鉄スクラップの価格が上昇しています。

この主な原因は、韓国、中国の引き合いが強iいのが、主な理由です。

韓国では、東部製鉄の新電炉の稼動、製鋼メーカーポスコの高炉の改修が終わり、

再火入れがおわり、来年にも現代製鉄の新高炉の火入れが予定されています。、

今後の鉄鋼生産は、正に増産一途です。また、中国にしても、経済政策の恩恵もあります。

両国ともに増産基調です。経済成長も、個人消費に翳りも見られるものの、8%弱とまだまだ高水準にあります。

ところが、韓国にしても、中国にしても国内のスクラップ発生が少なくて、

外国からの輸入に頼らざるを得ません。主力は、米屑となりますが、船便での対応なので、

距離的にも入港までには、時間的にも日数が必要です。

そこで、出港すれば 3 日程で手に入る日本屑に注目が集まっています。

古い話で言えば、鉱物資源の乏しい日本において、鉄スクラップが輸入されていた時代は遠い昔のこととなってきています。

現在、日本国内の「市中スクラップ」は現在、3000万トン以上もの量が回収されていますが、これが国内で消費しきれずに鉄スクラップの余剰が発生し、その結果、価格の大幅な下落を招きました。

こうしたことから当組合では、余剰となった鉄スクラップ需給調整を目的に、旺盛な鉄鋼需要のあるアジア市場へと業界として販路開拓に乗り出したのです。

2012年現在で、日本国内からは860万トンもの鉄スクラップが日本から海外に輸出されており、今後も輸出量は高水準で推移することが見込まれています。

仕向地別数量では韓国向が引続き第一位で約393万トンであった(輸出全体に占める割合は51.3%)。

二番目の仕向地はベトナムで前年比41.0%増の約221万トン、

三番目の仕向地は台湾で前年比46.3% 増の約 65 万トンであった

トラック 山下商店



 

 

 

 

 

 

リフマグでの積み込み



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

照明器具は、トランス、抵抗器、配線類を外して鉄の部分のみにしていただければ、鉄屑として、引き取り可能です。

鉄のみの照明器具の鉄部分

今日は、名古屋市中村区の事務用品の事務什器類の回収です。

新端の事務所を廃止して、名古屋駅の事務所にいれるから、

不要な事務什器の回収を依頼を受けました。



綺麗な事務所なので、ブルーシト、養生テープ、クッションシートなどを使い

養生作業も念入りにしました。







あとは、掃除をして

担当者に確認してもらいます。

 



山下商店 スタッフ一同



カーゴテナーの回収に来ています。

写真(上)のカーゴテナーですが約200台あります。

そもそも、カーゴテナーとは、外周の3面が柵で囲まれ1面が開口になっているキャスター付きの台車のことですが、コンビニやスーパーなどでよく見かけます。

荷物を積み込んだ状態など、使用中のカーゴテナーは四角い形をしていますが、使わない時には折りたたんでL字の形に収納できます。

折りたたんでL字型にしたカーゴテナー同士を次々と200台ほど重ねると、写真(上)ぐらいの量になるわけです。

トラック 山下商店


愛知県、名古屋市、鉄屑、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、スクラップ、回収、買取りの山下商店 山下勝弘(良太郎)です。




急に鉄屑の価格が下がり、下級品種のブリキや家庭用品の持ち込みや 引き取りの依頼が増えてきています。







まだ、上級品種の物は、まだ引き取り先が何とか回収してもらえるようです。




鉄の急な値下がりで売り先も難航しているようです。







同業者も廃プラスチック材類の売り先が見つからないと嘆いていました。




中国の輸入規制により産業廃棄物の受け入れ先も減っています。




細かな仕分けをするとなると当然その人件費やコストがかかる為どうしても買取時の値段も下がります。







なんとか需要と供給のバランスを整えて適正価格の安定化を図ってもらいたいところです。

愛知県名古屋市 鉄スクラップ回収 山下商店 山下良太郎です。

お盆休みのお知らせ



8月11日から15日までお休みします。

どうぞよろしくお願いいたします。


A.色んな金属が混ざっているものを回収する場合は、【おおよそとしてステンレス何割 アルミ何割 鉄スクラップが何割 と大雑把なのですがそんな感覚でだいたいこれくらいの金額になるようです】と、まずはお伝えしています。 




そしてあとは回収後会社に持ち帰り計量をしその出来高で、人件費・運搬費等を加減してお支払いをしています。




年末の繁忙期には、そういったたたき台をつくり後は微調整で一括検収・検量が終わった後【これだけの調整金になりました】ということでお支払いをすることがあります。




初回取引の場合【適正な金額で払ってもらえるのかどうか】という事は、とても重要視される部分だと思います。




持ち込まれるお客様への信用問題にもかかわる大事な事なのでスピーディーなお支払いを心がけています。





A.引き取って欲しい鉄がサビているのですがと言うご質問がよくありますがサビていても大丈夫です。 塗料が入っているものは中身を処分し、空の状態でしかお引取りできません。 





A.サビたものでも鉄であればお引取り可能です。








A.鉄くずのみをお持込みいただけましたら処分可能です。  




(※参照画像  お持込みいただいたパイプベッドのフレームです)