愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

ゴールデンウィーク5月1日の朝10時に引き取り依頼の電話がありました

 

名古屋市中村区で工場の屋根天井に置いてあるルーフファンの取り替え工事をやっている板金工事会社から電話連絡がありました。

もうすでに半分ぐらいルーフファンを取り外して入れ替えをし、残り半分も午前中ぐらいに終わるため、午後からでもいいから引き取りをお願いしたいとのことでした。

 

5月1日でゴールデンウィークに入っています。

急な引き取りを依頼してくることは珍しかったので、びっくりしまた。

 

とりあえず、できるかどうかの確認をしたいので、

熱田区から中村区の工場へ下見に伺いました。

 

すでに6から8個ぐらいのルーフファンが取り外してありました。

レッカー作業が始まっており、半分ぐらいを降ろし、半分ぐらいの取り付けが終わったとのことでした。

10時の休憩後には、また入れ替え作業を行うそうです。

ただ、このルーフファン、

ブリキで作ってあるものと、アルミで作ってあるものなど、

いろんな材質のものがあります。

 

さらにルーフファンの中に傘があるんですが、

それがアルミのものもあればFRPで作ってあるものもあります。

 

また、真ん中に3馬力から5馬力ぐらいのモーターが1個入っています。

 

このモーターとFRPの傘を取れば、ギロ材としていけますが、

このままだと「雑品」になるか「解体屑」になるかというところです。

 

「解体屑」になると価値が大幅に下がってしまうので、

検収が難しいところです。

 

数が10から15個ぐらいあるとのことなので、

「ギロ材の薄物」として買い取りをさせていただきました。

重量計量した結果は、検収 「ギロ材の薄物」 750kg

202151日現在

750kg×33円=24750円

消費税10%   2475

計       27225円(税込み)のお支払いとなります。

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

2階倉庫の金属製品・部品と予備の大型5tクレーンホイストの回収作業を行いました。

2階の倉庫に山下商店の鉄箱にキャスターが付いたものをクレーンで上げ、

ハンドリフト2台を1階から2階に上げて回収作業を行いました。

ジブクレーンがついているので、それを使い1階に荷物を降ろして回収作業を行います。

回収作業をして、すっきりと不要な金属を片付けたので、

広々としたスペースが出来上がりました。

2階にある金属くずを下見して、

ジブクレーンの確認作業を行いました。

ジブクレーンの動作確認と2階から1階におろすピットの穴の確認作業を行い、打ち合わせをしました。

当日ハンドリフト2台と山下商店の900×1100、高さ600の鉄箱をあげて回収作業を行いました。

 

清掃も行って広々としたスペースが確保できました。

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、 ステンレス、 アルミ 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、リンセイ銅、 回収、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

 

この304ステンレス製蒸し機は、鉄製のアングル脚があり、脚はアンカーで、止めてあります。

脚はアンカーで下に止めてあります。

304ステンレス製蒸し機、解体撤去、引き取り、回収、買取

作業手順は、

まずこのアンカーを外します。

次に天井のH鋼にワイヤーを回してチェーンブロックをつけ、これで蒸し機を一旦上に持ち上げます。

脚を切断したら、窯を横にして、ハンドリフトなどでこの窯を移動しようと思います。

その時に周りの配管などが邪魔になります。

切断して、これら配管を取り除かなくてはいけないと思います。

 

 

空気清浄機のいろいろな部品がこの会社には置いてありました

空気清浄機とは、

空気中に浮遊するチリ、ホコリや花粉、ハウスダストなどを除去するための機器です。

 

エアクリーナーとも言われています。

一般的に空気清浄機は、ファン式とイオン式に分かれています。

 

今、空気清浄機の主流は、ファン式です。

イオン式は、通信販売やインターネットなど限られたところでしか売っていません。

ファン式は、扇風機やエアコンと同じように、

ファンで強制的に空気を吸い込み、

フィルターでろ過し、

綺麗になった空気を吹き出す方式です。

 

昔は、業務用として、風量の豊富なものが多く出ていました。

最近は、空気清浄機兼用のエアコンになっている場合が多いです。

分煙室や事務所など、禁煙の場所がどんどん増えてきたので、空気清浄機を置く場所がどんどんと少なくなってきたように思います。

 

空気清浄機を単体で使うのは、

クリーンルームなど特殊な場合に限られてきていると言われています。

空気清浄機の部品は、白金などが触媒で使われていることが多いです。

白金はとても高価なので、数キロでも意外と大きな金額になります。

取り合えづは、見積りということなので、見積書を書くことにしました。