自動車修理工場の作業工具の引き取り作業

ここの部分はトラックが入れない部分なので

持ち込んだフォークリフトにどんどんと積み込んで

作業工具などの回収を行いました。

奥の方にあった数台の作業棚なども、フォークリフトで運んでいきました。

こうして数時間で、すべての作業を終えることができました。

多分この後すぐに足場を張って、建物の解体作業が始まるのだと思います。

こういったタイトな日程できちんと作業を終えることができて

良かったと思います。

 

自動車修理工場のスチールロッカー引き取り作業

修理工場の作業員用更衣室のロッカーなどの回収を行いました。

全て手作業での回収作業になりました。

回収後には綺麗な空間が現れて、掃除もしっかりできたので

良かったかなと思います。

 

自動車修理工場1階事務所の鉄製品引き取り作業

1階の別の場所にある事務什器類の回収作業も行いました。

作業後の部屋は、空間が広がり、彩光も良くなり

電気がついてなくても明るくて綺麗になったと感じました。

 

自動車修理工場1階の事務机引き取り作業

1階事務所の別の部屋にある事務机の回収作業も行いました。

回収作業前と作業後を比べると、

やはり一気に広いスペースが広がったことが分かります。

これだけの規模の自動車修理工場になると

机だけでも100台以上、キャビネットも同数あります。

そういった場合には、なるべく短時間で効率よく作業しないと

建築解体作業の日程もタイトになっているので

車を効率よく動かして、作業を進めていかないといけません。

 

自動車修理工場2階の事務机の引き取り作業

2階には、まだ事務机が数台置いてありました。

エレベーターがないので、それらも階段で手降ろしの作業となります。

それらができるかどうかということも併せて、見積もりを行いました。

また、残っている事務用品や書類はどうするかというと、

キャビネットや机の中も、一旦全部綺麗に片付けてもらえるということでした。

 

自動車修理工場2階の事務机、作業工具の引き取り作業

自動車修理会社の1階2階、また整備工場内の機械工具などの回収依頼を受けました。

伺ってみると、一部の机やロッカーなどが残っていましたが

すでにどんどんと外に出している状態でした。

作業時間が限られているので、できればすぐに来て欲しいということでした。

夕方になれば何とか一台回収に行けるということで

回収の打ち合わせを行いました。

 

その他の機械の引き取りも依頼されました

その他小型の切断機、木工機械、ボール盤など

機械類一式の引き取りも依頼されました。

これらは「工業雑品」として見積もりを行っています。

ただし、一部の切断機は「中古機械」として買取りが可能なので、「中古機械」として見積もりを作成しました。

 

工業用雑品(コンプレッサー)の引き取りも

コンプレッサーは燃料タンクの上にモーターと圧縮機がついています。

モーターだけを取り外せば「機械屑」になります。

ただし、機械搬出時にメンバーの中でモーターだけを取り外すことができないので、機械やモーターなどの付属品が付いている場合はそのままお引き取りすることが多くなります。

その場合は、大きなくくりで「工業雑品」として回収買取りを行っています。

 

工業用雑品(コンプレッサー)の引き取りも

レシプロのコンプレッサーが2台ありました。

小さい作業工具、切断加工の道具なども

「工業用雑品」として回収買取りを行っています。

木工用の切断加工機やボール盤なども色々とありました。

小型の機械は、ひとまとめとして「工業用雑品」として

回収買取りを行っています。

切断加工の機械は、売れる機械と売れない機械があるので

分別して値段をつけて、見積もりを作成することになります。

 

工業用雑品の引き取りも

アルミ加工会社なので、切断加工、溶接加工などいろんな作業を行っていたのだと思います。

またいろんな材料を取り扱っていたようで、それらも色々と置いてありました。

ボール盤、ネジ切り、工場内のスポットクーラーなども置いてありました。

それら「工業雑品」の回収買取りも見積もり項目に入れていきました。