愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

名古屋市中村区にある菓子の卸売り会社からコンプレッサー、梱包機、空気圧縮装置など計4台の機械屑の回収をしました

去年の令和2年11月から急激に鉄屑の値が上がり始めました。

そのため、こういった機械屑も数百キロ、1トン になると、結構な金額になるようになりました。

だから、数百キロの鉄屑を出すと、買い取り1万とか2万とかの金額を払えるようになってきたのです。お客様から「これだけ、四台分の機械くずを出して、実際に支払額はどれぐらいあるのかな」ということを度々聞かれるようになりました。



当然、山下商店のホームページには、鉄屑・アルミ・銅・真鍮などの時価の買い取り金額を価格表として載せています。

お客様はそれを参考にして、いくらぐらいなのか聞いてくることが多いようです。

この鉄屑が実際にいくらになるかというのは、

重量と鉄屑の検収によって変わる場合があります。

ここの現場の場合は、

重量計量した結果は、検収 ギロ材 650kg

2021625日現在

650kg×37.5円=24375

消費税10%  2437

計       26812円(税込み)のお支払いとなります。

 

乾燥機とコンプレッサーの回収



 

名古屋市守山区にある空気清浄機を取り扱う会社の退去に伴い、コンプレッサーと乾燥機の回収依頼を受けました。

伺ってみると、畳一枚ほどの大きさと畳半分ぐらいの大きさのコンプレッサーが、1台ずつ置いてありました。

山梨県にいる担当者に電話をして、乾燥機とコンプレッサー回収の確認をしました。

他にも打ち合わせしたい案件がありますが、

まずは乾燥機とコンプレッサーの確認をして、

回収が可能であるということを電話で告げました。






愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




コンプレッサーが壊れてしまったので回収に来て欲しい というご依頼がありました。







普段はスクラップ品のみの回収で伺っている工場だったので、今回コンプレッサーも同時に回収させていただきました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




熱田区千年にある「チトセ研削」という会社があります。




 そのチトセ研削から【壊れたコンプレッサーがあるので一度下見に来て欲しい】という依頼があった為見に行きました。







行ってみると、5馬力の密閉型コンプレッサーが置いてあり、見てみると大きな音をたててチョット調子悪くなっているようでした。








愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




中二階にあるコンプレッサーのエアータンクとコンプレッサー本体の引取り依頼を受けました。







 エレベーターまでコンプレッサーとエアータンクの移動の為そのルート確認と解体の方法、【手ばらしで解体が出来るのかどうか】など確認します。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




小さな三馬力ぐらいのレシプロコンプレッサーがあったのですがこれは鉄板の上を掃除する際などに使用していた機械で処分対象という事なので回収させていただきました。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




コンプレッサーがもう1万時間を超え調子が悪いので買い替えたいから古いものを回収してほしいとの依頼があり古いコンプレッサーとエアタンクの回収に伺いました。




 コンプレッサーは1万時間を超えると弁の調子が悪くなり音も大きくなるので使いづらくなるようです。消耗品という事なので時々お声がかかり回収に伺います。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




港区にある製缶板金工場から不要な機械の回収依頼があり伺いました。




穴あけポンチ機はやはり重い。




その他には 型などもあるのですが 壊れたコンプレッサーや暖房器具そして高圧洗浄機のようなものも一緒に回収させていただきました。




穴あけポンチ機も今はポータブルタイプの物が色々あり最近では小さい機械が主流となっていることが多く、大きな機械は外に出してありいわゆる遊休設備という事で長いこと置かれていました。




 【今後も使う事もないし会社の視察の際に遊休設備が置いてあるのも良くないしその前に回収していただけないか】とお客様からの打診があり回収させていただきました。