愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

愛知県名古屋市緑区桶狭間のバネおよびネジ製造会社の金属屑および産廃の回収作業をしました

 

当日は、トラック2台とフォークリフトを持参して回収作業にあたりました。

まずは外にある機械を回収して、

その周りのビニールや敷鉄板などの回収を行いました。

 

次に倉庫内の荷物をどんどんと出していきました。

 

床に置いてあるゴミなどの細かい産廃類は、用意しておいたフレコン袋の中に入れ、

大きな産廃類はどんどんとトラックに積み込んでいきました。

 

そうすると少しずつ片付いていったので、

これぐらいのレベルなら返却も容易になるのなと思いました。

 

おおかた片付け、掃除も行い、ゴミなどが落ちてないように確認をして、現場作業を終えました。

先方のネジおよびバネ製造会社社長の携帯に連絡をして、

作業終了を伝え、現地の確認をしていただき、オッケーをもらいました。

これで作業完了となりました。

 

合計で、金属くずが大型増トン車で2/3ぐらい、産廃類が4トン車に1車ぐらいになりました。

 

やはりこういった広い場所を少しずつ作業すると、

朝から始めて3時ぐらいまでかかりました。

 

4人の人員で手分けして作業を終えることができました。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

名古屋市緑区にあるネジおよびバネ製造会社の倉庫を返却するための機械類と倉庫内にある金属屑、産廃類の引き取り。

緑区桶狭間にあるネジ製造とバネ製造会社に伺いました。

倉庫内は、やはりかなり在庫を整理されており、

あとは不要なものが残ってるだけの状態にはなっていました。

広い場所に点々と荷物が置いてあるのですが、

やはり一箇所に集めるとなると4t車で二車プラスアルファの荷物が出るかと思います。

今回は金属屑と産廃なので、金属屑を積むトラックと産廃を積むトラック、および当日はフォークリフトがないということなので、フォークリフトを積むトラックが必要という予定で、お見積もりを作成しました。

金属屑と産廃類の売り上げを計算すると、

若干マイナスが出る旨をお伝えして、

お見積りを出して、

先方の連絡をお待ちしました。

 

 

愛知県名古屋市瑞穂区の旋盤加工業の工場の整理に来ています。

旋盤加工業の経営者が亡くなられて

10年以上がたち

急に土地の売却の話が、とっぜん出ています。

不動産屋に工場内の機械設備、鉄屑などを片付いてもらわないと。

どうすべきか?

金属くず、鉄スクラップの処分先を探していたとのこと

迅速、丁寧に作業を進めています。

 

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

おまけで、こんなものも回収依頼があります。

それは、物干し竿とその付属のコンクリートの土台も回収しました。

このように、

金属くずとコンクリートが一緒にくっついた物

(産廃と金属が混合した物)になると、

費用は若干費用が、かかることもありますが、

産業廃棄物の回収作業も行っています。

『金属の回収』と言っても、産業廃棄物に該当するものもあり、様々です。

一口に鉄屑、金属屑と言ってもその範囲はいろいろ広くあります。

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

名古屋市熱田区にあるF製作所の社長Fさんに頼まれて改修作業をしてきました。

作業が終わるころになると、Fさんが初めて笑顔を見せてくれたことが

とても嬉しかったです。

この作業は、一週間ぐらい続けていたんですが、

昼休みに、よく近くの中華料理店で食事をしながら、

お話を聞きました。

この建物を売ることを決意して、

売るまでに2年かかったそうです。

 

