鉄屑相場情報情報の洪水の中で、沈着冷静に振り返りをするのは容易なことではありません。

だから、情報の遮断された場所でなるべく長い時間を取ってするのがおすすめです。

ちなみに、私は週に1度ちょっと時間を取って意図的に情報を遮断し、

畳の上に寝転がってじっくり一人で考えるようにしています。

コロナショックの話をしていたら

昔のリーマンショックの話が出てきました。

 

リーマンショックで、鉄屑の価格が6分の1に急落してしまい。

呆然としていました。

このまま行けばいいとこまで……

と思ってたら、

東北大震災があり、失意のどん底に

落ちてしまい。

どうすればいいのかと模索して

8ヶ月が過ぎようとしている

会う人、会う人皆

あきらめている人、もしくはあきらめかけている人が

多すぎる

こういうときこそ、空元気でもいいから

元気でいないと

勝つ勝負も負けてしまう気がする

以心伝心

常に前向きな姿勢で考えれば

きっといいアイデアが

そして事態も好転して

みんなに幸せが着ます。

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

足場、単菅パイプ、リブプレート、建築金具、高力ボルトの

持ち込みいただきました。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

ある日、一台のハイエースがやって来ました。

「棚板を自分でばらしたんだけど、回収してもらえないか」というご依頼をいただきました。

ハイエースの荷台には、様々な道具が積まれてあるのが見えます。

道具の間の狭いすき間に、棚板が積みあげられていました。

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。



文章を書くときになるべくリラックスして

書くようにしている。

後で読み返すとその時の精神状態が出てしまう。

それでは、環境を変えようと

小さな音のピアノ音楽やクラッシックを流すようにしている。

大阪のNNAテンダーサービスの事務所に

伺った時にやはりクラシックが流れていました。

正直にパクっています。

佐藤さん曰く

テンパッテ顰め面をしても

プラスにならないから。

善は急げ

 

良いことは進んで実践します。

愛知県 名古屋市 鉄くずスクラップ、 ステンレス屑、 アルミ 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、リンセイ銅、 回収、 買取り 山下商店、 山下です。

東京製鉄が鉄スクラップ購入価格改定を発表しました。

13日から九州を除く4拠点で全品種500円値下げします。

鉄屑、鉄スクラップ相場も

戻り値から一服した感じがあります。

昨年11月中旬から、値上がりを続けていた鉄スクラップ相場に冷や水をかけた状態になっています。

一服してからどうなるのか?色んな憶測がありますが、

静かに見守りたいと思います。

鉄屑

鉄筋屑

 

 

 

愛知県名古屋市中川区で、鉄切粉の回収に伺いました。

 

 

 

 

 

細かい鉄切粉は、竹ぼうき掃除してもきれいに取りきらないので、最後は強力な磁石で手作業による回収を心がけています。

鉄切粉回収後にほうきや磁石を使い鉄切粉の掃除をしています。

 

 

 

 

 

 

 

鉄スクラップのふた付の鉄切粉箱

ふた付の鉄切粉箱

ふた付の鉄切粉箱

名古屋市、愛知県、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ回収、買取の山下商店  山下良太郎です。

 

ニュースレターの取材。万博公園に行きます。

万国博覧会の解体時に無くなってしまった。

地底の太陽を捜索しているそうです。
貴重な美術品です。早く出て来ます様に。

 

名古屋市、愛知県、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ回収、買取の山下商店  山下良太郎です。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、 ステンレス、 アルミ 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、リンセイ銅、 回収、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

「空って美しいなぁ」「自然は美しいものだなぁ」としみじみ感じるのです。

仕事が忙しくて、時間に追われた生活を送っていると、ついつい身の回りの何気ない美しさに気づかないまま過ごしてしまいがちです。

「自然の美しさがすぐ近くにあたりまえに存在していること」「日常生活の何気なさ」にあらためて深く感謝の念をいだかなくてはと思うのです。

感謝の対象となる身近なものって、ほんとうにたくさんあるのではないでしょうか?

そんなことを心に留めたまま、仕事に向かうと気分がとても前向きになります。

そういう意味でも、時々空を見上げては、自然の持つ美しさと雄大さを感じることの大切さを思い返しています。

 

日曜日朝7時からのフジテレビ「ボクラの時代は…」を見ています。

朝の番組なんですが、かなり上質な番組構成になっています。

司会者がいないのにも関わらず

スムーズな流れで会話が進んで行く

アラフオー世代オススメ番組

ある意味時代の最先端で活躍された人々の話は

興味深く、時代のトップランナーを感じます。

フジテレビ「ボクらの時代は…」

40過ぎたら無理をしない

自然体で生きる。

40代の自分としては、とても心地よく

リラックスして見ている。

コメントを話しているゲストは

日々の努力、訓練を感じさせない話など

見習うものが大きいです。

アラフオーの余裕、リラックスした無理のない会話が

とても清々しい。

面目躍如。

精一杯。くいのない人生を目指します。