

 

 

 

山下商店 トラック出発

山下商店 入り口

似顔絵立ち

 

 

 

2022年の鉄スクラップ価格を予測する上で、製造業、とりわけ鉄鋼業界の動きにも注目が必要です。 世界の鉄鋼需要は年々上昇しており、当然2022年も伸びていくと観測されています。ただし、2022年の後半、秋以降については価格の上昇後、大幅な下落が予測されます。日本の鉄鋼生産量は世界でもトップクラスで、自動車産業と並んでグローバル的な存在となっています。 そんな鉄鋼業界を支える鉄スクラップの発生や需要に応えるべく、鉄スクラップのヤード業者は日々試行錯誤を繰り返しています。

2022年5月中旬をピークに値下げに転じた国内鉄スクラップ市況は、その後一貫して下げ基調が継続し、7月末を迎えてもまだ底値は見えていない。月末のH2炉前価格は、関東が¥39,500~40,500、関西が¥41,000~42,500とともに前月末比約10,000円安く、7 月は価格の下げが加速した月となった。輸出商談は難航しており、関東地区の湾岸FAS価格は7月末時点で¥36,500~38,000中心と4万円の大台を切る事態となっている。

8月以降に反発が見られますが、その画の展開が見えないままです。

2022年2月末のロシアのウクライナ侵攻に端を発し世界的に急騰した鉄スクラップ市況は、侵攻後5か月を経過しました。その値上げ分から、一転して大幅下落に見舞われています。ロシア産の安価な半製品がトルコ、中東、アジア地区に流入したことも鉄スクラップ相場に下落圧力をもたらしているとされ、鉄スクラップ市況は世界的に軟化傾向にあり、先安観は払しょくされていません。

8月は電炉の夏季炉休が集中することが予想され、日本国内は弱基調が続くと見通され、まだ底値圏が見えてきてません。

この先微妙な展開です。

 

SUS304系(18クロム―8ニッケル)のステンレススクラップ市況が低迷しています。米中貿易摩擦などを背景に指標となるロンドン金属取引所(LME)のニッケル相場が下落する中、国内、輸出向けともステンレススクラップ需要が後退。輸出向けで好調買いまくってた業者が、購入を見合わせています。更に今週に入ってステンレススクラップ輸出大手や国内ステンレスミルが相次いでスクラップ購入価格を引き下げています。

構内に目を向けると、関東地区のSUS304(18クロム―8ニッケル)ステンレススクラップ市況が下落しました。2022年3月で炉前購入建値の改定を見送った一部の国内ステンレスメーカーが2018年4月2日から、SUS304ステンレススクラップの炉前購入建値を1キログラム当たり5円(トン当たり5000円)引き下げた。これによりSUS304ステンレススクラップのメーカー炉前購入建値は、1キログラム当たり150円前後(トン当たり15万円前後)で各社ほぼ横並びになりました。関東地区市況は今週に入り、同5円(同5000円)下落しています。

ステンレス価格トン当たり10000円下げました。

よろしくお願いします

 

 

自動車修理工場の作業工具の引き取り作業

ここの部分はトラックが入れない部分なので

持ち込んだフォークリフトにどんどんと積み込んで

作業工具などの回収を行いました。

奥の方にあった数台の作業棚なども、フォークリフトで運んでいきました。

こうして数時間で、すべての作業を終えることができました。

多分この後すぐに足場を張って、建物の解体作業が始まるのだと思います。

こういったタイトな日程できちんと作業を終えることができて

良かったと思います。

 

自動車修理工場のスチールロッカー引き取り作業

修理工場の作業員用更衣室のロッカーなどの回収を行いました。

全て手作業での回収作業になりました。

回収後には綺麗な空間が現れて、掃除もしっかりできたので

良かったかなと思います。

 

自動車修理工場1階事務所の鉄製品引き取り作業

1階の別の場所にある事務什器類の回収作業も行いました。

作業後の部屋は、空間が広がり、彩光も良くなり

電気がついてなくても明るくて綺麗になったと感じました。

 

自動車修理工場1階の事務机引き取り作業

1階事務所の別の部屋にある事務机の回収作業も行いました。

回収作業前と作業後を比べると、

やはり一気に広いスペースが広がったことが分かります。

これだけの規模の自動車修理工場になると

机だけでも100台以上、キャビネットも同数あります。

そういった場合には、なるべく短時間で効率よく作業しないと

建築解体作業の日程もタイトになっているので

車を効率よく動かして、作業を進めていかないといけません。

 

自動車修理工場2階の事務机の引き取り作業

2階には、まだ事務机が数台置いてありました。

エレベーターがないので、それらも階段で手降ろしの作業となります。

それらができるかどうかということも併せて、見積もりを行いました。

また、残っている事務用品や書類はどうするかというと、

キャビネットや机の中も、一旦全部綺麗に片付けてもらえるということでした。