その2年間、事業を続けてきた負債のことや、

この建物が売れない場合に借金返済や精算ができるかどうかなど、夜も眠れずに悩んだこともあったそうです。

やっと最近になって買い手が現れ、

工場の清掃作業や家全体、ビル全体の片付けもかなり実行されてきました。

ゴールが見え始めて、

最初は暗かったFさんに、少しずつ笑顔が戻ってきた気がします。

綺麗になった工場を見て

思わず二人で「よかった、よかった」と

肩を叩きあって喜び、

笑顔でピースサインをしました。

工場を長らくやった負債の清算、

これからの生活などの見通しが立ち、

ちょっと気が楽になったようです。

これからは、自分自身の事だけを考えて生活していけばいいんだという安堵感もあり、夜もぐっすり眠れるようになったと言っていました。

今後の生活がちょっと明るく前向きに動いていくような気がします。

これからも頑張ってください、Fさん。

よろしくお願いします。

ありがとうございました。

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

フォークリフトで、キャスターを付けた鉄箱を使用して、

工場奥の細かい鉄材料や細い金属屑の搬出作業を進めています。

初期の段階で不要になった材料、

NC旋盤の周りにあるプラ箱に入った製品屑や端材など、

不良品や売れ残りなどの鉄屑、金属屑が、

プラコン(プラスチックのケース)に入っています。

これらを搬出するために、

一個一個箱からあけて

鉄箱へ空けてそれらの搬出作業を行いました。

これで機械周りおよび材料棚の周りが

すっきりとしてきました。

足の踏み場もなかった所に

少しずつ隙間を増やして、

NC旋盤、ボール盤などの機械の搬出作業をしやすくすることができました。

客先で使用していた鉄箱ですが、不要になってしまい、時々工場の細かい鉄屑を回収する時に使っています。

地道な鉄屑回収作業を続けて、少しずつやっていくうちに、

どんどん工場の床が見えてきて、

ちょっと嬉しい気持ちにもなります。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

工場には、機械以外にもの事務机、キャビネット、ロッカー、棚等のスチール製品品が多く使われています。

その他に空き缶など、廃油を抜き取った一斗缶、ペール缶などが金属屑があります。

工場内に1ヶ所に集めてみると

 

こんな感じになります。

これらを回収し、金属屑が無くなってくると、

広いスペースが確保されていきます。

ここまでくると仕事の充足感もかなり充ちてきます。

ゴールもだいぶ近づいてきているので、

肩の荷が降りて楽になります。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

工場の入り口付近の片づけ作業

 

シャッター付近の片付けを行いました。

シャッター付近の片付けをしないと、

シャッター自体が開けられなくなってしまっていました。

まずは入口シャッターの外側を綺麗に片付けていきました。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

名古屋市中川区の切削工場社長の頼み事。NC旋盤(野村MN-20KF)の搬出作業

NC旋盤(野村MN-20KF)の搬出作業

入口付近を片付いたので、

NC旋盤周りもきれいに片付き、NC旋盤を油圧ジャッキで約10㎝持ち上げて、

スピードローラーを四隅に入れて、

ピン留めをしました。

同時に本体機械部分とそれに付属している材料受け入れ口の分離を行い、

本体の搬出作業を開始しました。

搬出ルートが確保されているので、

意外と1時間もかからずに入口付近まで機械を運ぶことができました。

入口付近まで出した機械の下に2メートルほどの鉄板を敷きました。

ステージを作り、

NC旋盤を入口から2メートル弱まで出して

クレーン作業ができるようにします。

鉄板を引き、機械のセンター部分の継ぎしろが出たところで、吊り上げて、機械の搬出を行いました。

機械を出すと、

奥まで見渡せるぐらい綺麗になっていました。

 

 

実際に作業を開始するまで、

どれぐらいかかるのか不安でしたが、

取りかかると意外とスムーズに行きました。

最初にFさんの必要な物・不要な物を分別し、

作業ができる段階までの片付けを依頼していました。

その時間がちょっと余分にかかりましたが、

とりあえずちゃんと作業に手を付けられる段階まできたので、良かったなと思っています。

今度は入口を入って左奥事務所の手前にある

NC旋盤の搬出作業にあたりました。

機械の中には、いろんなものが放り込んでありました。

これらを全部出して、

不要な空き缶類や機械の部品などの片付けをしました。

 

 

次に機械の周りの要らない物を全部外に出して、

要る物・要らない物を確認しながら、

廃棄物と金属部分の有価物の分別作業をしました。

こうしてやっとNC旋盤の油抜きの作業に取り掛かることができました。

それが終わったので、

機械本体と材料の搬入の部分との分離作業を行います。

NC旋盤は、本体部分とバー材を入れるバーフィーダーという部分があります。

このバーフィーダーと本体の分離作業ができたら、

油圧ジャッキで本体を10㎝弱持ち上げ、

スピードローラーでピン留めをして、

本体をゆっくり3人ぐらいで手で押して、

入口付近まで出していきました。

フォークリフトまたは小型移動式クレーンで

機械本体を吊り上げて搬出しました。

それからバーフィーダーを台車に乗せて入口付近まで搬出しました。

残った付属部品などの搬出作業を行い、

事務所の手前までは綺麗になっていきました。

これで作業は終了です。