その時には現場の下見をして、エレベーターや搬出口の寸法などを計測しそれに合う道具の準備が必要となります。

交通量の多さも確認しなくてはなりません。

搬出予定当日は土曜日を検討している為、依頼されている店舗の横にある歯科医院あとは運送会社の配送センターなどがあったりするので、多店舗に迷惑が掛からないように段取りを組むことも必要です。

 多店舗の人の出入りの増減、近くの道路の交通量とトラックの交通量などを色々聞き取り調査もし当日の作業に必要な情報調査と実際目で見た現場確認をすることが大切です。

 

 

しかしスクラップにしてしまうと勿体ないなぁと思ってしまうのですがどうしてもこればっかりはどうにもならない。

ヤキモキした気持ちになりそうになるのをグッとこらえ下見を終えました。

 

この定盤さえ撤去すれば中にリフトも入りそうなので片付けられるのではないかなと思いました。

【しかしこの定盤を捨てるのは勿体無いですね。どこかに売ったり譲渡できる先が見つかるといいですよね】と声を掛け、この販売先の事が気になりました。

 実際この定盤はまだ使用可能で、廃棄するには勿体なく使用できるのであれば必要な人が使ってくれるといいなと思ったからです。

 今はこの定盤でケガキをしてモノづくりをするという作業工程はあまりない為、使えるものは使って欲しいと切に思いました。

 

この機械を使いたいと言って大きな500π600πと言った約1m近くあるような丸パイプを溶接した治具を切断したいという時に使用したりできるとても魅力的な機械でもあるのです。

 その為この機械を持っている という事だけで【こういった作業は出来るか?】と言ったような仕事の問い合わせもあるそうです。

 他には、普通の長尺の旋盤、NC旋盤マシニングセンター、ラジアルボール盤などお客様の注文が指名で入るようなので、滅多に使わなくても使用できる機械を持っているという事は工場にとっての強みでもあるんだなぁと思いました。

 

ただこれだけの威力のある旋盤なので切粉も分厚く鋭いものになってしまいます。

上手くたとえることは難しいのですが、例えて言うならば切れない手裏剣の分厚いものが四方に飛び散るというような恐ろしい状況になります。

 その為この機械の置き場所もかなりのスペースが必要となり、材料ももちろん大きなものとなるのですごくスペースが必要です。

この機械自体とてもレアで、工場にこの照明版の付いたタレット機械を置いていることがまず珍しい。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、切粉、ダライ粉、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

布プロッターの作業台撤去の件ですが、おおよその長さが10m位ありました。

大体の大きさは長さ10mで巾2m位と言ったところでしょうか、2m×2mの台をつなぎ合わせて作られているようなとても大きなものです。

 まずはその10m程の大きな台をそれぞれネジを取り外し分離する作業を行います。

その後は分離した上の板の取り外し作業を行います。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

古いオーディオ機器があるので、

回収、引き取りを依頼されました。オーディオ機器の回収依頼を受けた方の現場へ下見をしに行きました。

依頼主の息子さんに案内され、2階、3階と登っていき、3階のフロアへ足を踏み入れるとそこはとても広く所せましと高級オーディオが置かれていて思わず【凄いなぁ・・・】と声に出てしまいました。

 家族に邪魔をされず一人で作業をこなす、音へのこだわりをとても感じ【音のプロ】とはここまで極めて作業するものなんだなぁと思いました。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

愛知県名古屋市瑞穂区の住宅街に向かうと依頼者の家がありました。

あいさつをして、

今回の依頼主から案内されて3階のオーディオ機器のある部屋へと足を運びました。

 すると、30畳ぐらいある、驚く程の広さと高級オーディオが所せましと置いてあったので更に驚きを隠せませんでした。

 

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

伺った30畳の部屋には色んなオーディオ機器があり、オープンリールやミキサーレコード盤など色んな機器がありました。

持ち主は、昔放送局に勤めていたいとか。

趣味と仕事も音響一筋だったんですね。

 以前はそれらの機械を使って音楽を編集したりしていたそうです。

愛知県 名古屋市 鉄スクラップ、機械回収、 ステンレス、屑、 アルミ、くず 、アルミニウム、 銅 、真鍮、 砲金 、引き取り、 買取り 山下商店、 山下良太郎です。

名古屋市内の準工業地帯でよく見かける2階建ての高さのある工場があるのですが、今回お邪魔したこの工場は入った途端に、なぜか天井の高さが低い。外観で見た工場とは違い天井がとても低く感じたので、あれれ?【工場の天井が低く感じるのですが気のせいでしょうか?】ときいてみました。

何と!床からワイヤーを縦横無数の格子のワイヤー線を張り詰めて、その上にビニールハウス用のビニールシートを張ったそうです。 

工場すべてにこうしてワイヤーを貼りビニールで仕切るというのはとても大変な作業かと思うのですが、こういう風に冷却したい工場の容積を抑える事によって、エアコンの利きが全く違い。抜群によくなったそうです。

 なんといっても空調費である電気代の削減につながった、そしてエアコンの効きも依然と比べて良くなったという事でした。

今年はとても酷暑の為、いくら水分補給やナトリウムを補給しても熱さで参ってしまい作業効率も落ちかねません。

夕方の16時ごとには、暑さでバテバテになってしまいます。 

しかし少しでも作業効率アップの為に、職場環境を改善するという事は働くスタッフにとってもとても大切でコスパを考えるととてもいいことだなと思いました

 

天井に貼ったビニールシート(温室ハウス用)

 

工場の空調設備に関しては前々から、暑さ寒さ対策も作業する社員さん達が考えて試行錯誤されている企業が多い中、こんな目から鱗な方法があるのだなぁと思い、依頼主さんに許可を得て写真を撮らせてもらいました。

 考え方ひとつで、仕事の作業効率アップとコスト削減両方が叶う方法があるという事で山下商店でももっと色々な所をうまく考え生かせるといいなと思いました。