愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。







キュービクル置き場を決めたのでその周辺を全て片付けなきゃいけないと言っていたので、設置予定場所の不要物をチェックしてきました。




不要になったキュービクル





 こうした設備の更新を毎年行い次年度への準備をする服部鉄工所の服部社長は偉いなと感心しました。




服部鉄工所 服部社長





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




真ん中の丸い部分厚めの鉄板になっていてその厚さは40mm程あるそうです。







そうすると大体質量から計算すると5~6tはある計算になります。




プラントに置いてある鉄板




丁度その日は22tと45tのレッカーが1台ずつあってその45tのレッカーを使用してこの鉄を降ろしたそうです。







瀬戸市建材販売業のプラント現場


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




お客様からの問い合わせで【日鉄ステンレス NSSC220 ECO】のスクラップの見積りが欲しいという事で見積りの下見に行きました。







NSSCと書いてあり、これは【日鉄ステンレス】だろうと思われます。




住友重筋マークもあります




タグを見ると昔の住友のマークや日鉄のマークがついていたりしました。




山下商店トラック




しかし磁石がくっつく為これらは一般的に【13クローム】と言われるものだろうという事で「SUS430」であろうという判断をし【SUS430】のその時の相場価格にてお見積りを算出し提出させていただきました。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




4階の屋上まで上がり厨房機器の状態を見ているとしたから依頼主の方が【おーい、どうだ?】と聞いてきたので【かなりありますね。でも下ももっとありますね】とお答えしました。







これだけの厨房機器を並べられているとビックリするのですが、厨房機器とは言え実際には『売れるもの』と『売れないもの』がある為こうして『売れない厨房機器』だけが貯まっていってしまいこの状況になってしまったという事だそうです。





愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




山下商店のお客様の中に自動車のアルミ製の部品を作っている取引先があります。




ここは、鉄とアルミをNCで切削する会社なのですが、雨に濡れる品質が下がるのと金属に色がついたりする場合があるので雨にかからないように倉庫を建ててそこへ自動車部品を保管するという事になりました。







 場所柄的に、人けが少ないので防犯的な意味で倉庫を建てたという事でした。







工場の一部の壁を取っ払ってそのまま工場の中からも移動できるという事でこれから便利になっていくと思います。







社長さんも色々と工夫を重ねて仕事をしているようです。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




今回伺った現場は 旋盤の回収作業を依頼されおり、旋盤置いてある二階までスロープで登っていかなければいけません。




スロープで旋盤とフライスと言う機械を出さなくてはいけません。




スロープを上がる時はフォークリフトで進むのですが、そのスロープの途中には下水桝や排水桝がある為フォークリフトでそのまま通過すると 下水桝や排水桝は鋳物製の事が多い為破損することが多々あります。




その為フォークリフトで通る場所の桝を確認しその上に鉄板を敷いて破損を防ぐための下準備をすることになるのでその為の確認をしてきました。




機械の搬出はするのですが、それをフォークリフトで運搬し1階に降ろし積み込み場所までリフトで移動しトラックへ積み込みをすると言う準備の詳細が見えてきました。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下です。




このスポーツセンターの二階からスポーツ器具をばらさず出すにはどうしたらよいかと、搬出経路の下見がてら打ち合わせをしに来ています。 




機械をジャッキやローラーなどで出すのは簡単なのですが、階段を降ろすにはどうすればいいのか、クレーンが使えるかどうか バラして出す場合はどうしたらいいのかを施主さんと打ち合わせたりすることもあります。




一発勝負で出すという時には無理のない搬出計画を綿密に練りそれを施主さんにご提案しご納得いただいた上での搬出作業移行→お支払い となります。




 単にお話してるだけ と思いきやこうい入念な打ち合わせや下見もとても重要なお仕事なのです。




こういった準備をしっかりかけるほどクオリティの高い作業となります。




愛知県、名古屋市 鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下良太郎です。

とある日の事です。

機械設備製造の社長から電話があり、「機械の処分に困っている人がいるから、連絡してくれ。番号言うから、メモしといて。じゃぁよろしく。」とおっしゃって通話が終了しました。

職人社長の短い電話を聞き取るには意識を集中しないと怒られるので注意してメモした連絡先の携帯電話に連絡したら、機械の音がうるさくて中々聞き取りにくくやっとの思いで聞き取ることができた内容がこちら。

「とにかく見てくれ、話はそれからするから。」と言われその工場に打ち合わせに行きました。

行った先は大きな工場で、その片隅にその機械は、有りました。

見せられたものは、大きなプレス機でした。

今の機械はこんな作り方はしないのですが、とても大きなホイールローダーが真ん中でグウァングァンと回っていました。

古いけどパワーは十分。

作りが丁寧でしっかりとした機械でした。

電話の際の騒音の原因はこれだったのか、と思わず納得しました。

「現役で動いているけれど、もうそろそろ設備の更新時期だから、これをどうしようかと思っている」

30分ほどで解決策が見えてきたので、その内容を説明すると工場長は大喜びでした。

『今日、車何乗ってきたの?』と聞かれたので、『じゃぁ手ぶらで返すのも何なので…。』ということで・・・。

笑点の大喜利じゃないですが、「座布団3枚!」ではなく。。。

プレスの当てに使う「ステンレスの板40枚を持ってけ!」と半ば強引にいきなりリフトに積み始め、大丈夫かなと心配になったので横から見るとハイエースがフロントアップしてました。(笑)

店に返って計量すると、260kgもありました。



見積り訪問先にて 山下商店名古屋