愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




プレーナート言う機械が壊れてしまって機械が全く動かなくなり急遽片付ける事になってしまいました。







 プレーナーの機械はとても大きい物なのですが、一旦こうした機械の部品が無くなったり基盤が壊れてしまうと、電気配線を全てやり直す事もありとても大がかりでお金もかかります。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




その時クレーンを借りてくるのですが、クレーンやレッカー会社へ連絡をし車の手配そして山下商店で出動するトラックのスケジュール管理などを行います。







 こうした作業の際でも臨機応変に色々な協力会社の力を借りてスムーズに作業を終える事を意識し日々回収作業に取り組んでいます。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




その際は2t前後の機械を持ち上げるのですが、今回の様に4t~5t程ある機械の場合があります。







そうした山下商店のトラックでの積み込みは厳しい為、玉掛け作業をした後クレーンを使用して山下商店のトラックに積み込みをします。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




山下商店では、工場機械などの搬出作業を行う事が良くあります。







そうした時には2.9tのクレーンが付いたトラックで向かいます。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




床が水や油でぬれたりすると気に人力作業で移動するのはとても危険が伴い下手をするとスタッフもケガをしかねません。







そうした状況を回避すべく 油や水でぬれた床は大変危ない為こうしたウインチを使用して安全かつ少しでも負担のかからない搬出を心掛けるのは大切だと思います。








愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




 大きな機械を搬出する際は人力で作業する事があります。







しかしさすがに重量など人力では厳しい状況に陥った際は、この横曳きのウインチを使用する事があります。  







使用する電力は100Vや200Vなど様々な電力を使用するものも有るわけですが、さすがにパワーがあり人力では敵いません。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




お客さんの所の現場で【スクラップを回収して欲しい】と伺うと、山下商店の作業によくつかうバタ角やH鋼といったものを見かけることがあります。







 




お客様から【不要なので回収して欲しい】という依頼を受けて伺ってはいるのですが、そうした端材を見つけた時に【すみません。こちらの角材やH鋼もし使用しないのであればいただいてもよろしいでしょうか】とお声をかけてしまう事があります。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




回収作業に伺った際、レッカー作業などに関しても山下商店は自社で行います。







玉掛けなどを施し、機械をトラックに積み込んだりもしています。 作業を行ってみると、とても繊細な作業なので機械が回ったりしない様に、フォークリフトを手でバランスを取って振られない様にしてみたりして慎重に作業を行っています。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




いくらしっかり打合せをしていても、実際現場の状況で多少の変更はあるかもしれません。







 今回は、プレス機の回収作業だったので、鉄板を使用してステージを作りそこへクレーンでプレス機を吊り上げて搬出するなどして色々試行錯誤の上での作業でした。







お客様の所で作業をしている中で少しでも不安を与えず、安心して作業をお任せいただけるよう取り組んでいます。





愛知県、名古屋市鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




山下商店の回収事例にもありますが、色んな金属スクラップを回収しています。







実際には鉄切粉だけにとどまらず、大型の機械などの回収も行っています。







 そうした時に色んな道具が必要なのですが、そうした必要な道具の打合せや作業工程の話をなるべく社内で行うようにしています。